塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキバイキング@伊勢佐木 不二家レストラン

さて、引き続き「不二家レストラン」さんネタ・・・
こちら「不二家レストラン」さんでは「フレッシュケーキ食べ放題」なんて10種類程度用意されているカットケーキを60分間好きなだけ食べられるサービスメニューが用意されている。
こちらはケーキバイキングにドリンク付きで60分1180円(別に食事をする場合は880円)」となっている。
ドリンクは伊勢佐木店の場合はドリンクバーが無いのでお替りは出来ないのだけれども、ホットコーヒーは店員さんに伝えればお変わりが無料で可能となっているようだ。
このサービスは店舗に寄って実施している店舗としていない店舗が有るのでサイトにてご確認ください。
と言う事で、折角こちらで食事をするのであれば、やはりこのケーキバイキングも頂いてみたい訳で、注文時に「ケーキバイキング 880円」もお願いして有った。

食事が終わると、店員さんがケーキバイキング用のプレートとドリンクを持ってきてくれて利用法を説明してくれたのだけれども、こちらでは卓番号と時間の書かれたカードを持ってケーキのショーケースのところに持って行き、店員さんにプレートとカードを渡してケースの中に入っているケーキからバイキングの対象となっているケーキを選んで、それをプレートに乗せてもらうシステム。
一度に選べるのは2つまでとの事。
不二家レストランさんでは、一時閉鎖前にも同じようにケーキバイキングをっ実施されていた事が有り、その頃に日ノ出町駅前に在る「不二家レストラン 日ノ出町店」さんの方で何度か頂いた事が有るのだけれども、あの時はショーケースの中から自分で勝手に選んで持って行くシステムでしたねぇ。

それは兎も角、折角なので食べる気満々でショーケースへ・・・
まずは
甘味1
甘味2
不二家レストランさんと言えば、やはりこれ「イタリアンショートケーキ」
実のところ、ぼくはイチゴが苦手なんですけれどもね・・・
まぁそうであっても、このお店に来てこれは外す訳には行きますまい・・・

甘味3
甘味4
「北海道なめらかチーズケーキ」
レアチーズケーキ大好物ですハイ
チーズは濃厚、生地はサクサクで良い感じ。

甘味5
右はマロンモンブラン
左は何だっけ・・・商品名とかっちゃんとサイトに出て無いのね・・・チーズクリームのケーキだったと思うけど・・・

甘味6
甘味7
苺ミルクの生チョコケーキ
ぼくはフレッシュストロベリーは苦手ですが、苺ジャムやストロベリークリームとなれば大好物だったりします。
まぁ果物全般フレッシュフルーツだと苦手で、加工品なら好物ってパターンが多いのですが・・・

甘味8
甘味9
「ミルキークリームプリン」
これ、かなりヒットでした。
ミルキーキャラメルのお好きな方なら美味しく頂けるかと。
まさにあのミルキーの味のするクリームがてんこ盛りです。
ただ、クリームがこゆいので、下のプリンの存在感皆無です。
もはや、プリン要らないんじゃない?てくらいに・・・
上のクリームの甘みと風味にすっかりプリンの味は飛ばされてしまっているので、感じるのは食感だけ・・・
この部分は改良の余地が有りそうですが・・・まぁメインはクリームですからね・・・・

甘味10
「ベイクドチーズケーキ」
これはスタンダードなチーズケーキですねぇ。
これも普通に美味しかったです。

いやぁ・・・なんか10個くらい食べようとか思ったのだけれども、これが限界でした。
やはりこの歳になったら、ケーキばかりをバカバカ食べれる物じゃございませんね・・・
とは言え7個も食べれば十分過ぎるでしょうが。
やはり本業は生菓子販売ですから、何と言ってもクリームが美味しいのが良いですよね。
それも今の有名パティシエが~とか言う様な面倒くさい感じじゃなくて、どストレートに懐かしさと美味しさが合わさった様なお味で、ぼくはこう言うケーキの方が好きですねぇ。
まぁこれだけ頂いてしまうと、しばらくはもうケーキは勘弁して下さいって感じですが・・・
大変美味しいケーキで有りました。

店名 不二家レストラン 横浜センター店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
電話 045-251-2105
営業 Shop10:00~22:00
   レストラン11:00~22:00
定休 無休
不二家レストラン 横浜センター店情報
不二家レストラン サイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

広島産カキのクリーム焼きごはん@伊勢佐木 不二家レストラン

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る「不二家レストラン」さんへ・・・
こちらへは一時閉鎖後にPeko's Kitchenとして再出発されたばかりの2007年 12月の14日に伺い「カキフライ定食 800円」を頂いて以来と3年振りになりますか・・・
前回、牡蠣フライを頂いて、こちらのメニューの牡蠣フライが有るのは分かっていたので、牡蠣フライ特集最終記事はこちらに致しましょう、と言う事で不二家レストランさんへ・・・
さて、お店に行くと何時の間にか店名が「Peko's Kitchen ペコーズ・キッチン」から従来の「不二家レストラン」に再変更されているのですねぇ。
いつ変わったのだろう・・・
ただお店の看板が以前の紅白基調ではなく、前店名の時の黒を基調としたものなのは変わっていないようだ。
それは兎も角、お店に入りケーキのショーケーススペースを突っ切って、奥のレストランコーナーへ・・・

入り口に立つと、すぐに店員さんが空いている席に案内してくれた。
なんだかんだ言っても、こちらは人気のお店で結構なお客さんで賑わっていますねぇ。
割とご高齢のお客さんが多いのも特徴的ですよねぇ。
席に着いて、渡してもらったメニュー表を見ると
「広島産カキフライ定食 1080円(税込1134円)」「ハンバーグと広島産カキフライ定食 1280円(税込1344円」
と牡蠣フライの付いた定食が2種用意されているのだけれども、他にも何かあるかな?と思ってページをめくると「広島産カキのクリーム焼きご飯 1080円(税込1134円)」なんて魅力的なメニューが・・・
メニュー写真を見るとフライパンで供される様で、見るからに美味しそう・・・
牡蠣フライはさんざ頂いているので、やはり今日は「広島産カキのクリーム焼きご飯 1080円(税込1134円)」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
不二1
不二2
不二3
不二4
おぉ・・・本当にフライパンで出てくるのですねぇ。
如何にも熱々のグツグツ状態で美味しそう。
さっそく
不二6
不二7
頂いてみる・・・
この表面のチーズの焦げがなんとも・・・糸を惹く熱々チーズって最高ですよねぇ。
ベシャメルソースは割としっかりした味付けがされていて、チーズの風味で味がぼやけてしまう事はない。
牡蠣は
不二5
不二8
不二9
こんな感じの中粒のものが思ったよりゴロゴロと入っていましたねぇ。
やっぱり美味いわぁ・・・
こう言う熱々ご飯をハフハフ言いながら食べるのは至福で有ります。
上にちょこんと乗った刻みトマトが意外と良く利いて、余りべたべたグダグダな感じにならずさっぱりとさせている。

お味も良くて結構ボリュームも有るので、ややお高めとは言え満足度もそれなりに高いかと。
大変美味しい牡蠣のクリーム焼きご飯で有りました。

店名 不二家レストラン 横浜センター店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
電話 045-251-2105
営業 Shop10:00~22:00
   レストラン 11:00~22:00
定休 無休 
不二家レストラン 横浜センター店情報
不二家レストラン サイト

さて、この記事で牡蠣特集は終了と致します。
まぁかなり無理繰りに詰め込んだ事も有り、ここ3ヵ月半という短い期間で記事数55、お弁当やチェーン店、重複店の記事を除いても50軒の情報が載せられましたので、取り敢えず特集と言う体面は何とか整えられたかなと・・・
そも牡蠣が好きとは言っても、例年で有れば1シーズン10回くらい食べれば良い方な訳で、それを考えたら向こう5年分は牡蠣を食べ捲ったって感じですかねぇ・・・
どちらのお店の牡蠣も、それぞれ大変美味しく頂けましたハイ

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ定食@関内 赤煉瓦

さて、今日は一見のお店へ・・・
関内の「横浜文化体育館」さんからほど近いビルの地階に在るとんかつ店「とんかつ 赤煉瓦」さん。
こちらは以前からずっと伺おうと思っていながら、中々伺う機会を逸し続けてしまっていたお店だったのですよね。
牡蠣フライ特集もそろそろ終了に近いので、この機会に一度寄らせて頂こうと思い立ち伺った次第。

階段を下り、お店に入るとお店の方が元気に迎えてくれる。
カウンター席が4席ほど、4人掛けテーブル席が6つほどの店内に先客はゼロ、後から2組ほどお見えになった。
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
赤2
基本のお品書きはこんな感じ
これ以外に
赤1
赤3
こんなお品書きが貼られていた。
さて、どれに致しましょうか・・・
味噌勝なんて魅力的ですよね・・・味噌ヒレカツななんて特に・・・・
とは言っても、今日はやはり牡蠣でしょう。
と言う事で「カキフライ定食 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
赤4
ご飯、お味噌汁、メイン、副菜2種、漬物
お味噌汁はねぎとわかめ
副菜は
赤5
冷や奴に切干大根
んー・・・切干大根が美味しい。
最近、本当にこう言った和総菜が美味しく感じるようになりましたねぇ。

メインプレートには
赤6
赤7
牡蠣フライに千キャベツ。
牡蠣フライ用にレモンが添えられている。
こちらはタルタルソースは付かず、卓上にとんかつソース、しょうゆ、和からし等が用意されている。

牡蠣フライは
赤8
赤9
こんな感じ
これまたかなり大きな牡蠣フライですねぇ。
さっそく
赤10
頂いてみる・・・
ザクっとした歯触りの粗めの衣を纏った牡蠣はぷっくり大ぶり。
適度な弾力を感じる表皮を噛み破ると、中から熱々の旨み汁がたっぷりと口の中へ流れ出す・・・
これまた磯の香り満載の甘み旨みたっぷりの美味しい牡蠣ですねぇ。
こう言う美味しい牡蠣はソースで頂くには、ちょっともったいないですねぇ・・・
出来れば岩塩なんかで頂きたいところですが、まぁ無いものは致し方ないですか・・・

ザクっとした粗めの衣は油切れが良く軽い食感。
こちらもまたかなり揚げ方のお上手なお店ですよねぇ。
牡蠣フライがこれですから、とんかつなんかは素材揚げともにかなり美味しいものが頂けるのでしょうね。
次回はとんかつの方をぜひ頂いてみたいですねぇ。

こちらの牡蠣フライはかなり美味しい牡蠣フライでしたのでお薦めです。
今日も大変美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 とんかつ赤煉瓦
住所 横浜市中区万代町1-2-3
電話 045-641-9259
営業 11:00~14:00
     ~20:00頃
定休 土日祝
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

まぐろの中落ち丼@桜木町 ばる

さて、今日は桜木町 野毛ちか道出口から右折してすぐのところに在る定食屋「キッチンカフェ ばる」さんへ・・・
こちらへは2008年 10月の16日に伺い「カキと帆立のMIXフライ定食 850円」を頂いて以来と2年以上振りとなってしまいましたねぇ・・・
野毛ちか道は割と通るのだけれども、中々寄らせて頂く機会を逸していたのですよね。
そう言えば、こちらでも牡蠣フライを出されていたなぁ・・・と思い出し寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はゼロ。
とりあえず店内に掛っているメニューボードを眺めると、残念ながら牡蠣フライの文字は無し・・・
まぁこちらは日替わりでメニューが変わって行くお店ですからねぇ。
無いものは致し方ない・・・
こちらは基本的に850円均一の定食が10種類近く用意されていて、他にも色々魅力的なメニューが有って迷ったのだけれども、なんとなく目を惹いた「まぐろ中落ち丼 850円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ばる1
どんぶり、お味噌汁、副菜、漬物、デザート?
お味噌汁はシジミ。
副菜は
ばる2
ひじきの炒り煮
いやぁ・・・ひじきって美味しいですよねぇ。
子供の頃はあまり好まなかったのだけれども、いつの頃からか好物になっていましたね。
そう言えば牡蠣もそうだったですか・・・やはり子供の頃とは味覚や嗜好は変わるものなのですねぇ。
その割に、子供の頃に好きだった食べ物が苦手になると言う事はない様な気がしますが・・・まぁ美味しく食べられるものが増える分には良い事です。

メインのまぐろの中落ち丼は
ばる3
ばる4
ばる5
ばる6
こんな感じ
白ご飯の上に刻みのりが散らされ、その上に
ばる7
まぐろの切り身と
ばる8
中落ちがてんこ盛りに盛られている。
まぐろが甘くて美味しいですねぇ。
ボリュームも難点で、これだけまぐろを一気に頂けると言うのは満足度が高いですよね。
まぐろって好きでは有るのだけれども、その割には余り頂く機会が無いのですよね。
回転寿司とかに寄っても、余りまぐろの皿を取る事はないですからねぇ。

デザートとして
ばる9
ばる10
ばる11
ぜんざいも付いてきました。
前回はデザートが付いてきた記憶はないのですけれども・・・と思ったら、昨日1月11日は鏡開きだったですね。
なるほど・・・それでぜんざいだったのかもしれません。
そう言えば、今年はお雑煮も伊達巻も頂いてなかったなぁ・・・
せめて伊達巻くらいは後で買って頂きますかねぇ・・・
お餅も昨年末また大量に伸し餅を送ってもらってるから、お雑煮も作ろうと思えばできなくはないのだけれど・・・

次回は、なにか魚の煮付があれば頂いてみたいですねぇ。
大変美味しいまぐろの中落ち丼で有りました。

店名 キッチン・カフェ ばる
住所 横浜市中区花咲町2-64
電話 045-243-9671
営業 平日11:00~19:00 土曜11:00~15:00
定休 日曜
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ&レバカツセット@伊勢佐木 コトブキ

さて、今日の夕飯は伊勢佐木モール沿いに在る老舗洋食店「コトブキ」さんへ・・・
こちらへは2008年 1月1日の元旦に伺い「かつ丼 750円を頂いて以来と3年振りになりますか・・・
随分間が空いてしまっていましたねぇ・・・
そういえば、こちらでもカキフライが有ったなぁ・・・と思い出し寄らせて頂く事に。

お店に入ると先客が数組、後からお一人見えられた。
こちらって移転前は結構寄らせてもらってオムライスなんかを頂いていたのだけれども、伊勢佐木モール沿いの小奇麗な店舗に移ってからは、めっきり寄らせて頂く機会が減ってしまったのですよね。
そう言えば、以前は24時間営業をされていたのだけれども、現在は遅くまで空いてはいるものの24時間営業ではなくなったそうな。

さて、取り敢えず空いている席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
寿1
寿2
こんな感じ
眺めると・・・有った「カキフライ 900円」
それじゃあ、これと「ライス 200円」をお願いしましょうか・・・と思ったのだけれども、良く見ると「サービスメニュー」なるものが有り、肉料理と魚料理を1品ずつ選べる上にご飯とみそ汁の付いたお得なセットメニューが用意されている。
これは良いですねぇ・・・

肉料理は「ミニバーグ・ミニカツ・レバカツ・ベーコン」 魚料理は「ホタテフライ・魚フライ・カキフライ(+50円)」の選択肢が有り、こちらから一品ずつ選べるようになっているそうだ。
おぉ・・・選択肢の中には他商品より50円増しになるとはいえ牡蠣フライも選べるのですねぇ。
それならと言う事で肉料理からは「レバカツ」魚料理からは「カキフライ」をそれぞれ選んで「サービスメニュー 1050円」をお願いする事に。

待つ事しばしで
寿3
セット到着
ご飯・蜆とわかめのお味噌汁、メイン
メインプレートには
寿4
寿5
千キャベツにマカロニケチャップ炒め、デザートなのかオレンジが添えられている。
そして
寿6
メインのレバカツと牡蠣フライ
牡蠣フライ用にレモンとタルタルソースが添えられており、卓上には中農ソース、しょうゆ、ウスターソースなども置かれている。

牡蠣フライは
寿7
寿8
寿9
こんな感じ
やや小振りのものが3個
ザクっとした歯触りの衣を纏っている。
小ぶりとは言え、香ばしい揚げ上がりで牡蠣の旨みや磯の風味も結構あり中々に美味しいですねぇ。

レバカツは
寿10
寿11
こんな感じ
思いのほか大きいですねぇ。
お店的にはこちらの方がメインなのかも。
上にはデミソースが掛けられている。
さっそく
寿12
頂いてみる・・・
お・・・これはえらく美味しい。
かりっとしたクリスピーな歯触りの衣を纏ったレバは、如何にもな風味と旨みがたっぷりで、レバがお好きな方にはかなり美味しく頂けるものでしょうねぇ。
デミソースも良い塩梅で、レバの風味に負ける事無く、レバの風味をっ殺す事無く丁度良い。
クリスピーな食感の個お呂もがこのデミソースを吸ってしっとりとしてくると、それはそれで美味しいですよねぇ。
ご飯にも良く合って食が進みます、これ。

これはちょっと単品のボリュームで思うさま頂いてみたいですねぇ。
単品だと800円ですか・・・今度単品で頂いて見ましょう。
牡蠣フライも結構美味しかったですが、このレバカツの前にはやや霞んでしまいますか・・・
そう言えば、こちらではまだカレーライスも頂いた事が無かったですねぇ・・・
今度は「カレーライス 650円」と「レバカツ 単品800円」を頂いてみましょうか。

お得で美味しいセットメニューで有りました。

店名 レストラン コトブキ
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-129-9
TEL 045-251-6316
営業 月~土10:00~翌02:00 日09:00~翌01:00 
休日 無休
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。