塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバ丼@元町 大珍楼

さて、今日はなぜか気が向いて元町へ・・・
まだ少し早いとはいえ、金曜の夜だと言うのに意外と空いてるんですねぇ・・・
あまり観光客と言った感じの人の姿は見受けられず、どちらかと言うと地元の人っぽい雰囲気の人たちばかりな気がする。

さて、裏通りに入り少しぶらついて、吸い込まれるように入ったお店は「元町 大珍楼」さん。
こちらのお店は、ずいぶん昔からある。
たぶん、30年以上はあるんじゃないだろうか・・・
某店ご主人は「こちらの店舗が空いたら移ってきたいな」と、通り様に呟いてたっけか・・・
その方にとっても、このお店は好きなお店だったらしい。

さて、お店に入ると先客はおらず、ご主人が暇そうにテーブル席に腰をかけてテレビを眺めていた。
まぁ、まだ夕食には少し早い時間帯だし、昼休憩を設けていない飲食のお店にとっては空白の時間帯なんでしょうねぇ。

さて、カウンターの席に着き、お品書きを眺める・・・
ちなみにお品書きは
めにゅ
こんな感じ。
裏を返すと「レバ丼」だけが写真入りで載っている。
んー・・・と言う事は、これがこちら一押しのメニューなのでしょう。
と言う事で「レバ丼 800円」をお願いした。

注文を受けると、すぐに調理に取り掛かるご主人・・・
ジャージャーと言う小気味良い音を響かせながら鍋を振る。
そして、具材の炒められた少し香ばしい香りにたれの甘い香りが加わり、やたらな美味しそうだ・・・

待つ事しばしで到着
れば
レバ丼
結構大きな丼に盛られたご飯の上に、甘辛のたれに絡んだレバー、ニラ、キャベツ、玉ねぎの炒め物が乗せられている。

やや甘めのたれに、唐辛子のピリ辛感とにんにくの風味が加わり、それがキャベツやたまねぎの甘みや香ばしさと合わさっていて、子のたれがしっかりご飯に染み渡っている。
臭みのないレバーが、これまた濃厚なお味で最高ですねぇ。
まぁ、レバーが嫌いなじゃい限り、これを不味いと言う人はそうそういないでしょうね。

すーぷ
スープ。
これはスタンダードな中華スープ。
やややさしいお味で、これに多少味付けがされることを考えても、普通のラーメンよりは、サンマー麺や天津麺などの上に炒め物系の具材が乗ったほうが美味しく頂けそうな気がする。

美味しいレバ丼でありました。

店名 元町 大珍楼
住所 横浜市中区元町3丁目141
電話 045-641-0404
お店地図

さて、この「元町大珍楼」さん、実のところ寄らせてもらうのは今日が初めてではない。
20年の昔、一度こちらで頂いた事がある。
忘れる訳もない、こちらに伺ったのは港中学校での卒業式終了後、ぼくを含めて3人で食べにきた。
だから、こちらに入った瞬間、なんとなく「雰囲気変わってないなぁ」と少しうれしくなった。

と言っても、当時の感想でいえば、ぼくはこちらのお味を好まなかった。
確かラーメンを頂いたのだと思うのだけれども、15そこそこのガキの味覚からすればお味が優しすぎたせいだったんだなぁ、と今日付け合わせのスープを頂いて理解した。
15そこそこだった自分は、どうしても濃い目で油ぎった胃にズシンと来る様なものを好んでいたしね。

その時に一緒に来た2人、同じように卒業式を迎えた同年の同じ施設で育った子だった。
一人は、鶴見工業の定時制に進み、結局途中退学し、その後何度か施設に顔を見せたが、その内顔を見せなくなり、結局音信不通となり、今に至る。

もう一人、親からの援助が有り私学の高校に進んだのだけれども、彼は若くして亡くなった。
肝腫瘍が最終的に脳転移までしてしまったことが原因だった。
若いだけに、腫瘍の転移してしまうスピードも、また早かった。
わずか18歳の若さで世を去ってしまった。

頭脳明晰なタイプではなかったが、スポーツ全般に長け、社交的で人当りが良く、積極的で明るい性格の子だった。
まぁ、別に良い面だけを持っていた訳ではないのだけれども、今思い出すに良き男であり、良き人間であったことには違いない。
きっと幸せな人生を歩めたはずだった。

彼とは小学校からの付き合いだった。
彼が施設に入ってきたのは小学4年生だったか5年生だったか・・・
持ち前の明るさと社交性ですぐに溶け込み、また野球やマラソン、卓球、水泳などのスポーツで目立つ存在だった。
そう言う彼が18の若さで亡くなった時、初めて人の死と言うものについて考えたような気がする。

そんな事を思い出しつつ、帰りがけに少し元町を歩いた。
元町は通学路だったから、毎日のように歩いた場所だ。
今歩くと、少し道幅が狭く感じる。
中学に行くには洋菓子屋さんの喜久屋さん横を通り前田橋を渡ったのだけれども、この喜久屋さんの横の通りだって、こんなに狭い道だっただろうか、と思ってしまうほどだ。
裏通りにはお洒落な店が増え、ぼくが毎日の様に通っていた頃とは雰囲気が変わってしまっている。

それでも、やはり懐かしい。
子供のころにべたべたつけて回った足跡は、時の砂塵によって忘却の砂地に埋もれ、あいまいで不鮮明なものになってしまったけれども、そこに来れば追憶の風によって砂塵が吹き流され、やや鮮明さを取り戻した映像で頭に浮かぶ。
良い思い出も悪い思い出も、楽しかった事もそうでなかった事も。
その感覚は決して嫌なものではない。

大半の人とは少しだけ違った子供時代を過ごした事も、今考えたって悪いものじゃなかった。
それなりに楽しい子供時代を送った。
そしてそれが今につながっているのだから、ぼくは良い人生を歩めている。
ま、懐かしさを感じる場所を歩くとセンチな気分になるのはしかたない。
無論、感傷に浸るなどまったく自分に似合わぬ事も自覚しているのだけれども。
ま、たまには、こういう思いをしてみるのも悪くはない。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ナポリタン@中華街 パンアメリカン・ホットドックコーナー

さて、今日は久しぶりに中華街へ・・・
平日だってのに、そこそこの人出が有りますねぇ・・・
折角中華街にきたなら、取り敢えずはチェックする事が・・・
何のチェックって「パンアメリカン・ホットドックコーナー」さんが開いているかどうか・・・
何せ、ここ数回振られてしまって入れて無かったですからねぇ。

で、早速お店に行ってみたら今日はしっかり開いている。
と言う事で、他の店を探してみようなんて気は微塵も無くなり「パンアメリカン・ホットドックコーナー」さんへ・・・
こちらも昨年末以来ですねぇ。
お店に入るとお客さんは誰もいなかったが、後から2人ほど入ってこられた。

お店のお薦めらしい「ドライカレー」や「スパゲティ ミートソース」なんかも気にはなるのだが、やはり第一選択肢は「ナポリタン」
と言う事で、今日も「ナポリタン 大720円」をお願いした。

注文を受けるとおじちゃんが早速調理をはじめる・・・
と言うか、いきなり炒める音からスタートするのだから、間違いなく茹で置きスパゲティ仕様。
他のスパゲティなら余り嬉しい事ではないのだけれども、ナポリタンだと茹でおきだと言うだけで期待感がましますねぇ。
ジャージャーという音が響き、ケチャップのこげた匂いが漂いはっじめれば、そりゃもう期待感は最高潮。

待つ事しばしで到着
なぽ
相変わらず素敵なお姿・・・
この金属皿に盛られて出てくるといるというだけで何となく嬉しくなる。
普通盛りの方は、このお皿ではなく普通の白いお皿で出てくるらしい。
このケチャップのこげた香がたまりませんねぇ・・・
具はハム、玉ねぎ、マッシュルームとシンプルで、上に数粒のグリンピース。

めん
何よりも、このやたらにぶっといスパゲティ。
ややグデグデな茹で上がり。
個人的には言う事有りませんねハイ

今日も美味しいナポリタンでありました。

店名 パンアメリカン・ホットドックコーナー
住所 神奈川県横浜市中区山下町200
電話 045-651-4067
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

五目豚もつそば+肉焼売い@中華街 瑞雲

さて、昼に迷って夜に廻した「らぁめん こもん」さんへ・・・
お店の前につくと既に2人の方がいる。
時計を見ると、まだ5字には5分ばかりあるので並んで待つことに・・・

って、その二人、ベちゃベちゃ喋りながら店内へ・・・
店の入り口のところにはお品書きの台とイスが置かれて入れない感じなんだが・・・
と思ったら、どうやらお店の人とその知り合いだったらしい。

で、5時を回ってもまだ開ける様子が無い・・・
まぁ、準備も有るだろうしと思って気長にまっていたら、5分くらい過ぎたところで店の人が顔を出し「すいません。今日終わっちゃったんです」と・・・
帰ってきて調べたら、日曜は昼休み無しの通し営業だったらしい・・・
ちゃんと調べていけばよかったな・・・つか、外で話をしていた店員さん、並んだの分ってるんだから店に入る前に一声そういってくれれば5分も間抜け晒す事も無かったのに・・・

さて、「こもん」さんが仕舞いだと言うので、どこに行くか・・・
どうせここまで来ているなら、久しぶりに中華街に行ってみようと言う事で、そもまま中華街の方へ・・・

とりあえず「パンアメリカン ホットドックコーナー」さんを覗くが、やはりお休み・・・
どこで食べるかなぁ・・・
興味があるのは、あほ程太い一本麺のラーメンを出すお店。
が、店名が一文字たりとも思い出せない・・・笑
まぁ、回ってりゃ見つかるかな・・・と思って中華街の中を歩き始めたのだが、どうにも面倒くさい・・・
そりゃ、場所も店名も分らんのに探し様ってもんも無いし・・・

仕方ないので目を惹いた店に入ってみよう・・・
「保昌」さん・・・今日は意外と空いている・・・
こちらの牛バラそば好きなんだよね・・・どこにも行き着かなかったら、こちらで頂こう・・・
で、路地なんかを曲がってみると「瑞雲」さんと言うお店が・・・
お店の前のお品書き掛け黒板に「五目豚もつそば 800円」の文字・・・
あぁ、これは美味しそう・・・と言う事で店内へ・・・

お店に入ると、小奇麗でこじんまりした店内。
中華街のお店にしては、意外なほどフレンドリーで丁寧な接客。
個人的には、これだけでも中華街では当たりのお店ですねハイ
渡してくれたお品書きを眺めると、ワンタンのメニューが結構多い。
帰ってきてから調べたら、ワンタンの専門店だったらしい・・・
知ってればワンタンをお願いしたのだが、気分は完全に「五目豚もつそば」・・・

と言う事で「五目豚もつそば 800円」をお願いした。
もう一品、何か・・・と思って壁のメニューを見ると「肉焼売 450円」が目を惹いたので、肉しゅうまいもお願いする事に・・・

待つ事しばしでそば到着。
ごもく

めん

如何にも中華街で出てくる中華そばな風体。
って、もつって言うから、腸などのクニュクニュ系かと思ったら、レバーなんですねぇ。
ま、レバーも好物なんでかまやしません。

一口スープを啜ってみると、良くある当り障りの無い鶏がらベースの醤油味スープ。
が、レバーの臭みを考えてなのか、結構生姜の風味が強くてさっぱりしたお味。
縮れ細麺に若干とろみのついたスープが絡んで美味しいですねぇ。
きくらげの食感もよい感じ。

少し遅れて焼売到着。
しゅう

あぁ、やっぱり焼売はこう言うものじゃなきゃね・・・
その辺の中華屋さんだと、いかにもお店で買ってきました的なグリンピースの乗ったちっ濃いしゅうまいが出てきたてがっくりする事が多いから・・・・

「味はついていますので、醤油は上に少し掛けるだけで大丈夫です」との事だったので、醤油をかけずに頂いてみる・・・
周りの皮が微妙にカサカサした感じだったものの、具の方は結構ジューシーで肉々しくて美味しいですねぇ。
確かに、醤油は要らんです、これ。
一つ一つが大きいので、食べ応えも結構あるし、これは頼んでよかった。
欲を言えば、もう少し皮がしっとりしている方が良いのだが・・・

ふむ・・・何の予備知識も無く飛び込みで入ったお店としては当たりでしたねぇ。
今度は、専門だと言うワンタンをいただいて見ましょう。
美味しい中華そばと焼売でありました。

店名 瑞雲
住所 神奈川県横浜市中区山下町146
営業 12:00~20:00
定休 水曜不定休
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カツカレー Lサイズ@山下町 どん八

さて、昨夜パスポートの期限切れが近づいている事を思い出し、調べてみたら期限1年内ならパスポートの切り替えが出来ると言う事で、本日手続きをしてきました。
つか、パスポートセンターって場所が微妙で行くの面倒なんだよね・・・

パスポートの切り替え手続きもえらく面倒だ・・・
手続きが面倒っていうか、パスポートの申請にきている人が多いから結構待つんだよね・・・
しかも、また1週間後に取りに行かなきゃならないし・・・
何で郵送してくれんのだろう・・・

パスポートは10年期限のものを申請した。
手数料は1万6千円だそうな。
受け取り時には払わにゃなりませんな。
古いパスポートは、その場で廃棄されるのかと思ったらパンチで穴をあけられ戻された。
ま、記念に取っておくのも良いでしょう。

さて、折角産貿センターまで来たので、以前土曜日に着てみたらお休みでは入れなかった「どん八」さんと言うとんかつとカレーのお店によってみた。
お店に入るとランチタイムから外れた1時過ぎだったので結構空いていた。

席に着きメニューを眺める・・・
めにゅ

とんかつとカレーのお店と言う事であれば、やはり両方が一度に頂けるカツカレーでしょう。
さて、こちらのメニューは大きさがS/M/Lの3種類が選べる。
ま、そこはそれ、やはりLサイズでお願いしてみましょう。

と言う事で「カツカレー Lサイズ 890円」を注文。
注文を受けてくれた店員さん・・・
「うちのLサイズって、かなりの量なんですが大丈夫ですか?」と・・・
隣の方が食べているカレーの量を見ると、相互大層な量には見えない。
勿論、一番小さなサイズだったとしても、その食べている量から想像できるLサイズの量は多寡が知れている、と思い「大丈夫です」と返答。
ま、これが物凄い勘違いだったんですが・・・笑

さて、待つ事しばしでサラダが到着。
さらだ

隣で食べている方はカレーとサラダが一皿盛になっているけれど、さすがにLサイズだと別さらになるらしい。

サラダを平らげ待つ事しばし・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
ええええええぇぇぇ・・・・
かれ

笑うしかないような洒落にならないもんが出てきました・・・
この馬鹿盛りの物体は一体なんでしょう・・・
カレーを運んできてくれた店員さんが微妙に含み笑いを残して帰っていきました・・・

写真じゃ大きさが分り辛いと思いますが、右端に乗っているとんかつ、これ普通にランチのとんかつ定食で出てきておかしくない大きさです。
ぼくは別に挑戦メニューなんか頼んじゃいませんが・・・
ちょっと、この大きさは洒落になりません。

とりあえず、とんかつを食べてみると、やや脂身が大目の好みに合っている肉で、衣もサクサク。
カレーの方はといえば、これはどちらかと言えば家庭のカレーに近い。
物凄く美味しいと言うものではないけれど、こう言うカレーを嫌いと言う人は少数派でしょうな。

とにかく食べ進む・・・
減らねぇ・・・
全然減ってくれねぇ・・・
が、店員さんの忠告も聞かずに頼んだ以上は食べ残すような失礼な事は出来まい。
何とか勢いのまま食べきった。

んー・・・味を楽しむならMサイズくらいまででしょうねぇ・・・
後半4分の1は詰め込み作業でしたな・・・
食事はやはり味を楽しんで食べなきゃねぇ・・・

にしても、ここの量は半端ではない・・・
すぐ近くの「ホフブロウ」さんのびっくりカツカレーというのも大概に凄かったが、単純に量で比べたらどん八さんの方が多い。
もっとも、ホフぶろうサンのびっくり勝つカレーのほうは、ご飯がドーナツ状に盛られていて、その穴に詰められた肉が出がらしみたいなパサパサのどうにもこうにもならないお肉だったので、これはこれでかなり食べるのがきつかったけど・・・

こちらのお店、お値段も安いしとんかつも悪くなかったのでお奨めであります。
ま、今日は味的には満足、量はちと生きすぎな食事でありました。

店名 どん八
住所 神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センター地下1階
電話 045-671-7013
営業 不明(貰ったカードにも記載無しだったので、行く時は電話でご確認を)
定休 少なくとも土曜はお休みでした。これもご自身でご確認ください。
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

カレーラーメン@元町 下前商店

さて、中華街の「保昌」さんを出て、元町の「下前商店」さんへ向かう・・・
連食ですねハイ
それにしても、元町の裏通りも随分とお洒落なお店が増えたねぇ・・・

さて、下前商店さんに入ると、お二人のお客さんが店内待ち状態。
カウンター9席のみとは言え、こんな分り辛い場所にあるお店で待ちが出るとは思いませなんだ。
まぁ、ラーメン屋さんなんで回転も速く、10分程度で席に座る事が出来たけど。

さて、今日は何を食べようか・・・
前回年末に来た時にはチャーシュー麺を頂いた。
ワンタンメンも魅力だなぁ・・・
が、何故かカレーラーメンが有名らしい。

カレーはさっき食べたばかりだが、やはりここはカレーラーメンで行ってみよう。
と言う事で「カレーラーメン 840円」を注文。
注文の時に「辛いけど大丈夫ですか?」と念押しされた。
そんなに辛いのか・・・
まぁ、何とかなるでしょう・・・・

待つ事しばしで到着。
下前

結構、本格的な感じのスパイシーな香りが漂うラーメンだなぁ・・・
とりあえず一口飲んでみたら、こりゃ確かに辛い。
これ、スープと合わさっているから良いけど、カレーライスで頂いたら相当な辛さなんじゃなかろうか・・・
つか、スープと合わさっても保昌さんのカレー飯よりずっと辛いんですが・・・

ただ、辛いだけではなくお味自体もしっかりしていて美味しい。
カレーラーメンといえば伊勢佐木の「太源」さんが有名だけれども、太源さんのカレーラーメンよりも味がまとまっている気がする。

これはこれで美味しいと思う。
まぁ、やはり辛くてスープ飲み切りは無理でしたが・・・
中々面白いお味のものでありました。

店名 下前商店
住所 神奈川県横浜市中区元町1-54-1 リブレ元町Ⅱ1F
電話 045-662-6588
営業 12:00~21:00
定休 月曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。