塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五目炒飯@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日はお酉さま一の酉・・・
少し廻ってみたけれども、やや人出が少ないかな?
まぁ、今日は平日だし一段と気温が冷え込んできたしねぇ・・・
20時過ぎくらいの方が会社帰りに寄る人が増えるのかな・・・
それにしても肝心の熊手があまり売れていないのか、手締めがあまり聞こえてこない。
ま、もはや鷲神社の祭礼とか商売繁盛の縁起担ぎとか、その辺あまり関係なく飲食出店ををめぐるお祭りって感じかな・・・
手締めはお酉さまの華だから聞こえてこないのも少々寂しい気がしますが・・・

とりあえず少し見て回ったけれども、これと言ってめぼしいお店はないかな・・・
韓国料理系なんかは、別に普段でも安く食べられるし、酉の市でなきゃ食べられないって言うのはあまりないですかねぇ・・・
狐狸庵さんのスペアリブと佐世保バーガーの屋台が目を惹いたくらいかな・・・
結局買わなかったけど。
それにしてもケバブの屋台がずいぶん増えた気がする・・・
まぁ、例年24時近くまで賑やかだし、これから行かれる方たちは十分な寒さ対策をして楽しんできて下さいませ。

さて、今日は長者町にある料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に入るといつもの席には先客の方がいらしたので、珍しく入って左側の席へ・・・
席に着いて「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてしばし検討・・・
「生馬麺 600円」とか、あんかけ汁そば系なんて今日は寒いから良さそうですよねぇ・・・
そう言えば、炒飯を最近頂いてなかったですか・・・
と言う事で「五目炒飯 600円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
五
目
炒
飯
んー、相変わらずの盛りっぷり。
具は叉焼、スナックエンドウ、ネギ、玉子、海老
やはりこちらの叉焼は何度頂いても美味しいですねぇ。
スナックエンドウのパリパリとした歯触りも良い感じ。
お子もがパラパラの炒め上がりで程よく香ばしさが出ていて良いですねぇ。

そう言えば、今は「スナックエンドウ」とは言わないそうで「スナップエンドウ」が正式名称らしい・・・
調べてみたら昭和58年には農林水産省が正式名称として名称統一をしたというの話だそうなので、25年も前の呼称を使い続けているぼくもどうかとは思うのだけれども・・・
まぁ、美味しければ良いのですハイ
次は「生馬麺 600円」辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahooグルメ お店情報

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

焼きビーフン カレー味@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町に在る中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
先週は時間が遅すぎて入り損ねてしまったので、今日は少し早めにお店へ・・・
お店に行くと、今日は先客ゼロ。
空いているテーブルに着いて一応「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてみるも、今日はすでに「焼きビーフン カレー味」を頂こうと決めていた。

お品書きのうち普通の焼きビーフン「米粉 700円」は7月22日に頂いている
こちらは塩コショウっ中心の味付け+風味付けに醤油といたってスタンダードなお味の美味しい焼きビーフンだった。
で、今日お願いしようと思っていたのは壁貼りのメニューに有る「焼きビーフン カレー味 700円」
考えてみたら、まだこちらでカレー風味の料理って頂いた事がなかった気がしますしねぇ。
このメニューを見つけた時から、一度頂いてみたかったのです。
と言う事で「焼きビーフン カレー味 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
米1
米2
米3
米4
んー・・・カレーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。
海老、チャーシュー、もやし、玉ねぎ、きくらげ、青菜、人参、ピーマンと相変わらずの具だくさん。
て言うか、ボリューム自体もかなりのものですが・・・

一口頂いてみると、こちらも塩コショウが味付けの中心で、風味付けにカレーのスパイシーさを加えた感じ。
それにチャーシューの独特の香ばしい風味と具在の甘みやうまみが合わさってえらく美味しい。
野菜はシャキシャキとした食感があり、きくらげのクニュクニュ感と歯触りも良いですねぇ。
焼きビーフンってなかなか頂く機会がないのだけれども、美味しいのですよねぇ。
それにしても、こちらのチャーシューは本当に美味しいわ・・・

今日も美味しい夕飯でありました。


店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahooグルメ お店情報

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

トマトと鶏肉の煮込み@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
7時過ぎにお店に行ってみると、まだ開店準備中だった為、少し伊勢佐木をぶらつき・・・
15分ほどぶらついてからお店に戻るとすでに開店していた。
お店に入ると先客が一組で、どうやらこれからパーッとやる感じだったらしい。
うぁ・・・こういう場合って一人ではいるぼく自身も入り辛いけど、心置きなく騒ごうぜ体制に入ってた人たちにとっても違和感あるだろうなぁ・・・
と言っても、すでに店に入ってしまった以上、お店を黙って出るのも感じ悪いだろうし・・・
まいいや・・・って事で見なかった事にしてテーブル席へ・・・・

さて、どうしよう・・・
そう言えば壁貼りのお品書きに「焼きビーフン(カレー味)」と言うのが有ったはず・・・
と、一応壁貼りのお品書きで存在を確認・・・
普通の焼きビーフンは、7月22日に「米粉 700円」を頂いている。
これも美味しかったし、これがカレー味ならお味の方は間違いないでしょう・・・
と言う事で「焼きビーフン(カレー味) 700円」をお願いした。
のだけれども、ご主人が出てこられて「トマトと鶏肉の煮込みなんてどうですか?」と言ってくれたので、あっさり注文変更し、それをお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、スープ、煮込み、漬物

スープは
すーぷ
今日は牛肉(テール?)と大豆のスープ。
おや・・・いつもより豪華なのは、団体さん用のコース料理と一緒に作ったからかも・・・
これはラッキー。

メインは
とまと
ちきん
にこみ
こんな感じ。
具はトマト、ピーマン、玉ねぎ、鶏肉。
甘酢仕上げになっている。
そう言えば、中華料理だとトマトも結構炒め物の具として使われているんでしたねぇ。
甘みが良く出ていながら、酸味も残っていてさっぱりして良い感じ。
ちょっと濃いめの甘酢仕立てのたれはご飯に良く合うので職が進みますねぇ。

それにしても、やはり中華料理は野菜がたっぷりとれて良いですねぇ。
昨日は友達と湘南台の「しゃぶしゃぶ八蝶」さんと言うしゃぶしゃぶ食べ放題のお店で夕食を頂いたので、ここぞとばかりにたっぷりと野菜を取り捲ってはいたのだけれども、やはりこのくらいの野菜は毎日食べておきたいものですねぇ・・・
次は何を頂きましょうか・・・

今日も美味しい夕飯でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
参考サイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

扣肉会飯@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
本当は先日閉店した曙町の中華料理店「江南軒」さんの後釜に入った「パンダ」さんと言うお店に行くつもりだったのだけれども、入り口にはまだ「準備中」の掛札が・・・
まぁ、開いていないものは仕方がない・・・

というか、この「パンダ」さん・・・明らかに「江南軒」さんが名前を変えて看板を付け替えただけのようだ・・・・なにせ「江南軒」の看板の上に「パンダ」の看板を掲げているのが丸わかり・・・
いやまぁ、こちらは今までもそんな感じだったしね・・・
確か九州豚骨ラーメンの店「とん太」さん、豚骨ラーメン「我家我家」さん、一日百食限定を謳っていた塩ラーメンのお店「けんちゃんらーめん」さんと短期でラーメン店の出入りが続いた後、中華料理店「千龍軒」さん「江南軒」さんと店名と看板を付け替えただけの中華料理店が続いているので、今回の「パンダ」さんも同じノリのようだ。

まぁ、そういう感じのお店なので、観点準備中のご様子だったし少し待てば開きそうな雰囲気はあったのだけれども、外で待つ程の事もないかなぁ・・・と他処へ行く事に・・・・
昨日、どちらさまのBlogだったかの過去記事で拝見させて頂いた上大岡の鳥料理専門店「TORIGE」さんにも興味があったのだけれども、どうやら上大岡方面へのバスはついさっき出てしまった感じで、次を待つのはかったるい・・・
という事で、こちらも次回以降に・・・

で、適当に歩き回って探したのだけれども、どこもしっくりこず・・・
結局行き着いたのは「龍鳳閣」さんだった。
とりあえず、表のランチボードを見てみると「咕老肉(スブタ)600円」 と「シバエビと卵の炒め物?600円」の2種類。
咕老肉(酢豚)は一度頂いているし、海老は苦手・・・
まぁ、後は中に入って決めようと店内へ・・・

お店に入ると先客はゼロで、後からおひとり入ってこられた、
そういえば、全回来た時には、まだ「冷やし中華 800円」の品書き短冊が壁に貼ってあって、今度来た時にまだあったらこちらを頂こうと思ったのだけれども、今日行ってみたら短冊は外されてしまっていた。
それならと言う事で、同じく壁は理のメニューから「扣肉会飯(豚ばらご飯) 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
豚ばらご飯に中華スープ、きゅうりの漬物
メインの豚ばらご飯は
うえ
こんな感じ。
ご飯の上に、青菜と
ぶた
にく
見た目からしてえらくおいしそうな豚ばら煮込みが山のように・・・
いやこれは素晴らしい・・・
しっかり煮込まれた豚ばらは、脂身はプルプル肉も柔らかく、味も良く染みていてえらく美味い。
やや濃いめの味付けでご飯がよく進みますねぇ。

肉は脂身だと思っているぼくには、これは最高ですねハイ
こちらには「牛腩麺(牛ばらそば) 700円」など、牛ばら煮込みのメニューもあるのだけれども、やはり牛より豚の方が好みですねぇ。
牛も好きなのだけれども、得に脂の旨みが豚の方が好みに合っているのですよ。
こちらのお店のレギュラーメニューの中で今まで頂いた事があるものだと、自家製だというえらくおいしい叉焼の乗った「叉焼麺 600円」か、この豚ばらをつかった「扣肉面(豚ばらそば) 700円」、美味しくてボリュームのあるパイコーの乗った「排骨炒飯 800円」が今のところトップ3でしょうかねぇ・・・
まぁ、どれを頂いても美味しいですし、まだまだ頂いていないメニューも多いのですが。

ま、まだまだ頂いていないメニューもありますし、次は何を頂きましょうか・・・
美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

鼓汁排骨飯@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は台風でえらい事でしたねぇ・・・
朝、家から出たらちょうど小休止なタイミングだったのか、雨があがっていたので、もう台風は過ぎ去ったのかと思いきや、バスを降りたら雨だけじゃなくて風まですごい事に・・・
結局横殴りの雨でびしょ濡れての出勤となってしまいましたな・・・
ま、そんな雨も風も午前中いっぱいで落ち着いたのは何よりなことでした。
まぁ、万が一家が雨漏りしてたらどうしようなどと余計な心配をしてましたが・・・

さて、そんなこんなで夕飯に長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと船客はいなかったので、空いている席へ・・・
今日はどうしますかねぇ・・・
と、ご主人が出てこられ「スペアリブを豆鼓醤で炒めたのはどうですか?」と言ってくれたので、最近スペアリブを頂く機会がなかったので、それをお願いした。

待つ事しばしで到着
すぺあ
スペアリブを豆鼓醤で炒め、それをご飯に添えたもので「鼓汁排骨飯」という料理だそうな。
これに錦糸卵の入った中華スープとポテトサラダをつけてくれた。

スペアリブの豆鼓醤炒めは
りぶ
にく
こんな感じ。
豆鼓醤の甘しょっぱい風味がよいですねぇ。
この排骨の骨際の肉が何とも美味しいのです。
適度な脂の旨みと甘みもあって、スペアリブが好きな方にはたまりませんでしょうね。
やや濃いめの味付けでご飯が良く進むのですハイ

さて
そーす
こんなソースも一緒に出してくれた。
これは香港あたりではメジャーなソースなのだそうで、肉料理にかけたりして食べる方も多いとのこと。
ので、試しに少し掛けてみると、豆鼓醤の塩辛みが抑えられ甘みが増した感じ。
こういう風味が好きな方もいらっしゃるでしょうね。

さて、今日の「鼓汁排骨飯」のお値段は700円。
これまた、随分とお安い・・・
これだけたっぷりスペアリブが入っているのに、こんなに安くて良いのだろうか・・・

そういえば壁に「冷やし中華 800円」の品書き短冊が貼られていたので「冷やし中華はいつまでですか?」と尋ねてみたら「もうそろそろ」とのこと。
さすがに涼しくなって冷やし中華を注文される方があまりいなくなってしまったらしい・・・
まぁ、今年は夏が短かったですしねぇ・・・
美味しかったので、次回間にあったら頂いてみましょうか。

今日もおいしい夕飯でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahooグルメ お店情報

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。