塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子丼@横浜橋 酔来軒

さて、今日は横浜橋に在る広東料理の老舗「酔来軒」さんへ・・・
こちらでは「酔来丼 400円」 「チャーシューライス 700円」 「ねぎライス 700円」 「肉団子ライス 800円」 「カレーライス 600円」 「カツ丼 800円」 「天津丼 700円」に続き、 前回も「肉丼 700円」を頂いている事もあり、この際とりあえず飯ものは全部頂いてみようかな・・・と言う我ながら若干意味不明なノリになってきている事を自覚しつつも今日も引き続きと言う事で・・・

さて、お店に行くと先客が数組、後からも数組見えられ思いのほか賑わっている。
いつもは空いている時間帯だし、特に今日は天気も良くないからお客さんの姿はほとんどないのではないかと思っていたのだけれども意外ですねぇ。
まぁ、アーケード付きの商店街すぐ横の立地だから、買い物帰りに寄り易いくて余り天気に影響されないのかも知れませんねぇ。

取り敢えず開いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
あと飯もので頂いていないものと言えば「中華丼 700円」「親子丼 700円」「玉子丼 650円」ですか・・・
んー・・・カツ丼が存外当たりで美味しかったし、親子丼も美味しそうですよねぇ・・・
と言う事で「親子丼 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
酔1
酔2
酔3
酔4
やはりこちらの親子丼は他店の多くのものとは趣を異にしたお姿ですねぇ。
具は鶏肉、玉ねぎ、人参、青菜、きくらげ、タケノコ、なるとと具沢山。
玉子は半熟綴じでは無くしっかり熱の通ったもので、海苔などが掛って写真では見えないけれど真ん中に黄身が乗せられていた。
黄身の方も半熟では無く熱の通ったもの。

お出汁はそう特別なものではないやや甘みの強い和風のものなのだれども、中華ちっくな具が使われている為、他店で頂く親子丼とは違った歯触りやお味の親子丼になっている。
竹の子や人参な、きくらげなどシャキシャクとした具材が使われいるので、確かに綴じる玉子は半熟よりもしっかり熱が通っていた方が合うのかも。
こう言う一風変わった親子丼も美味しいですねぇ。

次回は「中華丼 700円」を頂いてみましょうか。
今日も美味しい親子丼でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/986-73620923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。