塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛鍋丼@吉野家

さて、今日は久しぶりに牛丼の全国チェーン「吉野家」さんへ・・・
結構好きな割に、普段は余り牛丼のお店へ寄らせて頂く機会は無いのだけれども、今日は吉野家さんの店頭に「創業111周年記念」「牛鍋丼 新発売」なんて幟が出ている。
「吉野家」さんのサイトで見ると、同商品の発売は9月7日の10:00からと言う事になっているので、どうやら先行販売と言う形だったようだ。
しかもお値段は「すき家」さん「松屋」さんのライバル会社の牛丼と比べても遜色ない280円との事。

ほぅ・・・これまた随分思い切った事をしてみせましたねぇ・・・・
何せ仕入れ値が高いアメリカ産牛肉以外を味が代わるからと使用せず(なんか商社との契約縛りで他の牛肉が使え無いって話もあるようだけど)、値下げ合戦では後塵を拝し続け、味の低下や見た目のしょぼさなどどうやっても勝てる要素が無く、一敗地に塗れどころかもはや詰んでしまったかのようなイメージすらありましたからね・・・
とうとう80円台に突入した円高が、吉野家さんには良い方に転んだと言う事でしょうか。

取り敢えず面白そうなので入って見る事に・・・
低価格の新商品発売の割には結構空き席の有る状況。
まぁ、本来なら9月7日からの発売を前倒しした先行販売みたいだし、宣伝なんかも派手にやっている訳じゃなさそうなので、この状況は仕方ないかもしれませんねぇ。
と言う事で、空いている席に着いて「牛鍋丼 280円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
吉1
吉2
へーー
さすがに牛鍋丼を謳うだけ有って、白滝と豆腐の入ったものなのですねぇ。
そのせいもあってか今年の4月10日に牛丼を頂いた時の「牛丼 並 270円」(期間限定値引きサービス実施中の価格、通常価格は380円)
よし1
よし2
これと比較すると、随分見た目のしょぼさが改善されている。
少なくとも肉の隙間からずいぶんご飯が見えて「随分具の盛りが、昔に比べると少なくなっちゃってるよねぇ」というマイナスイメージは大きく改善されましたねぇ。
「なか卯」さんの「和風牛丼 350円」と比べても大きな遜色はない。
むしろなか卯さんのものはしいたけが入っている分、独特な風味のしいたけが苦手な方も多くて敬遠される方も少なくない事を考えると、余り豆腐が苦手と言う方はいらっしゃらないだろうから万人受けするのは吉野家さんの方でしょうね。

お味の方は、そんなに和風と言う訳でもなく牛鍋丼と言っても、基本的な味付けはいつもの牛丼とそう大きく変わった気はしない。
個人的には豆腐や白滝は入っている方が好きなので、これは良い商品を発売してくれたと言うのが感想ですねぇ。
見た目のしょぼさが大きく改善され、お味も悪くない、もしお値段が280円と言う低価格のままで恒久的に販売され続ける商品であるなら、他の大手2社と比べても大きく劣る事も無く十分勝負になりそうですねぇ。
ただまぁ本来の主力商品である牛丼そのものを改善させなきゃならんと言う状況は変わらないでしょう。
牛鍋丼はしょせんデフレ対応商品でしょうからね。
牛丼380円と言う価格は兎も角、少なくとも具の間からご飯まる見えと言う具の盛りのしょぼさが一番のマイナス要素だと思うので、まずはそれを改善すべきところでしょう。
値段自体は下がっているのに、それでもなお「昔に比べて~・・・」とマイナスの印象で語られてしまうのは飲食業としてはかなり厳しい評価だと思うのです。

中々美味しい牛鍋丼でありました。

吉野家サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/983-e12f4841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。