塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉丼@横浜橋 酔来軒

さて、今日は横浜橋に在る老舗広東料理のお店「酔来軒」さんへ・・・
お店に行くと割に中途半端な時間にも拘らず先客が数組。
取り敢えず開いている席に着いて
酔1
酔2
お品書を眺めてみる・・・
こちらでは「酔来丼 400円」 「チャーシューライス 700円」 「ねぎライス 700円」 「肉団子ライス 800円」 「カレーライス 600円」 「カツ丼 800円」 「天津丼 700円」
と、なんとなく飯ものが続いているので、どうせの事なら飯ものをすべて試してみましょうかという方向性にいつの間にやらなってしまった。
まぁさして拘る様な事でもないのだけれども、どれを頂いても外れは無いでしょうしねぇ。

となると、飯もので頂いていないのは「中華丼 700円」「肉丼 700円」「親子丼 700円」「玉子丼 650円」になりますか・・・
玉子丼は少しシンプル過ぎるかな・・・中華丼や親子丼は美味しそうだけれども大体どう言うものか想像に易い。
となると肉丼ですか・・・肉丼と言うと中村橋に在った「ゑびす屋」さんの「肉丼 600円」みたいなものか、先日惜しまれながら閉店してしまった弘明寺の中華料理店「中華 シゲタ」さんの「肉丼 550円」の様なものか・・・焼きか煮か・・・・
まぁ、どうせ頂く事になるのだから、気になった今これを試すに悪しくない。
と言う事で「肉丼 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
酔3
いつも通りスープともやしのナムルを付けてくれる
って言うか
酔4
酔5
酔6
予想とは全く違ったお姿でしたねぇ。
メニューに「中華丼」が有るから、こういうウマに系のものとは思いませんでした。
具は豚肉、ニンジン、白菜、玉ねぎ、青菜、きくらげ
何気に華やかな色合いの具材である人参が飾り切りされていて見栄えが良いですねぇ。

さっそく頂いてみると、やや胡椒と生姜の風味が立っている。
豚肉は片栗を纏わせてから炒めてあるようで、つるっとした舌触りとくにっとした適度な弾力を残した柔らかい歯応え。
味付けはシンプルながら生姜の爽やかな風味と胡椒のピリッとしたスパイシーさがさっぱりした感じにさせていてくどさは無く美味しい。
下手すると焼肉のたれかなんかで炒めただけの肉が乗っている面白みのないものが出てくるかも?とか少し思っていたのだけれども、さすがにこちらはちゃんと手を掛けた美味しいものを出してくれますねぇ。
そう言えば、今日付けてくれたスプーンは「U.S.N.」の刻印の無い普通のスプーンでしたか・・・

次回は「親子丼 700円」辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/982-ef23ceec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。