塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーライス@若葉町 ふく龍

さて、今日は若葉町に在る台湾料理のお店「餃子会館 ふく龍」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年7月2日に伺って以来と1年以上開いてしまいましたか・・・
そう言えば、最近カレーライスネタを忘れてたぁ・・・と言う事で、こちらのメニューに確かカレーライスが有った様な気がしたので、久し振りに寄らせてもらった次第。

中華料理店でのカレーライスは、曙町の「中華一番」さんで「チキンカツカレー 700円」「カツカレーセット 800円」を頂いたり、井土ヶ谷の「チャイナ飯店」さんで「唐揚げどっさりの「鶏肉カレーライス 840円」、今は無き中村橋の「ゑびす屋」さんの「カレーライス 500円」、曙町の「康楽園」さんの「中華風カレーライス 850円」、後は四川風を謳ったカレーを出してくれる伊勢佐木の「赤とら」さんの「四川風激辛キーマカレー 700円」横浜橋の中華料理店「酔来軒」さんの「カレーライス 600円」曙町の「玉泉亭 本店」さんの「カレーライス 660円」永楽町の「コトブキ亭」さんの「カレーライス 680円」 若葉町「清華園」さんの「カレーライス 500円」 伊勢佐木の「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんの「咖喱牛肉(牛肉のカレー風煮込み 680円」と、存外大した数のお店を回っていないので、良く考えたら別にこだわる必要もなかったような気がしなくもなし・・・

それは兎も角、とりあえずお店へ・・・
お店に入ると先客はお一人。
取り敢えず席に着いてお品書を眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
とお品書はこんな感じ。
「カツ丼 700円」とか「鶏冷しそば 800円」とか魅力的ですよねぇ・・・
とは言え、今日の目的は「カレーライス 600円」と言う事で、こちらをお願いした。

待つ事しばしで到着
福1
中華スープを付けてくれる辺りが、如何にも中華屋さんのカレーって感じで良いですよねぇ。
て言うか、このカレー・・・出てくるまで3分も掛らなかったんじゃないかな・・・・
レトルトカレーを温めるよりも早く、手際よく作ってみせる辺りはやはりプロですねぇ。

カレーは
福2
福3
福4
福5
こんな感じ。
具は玉ねぎと豚肉のみとシンプル。
上にはしっかり火の通った目玉焼きが乗せられている。
パッと見カレー丼ぽい感じの色合いのカレーですねぇ。

玉ねぎは香ばしさが出るほどではないものの、甘みはしっかり出ていてシャキシャキとした歯触り。
カレーは結構ピリッとしたカレーパウダーの風味が立っている。
目玉焼きはしっかりと火が通っていて、これはこれで好きだけれども、やはり半熟の状態のトロットした黄身をカレーに混ぜ込んで頂いてみたい気はしますか・・・

このカレーだと中華スープとの相性も良いでしょうから「カレーそば 600円」なんてのも美味しいかもしれませんねぇ。
次回は「カツ丼 700円」か「鶏冷しそば 800円」を頂いてみましょうか。
中々美味しいカレーライスで有りました。

店名 餃子会館 ふく龍
住所 横浜市中区若葉町1-1
電話 045-251-8900
定休 月曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/979-d49686d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。