塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天津丼@横浜橋 酔来軒

さて、またぞろ横浜橋に在る中華料理店「酔来軒」さんへ・・・
こちらへは先月7月30日に伺って以来と、最近短い周期で立て続けに伺うようになっていますねぇ・・・
こちらでは
「酔来丼 400円」 「チャーシューライス 700円」 「ねぎライス 700円」 「肉団子ライス 800円」 「カレーライス 600円」 「カツ丼 800円」
と、何となく飯ものがシリーズ化してきているので、どうせの事ならとりあえず飯ものはすべて頂いてみましょうかと思い始めている今日この頃・・・

と言う事で早速お店へ・・・
お店に入ると中途半端な時間帯の割りに、先客数組、後からも数組見えられた。
常連さんが多いようで、やはり地元に密着した人気店なのでしょうねぇ。
そりゃまぁお店の方の人柄や接客対応が良い上に、味もお値段もよい感じであれば人気があって当然ですか。
とりあえず席についてお品書きを眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
と、お品書きはこんな感じ。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
んー・・・パッと見目を惹くのは「肉丼 700円」か「天津丼 700円」ですかねぇ・・・・
何となく、今回は何がなんでも肉って気分でもないかな・・・
前回「カツ丼 800円」を頂いたとき、カツをとじた玉子がトロトロの半熟のものではなく、軽いふわっとした感じで結構好みに合ったものだったので、天津丼もきっとおいしいものが頂けるのでしょう。
と言う事で「天津丼 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
天1
天津丼に中華スープ、もやしのナムルのセット
おや・・・今日もスプーンは「U.S.N.」の刻印の入った60年使い続けられているという進駐軍の置き土産のスプーンですねぇ。
どうやらこのスプーン、飯ものをお願いすると付けて下さるようだ。
まぁ、ぼくは比較的空いている時間帯を狙っていく事も有り、ほかのお客さんの注文を聞いていると麺類や定職類、ビールに料理単品といった感じの注文のの方たちが多い事もあるせいなのか、このスプーンに廻り会う機会が多い気がしますねぇ。

さて、メインの天津丼はといえば
天2
天3
天4
天5
こんな感じ。
きれいな半球に整形された天津にたっぷりとたれがかけられていて、如何にも美味しそうですねぇ。
具は刻みチャーシューになると、ねぎとシンプル。
たれは酸味が抑えられた甘みの強いもの。

玉子は、やはりふわっとした軽い感じでよいですねぇ。
具はシンプルながら、入っているのがこちらの手作り叉焼ですからね・・・
そりゃ美味しくて当然でありましょう。
たれも酸味が抑えられていて、あまり酸っぱいものを好まないぼくには好みに合っている。
結構甘みも強いので、お子さんでも喜んで食べそうな感じですねぇ。

やはりこちらも何を頂いても外さないお店ですねぇ・・・
次回は「肉丼 700円」辺りを頂いて見ましょうか。
美味しい天津丼でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

て、てんしんどん ( ̄¬ ̄)
むむむ~ カレーライスと どちらにするか悩みます …

  • 2010/08/24(火) 08:05:21 |
  • URL |
  • 小径のヌシ(^-^) #HvhRBukU
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>小径のヌシさん
コメントありがとうございます。
天津丼、お店自家製の叉焼が入ってますから、やはり美味しいです。
カレーライスも確かに捨てがたいですねぇ・・・

  • 2010/08/24(火) 19:16:49 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/977-baf7604e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。