塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚角煮そば@日ノ出町 第一亭

さて、今日は日ノ出町駅傍に在るもつ系料理に特化した中華料理店「第一亭」さんへ・・・
こちらへは今年6月7日に伺い「たんめん 550円」と「野菜入りもつ味噌煮 400円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
お店の前を通り掛かったら営業されていたので、今日はこちらで頂こうと寄らせてもらった次第。
お店に入ると先客はお一人。
取り敢えず開いている席に着いて、壁に貼りまくって有るお品書を眺めてみる・・・
ちなみにメインのお品書は
もつ1
こんな感じで、これ以外にも壁にたくさんお品書きの短冊が貼られている。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
もつ系料理の特化したお店なので、どうしても「もつ炒め定食 700円」とか「ホルモン炒め定食 700円」に惹かれてしまうのだけれども、前回こちらで「たんめん 550円」を頂いてみたら存外美味しかったのですよね・・・
んー・・・お品書きで目を惹いたのは「炒米粉 700円」「豚角煮丼 700円」「冷し中華 700円」「豚角煮そば 700円」辺りだったのだけれども、やはり肉を行っておきたいですか・・・・
となると「豚角煮丼 700円」か「豚角煮そば 700円」の二者択一・・・
やはり今日は麺類にしましょうと言う事で、最終的に「豚角煮そば 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
第1
第2
おぉ・・・お値段からして、そう大したものを想像していなかったのだけれども、ゴロんとした角煮が4つ5つドカッと乗せられている。
具は豚の角煮、青梗菜、ねぎ、それにフライドエシャロットかな?香ばしく揚げられた甘いものが上に散らされていた。
麺は
第3
やや細めの縮れ麺。
少し固めの茹で上がりにしてあって、ちゅるんとした舌触りが良い感じ。
メインの豚の角煮は
第4
第5
こんな感じ
トロトロの脂身は甘く、肉はギュっとした歯応えで噛むと肉の旨みがにじみ出る。
味付けは割と醤油の風味が強めでシンプル。
特別な味付けではないけれど、これがまた如何にも街中中華的なシンプルなスープのラーメンに良く合って、かなりおしいい。
ちょっと塩見の強い味付けなので、単品で頼んでビールやお酒のの当てにするのも良いかもしれない。

これは「豚角煮丼 700円」の方もぜひ頂いて見たいですねぇ。
次回は「炒米粉 700円」か「豚角煮丼 700円」を頂いてみましょう。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 第一亭
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
電話 045-231-6137
営業 11:00~24:00
定休 火曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/972-eac11588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。