塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒル&皮付焼豚丼@中華街 金陵

さて、今日は何となく思い立ち、久しぶりに中華街へ・・・
人混みが苦手なぼくは余り中華街に足を踏み入れる事は無いのだけれども、夏休み前だし平日なら少しは空いているから・・・と思い寄って見た次第。
実際、今日はさほど混んでおらず人の間を縫って歩くような状態でも無かったですねぇ。
いつもこのくらいなら、もう少し行く機会も増えるのですが・・・

さて、どちらに寄らせて頂きましょうかねぇ・・・と取り敢えず足の向くままに散策・・・・
さほど中華街自体に興味を持たず、来ようと思えばいつでも来れる場所でもあるし、更に最近店の入れ替わりが激しく子供の頃学校帰りに中華街の中で見かけたようなお店もそう多くは無いと言う事もあって、今の中華街のお薦めのお店なんて全く知らないのですよね・・・
取り敢えず歩いてりゃなんぞ目を惹くお店も有りましょう、と言う事でぶらぶら関帝廟通りへ・・・

そこまで来て目を惹いたのが「金陵」さん。
そう言えばこちらも結構な人気のお店でしたよねぇ・・・
一階では持ち帰り用のチャーシューなどの焼きものを販売していて、外目からは中で食べられるようなお店には見えないので観光で来られた方達が入る様な事も無いでしょうし、地元の常連さん達がなだれ込むには些か時間が早いので、ここならのんびり食事が出来るでしょうと言う事で飲食スペースの在る2階へ・・・

中に入ると、やはり先客はゼロ。
適当に席に着いて、出してくれた冷しジャスミン茶を啜りつつお品書きを眺めてみる・・・
飯もの
金1
一品料理系
金2
金3
金4
ドリンク類
金5
と、こんな感じ
て、中国酒各種のところに何気に入っている「トカゲ酒」ってのが妙に気になる・・・

さて、なにを頂きましょうか・・・
とは言え、ここ「金陵」さんと言えば、やはり焼きもの系ですよねぇ。
ネットでの情報を色々拝見するに「チャーシューアヒル丼」が人気のようだ。
やはり1種類よりも2種類同時に頂けると言うのは魅力的。
その上、このお店ならチャーシューが外れの訳は無いし、焼鴨だって間違いなく美味しいでしょうしねぇ。

と言う事で、素直に「チャーシューアヒル丼 小1000円 大1200円」をお願いしようかと思ったのだけれども、
お品書きの一番下に「二種類の組み合わせは自由です」なんて書かれている。
むぅ・・・自由に組み合わせて良いよ、と言われると、やはり悩みどころですよねぇ。
鶏肉好きなぼくとしてはアヒル(焼鴨)は外したくないので決定済みで、あともう1種・・・
もつも美味しそう・・・蒸し鶏も捨てがたし・・・が「皮付き焼豚」なんてめちゃくちゃ魅力的ですねぇ・・・
悩むだけ悩んだ挙句、結局「アヒルと皮付き焼豚の丼 大1200円」でお願いした。

待つ事しばしで到着
金6
どんぶりにザーサイ、これに大根と鶏肉のスープを付けてくれた。
スープはやや塩家が強いものの中々美味しいですねぇ。
メインのどんぶりは
金7
金8
いやもう素敵過ぎるお姿。
大量に乗った皮付焼豚と焼鴨でご飯が見えません。
たれのたっぷりかかったご飯の上には青菜に味付き玉子半玉、それに
金9
如何にも表面が香ばしく焼けてますって感じの焼鴨と皮付き焼豚がドーンと乗せられている。
さっそく頂いてみたら、皮付き焼豚の方は皮の部分がカリカリの薄いせんべい状態になっていて香ばしく、その下の脂身がしっとりして甘みと旨みがたっぷりで、その下の肉はギュっとした歯応えで肉汁たっぷり。
これはもう・・・どこをどう粗探ししたって非の打ちどころも無く・・・
焼鴨の方も表面はパリっとして、これまた旨みたっぷり。
骨までしゃぶり尽くさんばかりの勢いで美味しく頂ける。
いやぁ・・・さすがに焼ものが要ののお店だけあって鴨も豚も死角なしですねぇ。

青菜のシャキシャキとした歯触りも良いし、味付け玉子もこれまた絶品。
本場ぽいスパイスの風味が程良くするご飯にたっぷりかかったたれは、具の味を損なう事無くかと言って負ける事も無くかなり美味い。
皮付き焼豚と言えば伊勢佐木の「山海楼」さんでも頂いた事があるけれども、全くの別もん、と言うか別次元ですハイ
この皮付き焼豚は、お酒がいける人ならお酒の当てとしても楽しめるでしょうねぇ。
こりゃあ人気が出て当然です。

苦手な中華街でも、たまには行ってみるものですねぇ・・・
中華街にお立ちよりの際にはお薦めです、こちら。
次回は蒸し鶏ともつを頂いてみましょうか。
すごく美味しい焼鴨と皮付き焼豚で有りました。

店名 金陵
住所 横浜市中区山下町132番地金陵ビル(関帝廟通り)
電話 045-681-2967
営業 11:00~入店19:30(売店は~20:30)
定休 月曜(祝日の場合は翌日休)
お店サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

タレ

ここで何回か食べていますが、
ご飯にもっとタレをかけてほしいと思っていました。

最近はそれを増やしてくれたのでしょうか。
あのタレが5割増しになると完璧でなのですが。

Re: タレ

>中華街ランチ探偵団「酔華」さん
コメントありがとうございます。
確かにあのタレは、たっぷりかかっていた方が良い
ですよねぇ。
タレの量は割とたっぷり目でしたよ。
ご飯がべちゃ付くほどではありませんが、しっかりと
全体に行き渡るくらいは掛っていました。

  • 2010/07/16(金) 06:02:50 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

くぅぅ~ おいしそぉだ ( ̄¬ ̄)
でも 金陵さんは LO が早くて会社帰りにはキツイのよね

  • 2010/07/16(金) 08:14:22 |
  • URL |
  • 小径のヌシ(^-^) #HvhRBukU
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>小径のヌシさん
コメントありがとうございます。
金陵さんの焼きもの美味しいですねぇ。
やはり持ち帰りがメインなのか、確かに店内飲食の
営業時間は短いですよね。
もう少し遅くまでの営業を希望する声は高そうですが・・・
まぁ、でもこちらは遠方から観光で来られた方々
には持ち帰りは兎も角、中で飲食するお店としては
選択肢に入り辛いお店でしょうから、土日などでも
意外と飲食スペースは空いていそうな気もしますが、
どうなのでしょう・・・

  • 2010/07/16(金) 19:09:15 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

金陵の季節

元町公園プールで、ひと泳ぎして、帰りに金陵で
チャーシューを食べる、幸せな季節となりました。

金陵と同發、それぞれ特徴があって、甲乙つけがたいですが、
平日は同發、土日は金陵に行くことが多いです。

伊勢佐木町の杜記さんのチャーシュー丼は、ちょっと変わっていて、
チャーシューにタレがかかっています。金陵さんの丼のような、
うなぎのタレのようにサラサラしたものではなく、ミソベースの
ようなタレです。これまた独特で、東南アジアの街角で
食べているような、そんな雰囲気の味です。

  • 2010/07/16(金) 20:51:04 |
  • URL |
  • CPH #-
  • [ 編集 ]

Re: 金陵の季節

>CPHさん
コメントありがとうございます。
元町プール・・・懐かしい響きですね。
子供の頃プールと言えば元町プールでした。
周りが木々に囲まれた窪地のプールで、妙に寒々しい
プールでしたね・・・

  • 2010/07/17(土) 21:22:41 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

チャーシュー+皮付き焼豚丼

今日、山下町に所要があり、お昼は金陵で
チャーシュー+皮付き焼豚丼を食べてきました。
チャーシューと焼豚のおいしいこと、おいしいこと....
もう完全無欠でした。、
冬瓜スープもおいしく、大満足でした。

  • 2010/07/24(土) 20:37:12 |
  • URL |
  • CPH #-
  • [ 編集 ]

Re: チャーシュー+皮付き焼豚丼

>CPHさん
コメントありがとうございます。
こちらのスープ、付け合わせのものでも結構美味しいですよね。
一度は単品でちゃんとしたスープも頂いてみたいものです。
皮付き焼豚は皮のサクッとした香ばしい食感がたまりませんね。
叉焼や蒸し鶏も頂いてみたいのですが・・・

  • 2010/07/28(水) 19:48:49 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/945-8ec2af80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。