塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pounamu

さて、たまにはメシネタ以外の事も書いてみよう・・・
ぼくは普段引き篭りな生活をしているくせに、年に1、2度思い立ってぶらっと海外に出る。
何の目的も無く、計画も無く、宿泊もなんも決めず、飛行機のチケットだけを購入して向こうに行き、とりあえず見知らぬ地に自分を放り込んでみる。
後は、その場その場で気の向くままに・・・と言う様ないい加減極まりない個人旅行が好きだ。

そんなこんなで、ここ10年で17、8カ国ほどぶらついてみた。
行った国の中でもっとも好きな国はニュージーランド。
子供の頃から憧れていた国だったし、実際行ってみたら想像通りの風景の広がった素晴らしい国だった。
もう7、8回は行っている気がする。

そのニュージーランドにはPounamu(ポウナム)と言われるものが売っている。
グリーンストーンとかニュージーランド・ジェイドとも言われる、要は翡翠のカービングで、先住民族のマオリたちはこれで武器や道具、装飾品など様々なものを作り生活に重用し、その貴重性の為現在でも一種お守り的な意味合いを持っている。

と言う事で、このPounamuはニュージーランドではお土産としてもポピュラーで、様々なデザインのグリーンストーン・カービングがお店や屋台で売られ、綺麗な深緑の面白いデザインの上、軽量なためお土産として重宝する。

と言う事で、ぼくも行く度にお土産として自分の持ち物として買い込んだので、手元にいくつかもっている。
Pounamuには様々なデザインがあり、デザイン毎に色々な意味合いを持っている。
まぁ、デザイン自体はマオリの伝説などに沿ったもので、後付けでカービングに意味合いを持たせ付加価値を付け加えただけって気もしますが、グリーンストーンそのものは確かにお守りではあったそうです。

さて、持っているPounamuのご紹介。
ふっく

これは「Matauマタウ」と言われるデザインで、マオリ族の神話に登場するマウイという神様が女性のあごの骨で作った釣り針でニュージーランドの北島を釣り上げたという伝説にちなんだ釣り針のデザイン。
平和・安全・決断力などを意味し、旅行のお守りとも。

とり

「Kumara クマラ」
トリプル・ツイストとも言われ、意味は友情の絆」

だぶ

ダブル・ツイスト
「永遠」「無限」

こる

「Koru コル」
「心身の成長」「始まり「調和」

この他にもたくさんデザインがあり、それぞれ意味を持っているのですが、最近ではグリーン・ストーンだけではなく、骨や木で作られた同様のデザインのカービングが売られています。
ほね

ま、さすがに翡翠よりも加工がし易いので凝ったデザインが多いですねぇ。
このくらい凝ったデザインのグリーンストーンは冗談並に高くてお土産を買うような気楽さでは買えませんねぇ・・・

ま、ぼくは単にこの深い緑色が好きなだけで、神秘的な意味合いは求めちゃいないんだけど・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/94-82040505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。