塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒々鶏冷し中華+半炒飯@福富町 元寶楼

さて、今日は伊勢佐木モールから少し福富町側に入ったところに在る中華料理店「元寳楼」さんへ・・・
こちらへは昨年、2009年の5月4日以来と約1年振りになりますねぇ・・・
モールを関内方面に向かって歩いていたところ、路上にこちらの置き看板が置いてありランチメニューの書かれたボードが付いていたので拝見してみたら「棒々鶏冷し中華+半炒飯 700円」とあり、そう言えばこちらで頂いた事が有るメニューって棒々鶏冷し中華ばかりだった気がするのだけれども、これが意外と美味しかった記憶が有るし、今日も蒸し暑いので冷し中華は悪しくない選択ですよねぇ・・・

と言う事で、さっそくお店へ・・・
お店に入ると真っ昼間から宴会を開いているグループ客の姿もあり、思いのほか賑わっている。
こちらって、こんなにお客さんが入るお店でしたっけ・・・
とりあえず置いている席に着いてランチメニューを眺めてみる・・・
が、やはり「棒々鶏冷し中華」が一番目を惹きますねぇ。
と言う事で「棒々鶏冷し中華+半炒飯 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
寶1
冷し中華に半炒飯、杏仁豆腐
デザートの杏仁豆腐は、まぁ正直杏仁の風味も何も無く完全におまけ然としたものですが・・・
半炒飯は
寶2
寶6
こんな感じ
半炒飯となっているけれども、軽めの一人前くらいのしっかりしたボリュームが有る。
パラっとした良い炒め上がりでご飯のだまも味付けの偏りも無い。
が、多分先に大量に作って作り置きしてあったものだったようで、炒飯は冷めてしまっている。
まぁタイミング次第では熱々のものが出てくることもあるのでしょうが、ちょっと残念ですねぇ・・・

棒々鶏冷し中華は
寶3
寶4
寶5
こんな感じ
具は胡瓜にレタス、蒸し鶏
麺は細めの縮れ麺
たれはゴマだれ
と、名前の通り麺の上に棒々鶏を乗せましたと言う感じのもの。

見た目は馬車道に在る中華料理店「福源楼」さんの蒸し鶏と胡瓜の乗った四川風ピリ辛ゴマだれの「冷し中華 800円」に似ているけれども、こちらのゴマだれは結構甘め。
とは言え、べたべたする様な甘さではなく胡麻の風味もたっぷりだし、刻みピーナッツが入っているので香ばしさとカリカリとした食感も加わっていてなかなか良い感じ。

とまぁ、中々美味しい冷し中華なのだけれども、惜しむらくはこちらも温い・・・
中華料理店って、結構麺類の温度に頓着しないお店って多いよねぇ・・・
汁そばのスープがぬるかったりなんてざらだし・・・
ランチだから麺をいちいち氷水で〆る余裕がないってのは分からなくもないけれども、それならせめてゴマだれはちゃんと冷しておきましょうよ・・・
もっとちゃんと冷えてさえいれば、更に美味しく頂けたたはずなのだから勿体ないですよねぇ・・・

中々、悪くない冷し中華でありました。

店名 元寶楼(げんほうろう)
住所 神奈川県横浜市中区福富町東通り5-1
電話 045‐261‐2239
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/930-4b73aeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。