塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷し中華@馬車道 福源楼

さて、今日は馬車道から少しわき道に入ったところに在る中華料理店「福源楼」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年の10月16日以来と結構開いてしまいましたねぇ・・・
昨日のBlogの記事で「冷し中華始めました」の短冊を数店で見かけたと書いたせいか、今日は完全に冷やし中華モードだったのですよ・・・
と言う事で、個人的に冷し中華を頂くならまずはここからな「福源楼」さんへ・・・
こちらの冷し中華が好きで、こちらの存在を知ってからと言うものの毎年必ずこちらで冷やし中華を頂いているのですよねぇ・・・

と言う事でさっそくお店へ・・・
お店へ行くと先客はゼロながら、後から一組見えられた。
適当に空いている席に着くと、すぐにお冷とおしぼり、それに加えて雑誌を一冊さし出してくれる。
こう言う気遣いは有難いですよねぇ。
とりあえずお品書を眺めてみる・・・
源1
源2
お品書きはこんな感じ
これ以外に単品のメニューがいくつか書かれた壁張りのお品書いが有り、この時期は「冷し中華」のメニュー短冊も壁に出ている。

さて、どれに致しましょう・・・
どれにも何も、今日は初手から冷し中華と言う事は決定している・・・
まぁ、何気に「排骨飯(パイコハン) 900円」なんてメニューも気にはなるのですが・・・
やはり今日は初志貫徹と言う事で・・・
「冷し中華 800円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
源4
源5
いやぁ・・・何度見ても美味しそうですよねぇ。
こちらの冷し中華は、良く見かける酸味のある醤油ベースのたれではなくピリ辛胡麻味噌の四川風。
具は
源6
蒸し鶏にきゅうりとシンプル
麺は
源7
そうめん並の細さのストレート麺。
子供の頃って、ちょっとお高い感じの中華料理店産の麺と言えばこのくらい細いストレート麺を使っていたイメージが強いのだけれども、最近ではこのくらいまで細い麺はあまり見かけない気がしますねぇ。

この冷し中華が、またえらく美味しいのですよ。
胡麻の風味たっぷりのピリ辛タレが、意外と腰のある細麺に良く絡んで最高なのです。
程よい歯応えと適度に残された鶏皮の甘みと旨みのある蒸し鶏がこれがまた・・・
胡瓜のシャキシャキとした小気味よい歯触りと清涼感が口の中をさっぱりさせてくれますしねぇ。
やはり、今まで頂いた中では個々の冷し中華が一番好きですねぇ。

こちらのお店は、例年10月中頃までと、結構長い期間この冷し中華を提供してくれるのが有難い。
今日も美味しい冷し中華でありました。

店名 福源楼
住所 神奈川県横浜市中区常盤町5丁目64
TEL 045-671-0376
営業 11:00 - 14:00 17:00 - 22:30
定休 日曜・祝日
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

うむむ。。。

ピリ辛胡麻味噌味の冷やし中華も良さそうですね v-353

  • 2010/06/14(月) 07:52:01 |
  • URL |
  • 小径のヌシ(^-^) #HvhRBukU
  • [ 編集 ]

Re: うむむ。。。

>小径のヌシさん
コメントありがとうございます。
福源楼さんの冷し中華、結構人気が有るようです。
良くある冷やし中華とも違いますし美味しいですよ。

  • 2010/06/14(月) 19:41:09 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/917-1dae57b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。