塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい旅行写真

随分懐かしい写真が出てきました。
20001年2月のニュージーランドとバリに行った時の写真。
懐かしいですねぇ・・・
て、自分のサイトの旅行記に加えるネタのはずだったんですが・・・

ニュージーランドは、ぼくが最も好きな国であります。
子供の頃、TVで見た大草原に羊が戯れているいかにもな雰囲気の映像が、大人になっても憧れの地として記憶に残ってたんですよねぇ・・・
空が綺麗で、雰囲気がのどかで・・・・
子供の頃に憧れた国で、大人になって行ってみたら、これまた記憶の中そのままの風景が広がっておりました。
7、8回は行ってるでしょうか・・・・ここ3年ほどいけてないのが残念だ・・・

そら

ニュージーランド国内をバスで廻ったりするのが好きなんですが、これはそのバスの中から撮った写真。
先住民族のマオリ族は、ニュージーランドを「アオテアロア」と称しておりました。
意味は「長き白雲のたなびく地」

きょうかい

北島の西側ニュープリマスと言う街に有った古めかしい教会。
雰囲気有りますねぇ。
ニュージーランドにある石造りの教会としては一番古いものだそうです。
この街は、観光客も少なくのんびりした田舎町と言う感じでしたねぇ。

ごりら

西側にあるニュープリマスからバスに乗って東へ数時間・・・
東側にあるネイピアと言う街に有った妙な建物。
この街はアートな街と言うイメージ作りをしてるらしいです。
海岸沿いの町ですが、確かに変わったデザインの建物が多かったですねぇ。
でも、一番の思い出は、泊まったバックパッカーズホテルで、夜中の3時に非常ベルが鳴り出し外に避難したことでしょう・・・
南半球の2月ですから夏なんですが、海沿いですし夜は結構冷えるんです、ここ・・・
その真っ暗な寒空の中、消防の許可が出るまで外にほっぽり出されていたんですが、ぼくはまだましで外国人旅行者の中には下着姿にタオルケット巻いて逃げてきた人も数名・・・
結局ベルの誤作動だったんですが、夜中にこれはたまりませんねぇ・・・
いやいや、今となっては良い思いでですな・・・

ばり1

ばり2

ばり3

これはバリ島。
何でバリになんかと言えば、この時はガルーダ・インドネシア航空を使用したため、帰りがけにバリでストップオーバーをしてみたんです。
この綺麗な海は、観光会社が所有している島らしく、ツアー参加という形をとらないといけません。
こう言うところ以外の、その辺の海でボーっと座ってると、あっという間に物売りに囲まれます・・・
つかね「みつあみ、みつあみ」言われても困るんですが・・・笑
バリはえらく物価が安く食事も美味しいところでしたが、道の露天で買ったミネラルウォーターの蓋が何故か最初から開いていたりしました。
ある意味危険な街です・・・笑

バリは兎も角、ニュージーランドにはまた行きたいなぁ・・・
つか、いい加減サイトの方も、そろそろ更新しておこう・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/88-2e35d3e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。