塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛筋刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、久しぶりに四川料理と刀削麺なお店「華隆餐館」さんへ・・・
こちたへは昨年の11月25日に寄らせて頂き「四川担々刀削麺 750円」を頂いて以来と、結構間が空いてしまいましたねぇ・・・
肌寒いし、なんとなく辛いものでも食べようかなんて思い立ったので、久しぶりにこちらに寄らせてもらった次第。
お店に行ってみるとそこそこ賑わっていて、後からも続々とお客さんが見えられた。

ので、テーブル席ではなくカウンター席の方へ着いてお品書を眺めてみる・・・
んー・・・辛いものが食べたいと言っても、こちらの辛いものって微塵も容赦がないのですよねぇ・・・
余り辛過ぎるものもきついかな・・・と言う事で「牛筋刀削麺 800円(だったかな?)」をお願いした。
不思議なのは、もう開店時間より30分以上経過している時間だと言うのに調理を担当される方の姿が厨房にない事なのですよねぇ・・・

結局、厨房担当の方が姿を現したのはぼくが注文してから15分以上経ってからだった。
先に入られた方々のものは既に出されていて皆さん食事中。
と言う事は、先に注文された方々のものを作った後に店をいったん出たってことなのでしょうねぇ。
その間、続々と見えられたお客さんたちも待機中。
このお店の厨房担当の人は相変わらずマイペースだ・・・

そうこうしていると調理担当の方が見えて、さすがの手際の良さで注文のものをちゃちゃっと完成させて目の前へ・・・
麺1
麺2
麺3
んー・・・美味しそうですねぇ。
具は牛筋煮込み、きくらげ、香草(コリアンダー)
スープは豚骨ベースの白濁したもので、これがまた美味しいのですよねぇ。
麺は端はピロピロ、真ん中はむちっとした食感のコントラストが面白い刀削麺。。

牛筋煮込みの辛い味付けのたれがスープに溶け込むと適度な辛味になる。
牛筋は柔らかく煮込まれていてプルプルな食感で旨みもたっぷり。
ただ、以前に頂いた時に比べると、牛筋にやや獣臭さを感じた。
まぁ、牛筋って元々臭みの強い部分でですし、久しぶりだったからそれを強く意識しただけかもしれませんが。

コリアンダーは正直苦手なので、注文時に抜いてもらうようにお願いしておけばよかったか・・・
ここ最近、伊勢佐木モール沿いの中華料理店「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんや、伊勢佐木モールから少し日ノ出町駅方面へ向かったところに在る手打ち手延べラーメンの店「興隆軒」さんなんかでも刀削麺を頂けるようになったのだけれども、こちらのお店はスープからして独特ですし、ちょっと頭一つ抜けてますよねぇ。

帰りがけに壁に在るお品書きの中に「ホルモン刀削麺 800円」なんて魅力的なメニューを発見。
あら…これは気が付きませんでしたねぇ・・・
次回はこの「ホルモン刀削麺 800円」を頂いてみる事にしましょうか。
相変わらず美味しい刀削麺dねありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 月曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/862-443b9889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。