塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー南蛮うどんセット@伊勢佐木長者町 桧岐

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木長者町駅そば、とんかつのお店「かつ乃家」さんの並びに在るそばとうどんのお店「桧岐(ひのき)」さん。
以前からお店の存在は知っていながらも中々伺う機会がないままになっていたお店だったのだけれども、今日通り掛かったら入り口にランチセットのメニューの書かれたボードが下がっており「まぐろ漬け丼セット 950円」「カレー南蛮セット 800円」とあったので、この雨の落ちて寒い中ではカレー南蛮は魅力的ですよねぇ・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると手前に4人掛けテーブル席が2つ、奥にもいくつかテーブルが置かれているようで意外と広い。
先客はゼロで後からお一人見えられた。
適当に席に着くと温かいほうじ茶を出してくれる。
んー・・・体が温まって良いですねぇ。
とりあえず表で見た「カレー南蛮セット 800円」をうどんでお願いした。

出来上がりを待つ間にお品書を眺めてみる・・・
品書2
品書3
品書4
あら・・・この辺では珍しく?「にしん 950円」なんてあるのですねぇ・・・・
にしんそばと言えば京都ですが、京都ってうどん中心のイメージが有るけれども、にしんはうどんではなくお蕎麦なんですよねぇ・・・
こちらはお蕎麦かうどんは注文時に選択して伝えるのだけれども、にしんをうどんで頂くなんてのも面白かったかも・・・
そう言えば店名の「桧」ってぼくが通った高校の校章だったなぁ・・・
あれから18年ですか・・・望外に長生きしてしまったね・・・・心が平穏である内に早く消え去ってしまいたいのに・・・・・
などと取り留めもなくどうでも良い事を考えていると
咖#21937;1
セットが到着
カレー南蛮、ごはん、漬物
漬物は胡瓜、蕪、白菜と3種類入っていて漬かり具合がちょうど良く特に白菜のつけものは好みに合っていましたねぇ。

さて、メインのカレー南蛮と言えば
咖#21937;2
咖#21937;3
咖#21937;4
こんな感じ。
具は豚肉と玉ねぎのみとシンプル。
うどんは手打ちではなさそうだけれども、意外と腰が有りつるっとした舌触りにクニっとした適度な歯ごたえが良い感じ。
汁はしっかりしたお出汁の風味を感じるもので適度にカレーの風味も利いている。
やはり、今日みたいに寒い日にはこう言うとろみの付いた熱々のおうどんは良いですねぇ。

それにしても「カレーうどん」ではなく「カレー南蛮」となっていたので長ネギかと思ったのだけれども玉ねぎでしたか・・・
こちらには「かも南蛮 1250円」と言うメニューも有るようなので、まさかかも南蛮に玉ねぎは使わないでしょうから長ねぎの用意はあると思うのだけれども・・・
個人的にはカレー南蛮やカレー丼の様な和風のお出汁には長ねぎの方が合うと思うのですけれども、実は一般的にはカレー南蛮って玉ねぎ仕様という認識の方が強いのでしょうか・・・

まぁ、その辺はお店の流儀ですから致し方ないところですねぇ。
うどんを頂き終わった後は、ご飯を丼に投入して即席カレー南蛮おじやにして最後まで美味しく頂いた。
次回はにしんそばでも頂いてみたいですねぇ。
中々美味しいカレー南蛮でありました。

店名 そば処 桧岐(ひのき)
住所 横浜市中区長者町5-59
電話 045-261-9462
営業 平日11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
   土曜・祝日11:00~16:00(ラストオーダー15:30)
定休 日曜
お店サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/832-633599a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。