塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もつ煮定食@中村町 埼玉屋食堂

さて、移転前のBlogでお奨め頂いていた(つか、ほぼ一方的な人柱扱いだな)中村町の「埼玉屋食堂」さんに行ってきました。
いや、本当は八幡町の焼きそば&おでんのお店「磯村屋」さんに行くつもりだったんだけど、お店に入ったら満席だったもので、それならと言う事で行ってみた次第。

みせ

お店はこんな感じ・・・
まぁ、この外観を見れば大体中の様子は予想がつこうと言うものでありましょう。
ちょっと躊躇しつつも思い切って入ってみる・・・

プラ天板の長机にちゃちなイス、かもし出す雰囲気はまごう事なき昭和真っ只中。
大相撲中継を見ながら、ああでもないこうでもないと即席解説者団体・・・
誰も食事なんぞしておらず、水には見えない飲み物をぐいぐいと・・・・
まさにオヤジのサンクチュアリであります。

まぁ、ぼくも物好きな方で色々な店に行っておりますが、こちらのお店がと言うかお客がかもし出す雰囲気は異空間を感じます。
が、まぁ、もう入ったのだから今更出ていく訳にも行きません。
と言う事で、開いているテーブルの席につきメニューを眺める・・・

めにゅ

メニューはこんな感じ。
壁にもお品書きが張り出されている。
なんとなく、この手のお店のお刺身定食は期待できそうに無い。
かといって酢豚ってのもなぁ・・・

で、壁のお品書きに目をやると「もつ煮定食 650円」の文字。
こう言うオヤジ臭ムンムンのお店ならモツ煮は凄く美味い物が出てきそうな・・・
と言う事で「もつ煮定食 650円」を注文。

出てくるのを待っていると、ご主人が来て「ニンニク入れますか?」とお聞きになる。
ニンニクが入っている方が美味しそうな気がしたので「入れてください」とお願いした。
つか、作り置きの物をそのままよそって出すんじゃなくて、ちゃんと最後に一手間入れてくれるのね。。。
これはちょっと意外。

さて、待つ事しばしで定食到着。
定食

山盛りご飯に蜆の味噌汁、大根の煮付けにもつ煮。
一味唐辛子も一緒に出してくれるのは嬉しいですねぇ。

さてメインのもつ煮
もつ

おぉ・・・すんごい美味そう。
具はもつとこんにゃく、上に長ねぎが散らしてあるだけのシンプルなもの。
汁っ気たっぷり、具たっぷり。
こりゃあ、想像以上のものが出てきました。

当然、もつから一口・・・
おぉ・・・これまた目茶目茶柔らかい。
くにゅっとした歯応えと口に流れ込むもつ独特の癖のある脂の旨み。
こりゃあ美味い。
味噌味の汁もかなり良い感じで、一味を振るとさらに味が閉まってコリャ最高。
ニンニクの風味も強くて、これまた良く合いますねぇ。
腸系だけではなくレバーなども入っていて、いろいろな感触と旨みが楽しめた。

蜆の味噌汁は、やや煮詰まった感じはあったが、大根の煮付けはしっかりお出汁が染みて美味いですねぇ。
予想外に美味しかったんであっという間に完食致しました。

んー・・・ここは煮込み系は結構美味しいかも。
今度煮魚定食で行ってみようかな・・・
満足の行く食事でありました。

店名 埼玉屋食堂
住所 神奈川県横浜市南区中村町2-113
電話 045-251-6326
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/8-f6ec2884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。