塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨田舎汁そば@山元町 仙良菴

さて、今日は年の瀬もどん詰まりの大晦日。
本年も当塵壺日誌への御訪来ありがとうございました。
かような書き捨て文章の塵壺ですが、また来年もお暇潰しにでも覗いて頂ければ有り難く思います。
それでは皆様、善きお年をお迎え下さいませ。

さて、年末のご挨拶も済んだところで・・・
本年たぶん最後の食事ネタ投稿・・・
大晦日と言えば、やはり年越し蕎麦。
これでも日本の文化を愛する日本人ですから、えぇ。
などとは御大層な思いもございませなんだが、定番中の定番と言う事でお蕎麦を頂きに・・・
昨年の大晦日には、とうとう閉店の運びとなってしまった中村橋の「ゑびす屋」さんで年越し蕎麦に「おかめそば 500円」「カレーライス 500円」を頂いたのでしたねぇ・・・

さて、この辺でお蕎麦と言えば、真っ先に思い浮かぶは三吉橋に在る有名蕎麦店「小嶋屋」さんなのですが、今日は恐ろしく混むのでしょうねぇ・・・
となると、こちらも混みそうではあるけれども、目立たない場所に在るだけにもしかしたら余裕ある鴨と言う事で、先日2回ほど寄らせて頂いた山元町に在る美味しい蕎麦店「石臼挽き手打ち蕎麦 横浜 山本」さんで頂こうと言う事で、早速バスに乗り山元町へ・・・

思いの外道が空いていたせいか山元町2丁目に到着すると、まだ山本さんの開店時間には5分ほど早い。
んー、まぁそれならこの辺を少しぶらついて時間を潰しましょうか・・・
と思って徘徊を始めようとした時に目に入ったのが、同じく山元町に在る美味しいと表お晩の蕎麦店「仙良菴(せんりょうあん)」さん
確かネットの情報では12時近くの開店となっていたはずなのだけれども、今日はお蕎麦屋さんフル回転な大晦日と言う事も有ってか11時半前で既に暖簾が掛っている。

あら・・・と思ったら、前を歩いていた二人連れの方々がそのまま店内へ・・・
やはり、今日は常よりも早く開店していらっしゃるようだ。
今日の目的のお店は「横浜 山本」さんだったのだけれども、こちら「仙良菴」さんでも一度頂いてみたかったのですよねぇ・・・
まぁ、1年最後の食事ネタ投稿になりそうだし、それなら一見のお店で締め括る事に致しましょうか・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると、先客は先に入られた二人連れのお客さんだけだったのだけれども、次から次へとお客さんが入り、店内には座敷席2つに4人掛けテーブル席3つは有るのだけれども、ぼくが出る頃にはお待ちのお客さんが数名いらっしゃった。
さすが地元有名店・・・

さて、今日は大みそかと言う事も有ってか出せるメニューが絞られているようで、カウンター上のお品書きにもいくつか付箋が張られていた。
さて、年越し蕎麦なので、普通なら天せいろが第一選択肢でしょうし、実際天せいろを注文される方が多かったのだけれども、なにせぼくは海老が苦手ときている・・・
海老が入って無さそうなメニューは・・・

とお品書きを眺めると「鴨田舎汁 そば・うどん」と言うメニューが目を惹いた。
良くある「鴨南せいろ」も有ったのだけれども、何となく田舎と言う言葉の響きに惹かれる・・・
田舎汁そばって事は、付けそばではなくやはり温かい汁に入った汁そばなんでしょうねぇ・・・
今日はこれを頂いてみましょうかと言う事で「鴨田舎汁そば 1150円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
あら・・・
汁そばではなく付けそばでしたか。
まぁ、元々はせいろ系で行くつもりだったのですから、むしろうれしい誤算でしたが。
お蕎麦は
そば
汁2
こんな感じ。
田舎そばと言うと、もっと太めの色の濃いものを想像したのだけれども、繊細で綺麗な見た目のお蕎麦ですねぇ。
それでいながらしっかりした腰と、風味豊かな蕎麦の香りを楽しむ事が出来る。
割に風味が強いつけ汁にも負けて風味が飛ぶ事も有りませんでしたねぇ。

さて、そのつけ汁はと言えば
汁1
汁3
熱々の状態ですねぇ。
上には、如何にも旨みタップリそうな脂が浮いております。
具は鴨肉と長ねぎ。
たぶん鴨南せいろとの違いは、お蕎麦が田舎そばに代わるかどうかという事なんでしょうねぇ。

早速頂いてみると、やや甘みが強い。
かと言って決して変に不自然な甘みではないので、これはこれでお蕎麦にもちゃんと合っていて美味しい。
鴨肉のキュッとした歯ごたえと旨みは最高ですねぇ・・・
なんとなく、このつけ汁を玉子でとじてご飯の乗せたら、めちゃくちゃ美味しい丼物が出来上がりそうな・・・

こちらも蕎麦湯を用意出してくれるので、お蕎麦を頂き終わった後の鴨つけ汁は蕎麦湯で割って最後まで美味しく頂いた。
やはり、こちらは噂通り美味しいお蕎麦の頂けるお店でしたねぇ・・・
そう言えば、お隣の席の方がカレーそばを食べていたのだけれども、これがまたやたらに美味しそうな香りが漂ってきていましたねぇ・・・
今度伺った時には、カレーそばを頂いてみる事に致しましょう・・・

美味しい年越しそばでありました。

店名 仙良菴(仙良庵)
住所 横浜市中区山元町3-145
電話 045-651-2310
営業 11:50~19:00
定休 月曜
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/793-aef75916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。