塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーメガウェンディーズ&チリチーズフライ@野毛 ウェンディーズ

さて、今日は今月末で全店舗完全閉店となってしまう予定のハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」さんへ・・・
こちらへは完全閉店のニュースを聞き1週間前にもうかがって「ダブりウェンディーズとチリチーズフライのセット」を頂いた。
それが最後になると思っていたのだけれども、閉店前の緊急企画「スーパーメガウェンディーズ」再販決定なんてニュースをネットで見てしまい、どん詰まりのもう一押しで再訪する事に・・・

お店に行くと、さすがに駆け込み需要が高く、結構賑わっている。
さて、この「スーパーメガウェンディーズ」の再販はネットでニュースとして流れた物の、なぜかウェンディーズさんのサイトには告知されていない上に、サイト上のメニュー一覧にも商品が出ていない。
まぁ、駆け込み需要が高い現状で、この話題性の高いメニューを大々的に投入すると予定期間より大幅に前倒しで売り切れとなってしまう可能性が高いからなのかもしれませんねぇ・・・

さて、お店に入り注文しにカウンターに行くと、カウンター上に置いて有るメニュー一覧にはきちんと「スーパーメガウェンディーズ 550円」が存在していた。
単品は550円、ポテトM+ドリンクMのセットなら880円との事。
ふむ・・・やはり今日が最後の最後になるだろうからという事で、このセットに+100円でポテトをチリチーズフライに変更してもらった。
「スーパーメガウェンディーズ&チリチーズフライ&ドリンク 980円」

商品を受け取り、空いている席へ・・・
せっと
今回は、前回よりもボリュームのあるハンバーガーの為、チリチーズフライもドリンクもMサイズのまま。
ドリンクは、相も変わらずメロンソーダをチョイス。

ちり
ちーず
チリチーズフライMサイズ
なんとなく、前回頂いたLサイズのチリチーズフライよりもバランスご良いかも。
て言うか、こんな高カロリージャンクフードは、このくらいのサイズで抑えておいた方が良いですねハイ

さて、件の再販ハンバーガーはと言えば
SMW.jpg
でか・・・
包みを開けてみると
SMW1.jpg
ドン!
SMW3.jpg
ドンッ!!
SMW2.jpg
ドドンッ!!!
と・・・
物の見事に分厚なパテが3枚重ね・・・
ニュース記事に有る商品説明では
「「スーパーメガウェンディーズ」は“メガ盛り”ブームの2007年に期間限定発売。1枚100gのパティ3枚に加え、その間に挟まれた2枚のチーズ、ベーコンやレタス、トマト、玉ネギ、ピクルスが入ったボリュームたっぷりのバーガーだ。パティ300g、バーガーの総重量約380gというビッグサイズにトリコになった人も多いはず。」
なんて書かれている・・・
メガマック? クォーターパウンダー?
敵じゃございませんですハイ

パテ1枚100gで合計300gのパテが挟まれているハンバーガーって・・・
チーズやらベーコンやらトマトやらもしっかり挟まっていて、総重量380g・・・
冗談並みですねぇ・・・
ちなみに、前回頂いた「ダブルウェンディーズ」は
うぇん3
名前の通り2枚のパテ・・・
これを更に凌駕すると言うのだからシャレになりませんねぇ・・・
比べるとダブルウェンディーズが小さく見えてしまうところが恐ろしい・・・

かぶりつくのも大変で・・・
頑張って齧り付けば、そりゃもう肉・肉・肉って感じですよ・・・
これで意外と肉がパサ付かず、結構ジューシーな肉汁の美味しさを感じられると言うのも凄いです。
まぁ、肉好きにはたまりませんでしょうねぇ。
どう見てもやり過ぎですが・・・
もはやバランスも減ったくれも有りませんが、肉を目一杯頬張る至福の時を味わえます。

いやぁ・・・これはすごい。
最後にこういう豪快なハンバーガをを打っていたと言うイメージを残しておけば、「バーガー・キング」さんのように日本再上陸って話もそう遠くない未来に有りえそうですねぇ。
んー・・・これまた大変満足なるハンバーガーで有りました。

店名 ウェンディーズ 野毛店
住所 横浜市中区野毛町3-160-4 ちぇるる野毛1階
営業 8:00~21:00
ウェンディーズ サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/784-226e943b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。