塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天津飯@伊勢佐木 帯広亭

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る豚丼のお店「帯広亭」さんへ・・・
いや・・・豚丼のお店と言っても牛丼チェーンで見かけるそれではなく、北海道の方で食べられていると言う味付けしてあぶった豚の切り身をご飯の上に乗せたものなのですが、思いの外こちらでは受けなかったのか今や当初お店一番の売りだったはずの豚丼は影を潜め、中華そばやカレーライスなどを出し始めていらっしゃいましたが・・・

今日、お店の前を通り掛かりに店頭に貼って有るメニューを見てみたら「通常の二倍の大きさの餃子」の提供をお始めになったようで「餃子2個 120円」「餃子5個 240円」やら「餃子定食 490円」と言うメニューも出来たようだ。
そのうえ「天津飯 360円」まで・・・
どうやら品揃えを完全に中華屋さんスタイルのそれに変化させ始めたようですねぇ。

まぁ、実際伊勢佐木界隈では牛丼やかつ丼、天丼などを格安で提供するチェーン店がいくつもあり、その中でやや高めの豚丼一本で勝負するには厳しいですよね・・・
餃子は先日、星川の「横浜とんとん」さんで美味しいものを頂いたばかりなので、あそこのお味の余韻が残っている今の状態で頂いてもねぇ・・・

となると「天津飯」ですか。
これまた360円とえらくお安い。
天津飯ならどこで頂いても、まず外れる事はないですからねぇ。
と言う事で、階段を上り店内へ・・・

お店に入ると先客はゼロ。
こちらは食券制のお店なので、先に券売機で「天津飯 大盛 460円(普通盛は360円)」の食券を購入し、店員さんに渡して~、適当に空いている窓際の席へ・・・

待つ事しばしで到着
天
津
飯
見た目は、とても500円以下とは思えないほどしっかりした天津飯ですねぇ。
まぁ、さすがに具の方は刻みきくらげとねぎのみとシンプルではありますが、天津はご飯を覆うほどしっかりとした厚みと大きさのボリュームが有ります。
まぁ、天津飯と言うよりも中華風玉子丼と言うに近いでしょうか?

中華餡もたっぷり。
中華餡は甘しょっぱい風味のしょうゆベースのタレで酸味はかなり控え目。
玉子は良い感じにトロトロの状態で、これ普通に美味しいです。
確かに材料は天津飯と言うにはシンプル過ぎるほどシンプルですが、作り方がおざなりではなくて、天津もちゃんとベストな状態のトロトロ具合ですし、餡のお味も良い塩梅。
ボリュームもしっかりあって、これで460円なら十分ですよねぇ。

これなら、餃子の方も意外と美味しいものを出してくれるかもしれませんねぇ。
こちらのお店、未だにややしっかりした方向性を試行錯誤して模索中と言った感じではありますが、お味の方も悪くないですし、お値段も当初に比べれば随分と周辺低価格路線のお店に合わせてきた感じなので使い勝手はどんどん良くなってはきているのですよねぇ。
まぁ、餃子の方は今度頂いてみましょう。
中々美味しい天津飯でありました。


店名 帯広亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町2-62 2F
電話 045-260-5890
営業 日月火水木は11:30~21:00 
    金土は11:30~23:00
お店サイト(帯広亭さんの情報は消えてますが・・・)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

そぅいえば

久しく食べていなぃなあ ~ 天津飯 に 天津甘栗 v-521

Re: そぅいえば

>小径のヌシさん
コメントありがとうございます。
天津飯は時々食べたくなりますねぇ。
天津甘栗は・・・中華街に行けば試食がうるさいくらいに
いますが・・・
あれ、押し売りまがいで問題になってるらしいですねぇ・・・

  • 2009/12/10(木) 20:42:29 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/766-b25a6b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。