塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代ザ・シチズン(TheCITIZEN 1st MODEL)

さて、久しぶりに時計の話題なんぞを・・・
初前
初裏
↑写真の時計は国産時計会社「シチズン」さんのフラッグシップモデル「ザ・シチズン(TheCITIZEN)」のファーストモデル。
ザ・シチズンと言う時計は、シチズン社がその技術の粋を集め1995年に販売を開始したクォーツ最高性能の時計。

ちなみに通常のクォーツ時計はカタログ数値でも月差が15~20秒。
それをシチズン社は年差わずか5秒と言う圧倒的な高性能を実現させた。
もちろん現在は電波時計など、その誤差わずか10万年に1秒という冗談並みの正確さを誇るセシウム原子時計の置かれた送信局から送られてくるデジタル信号を受信して自動的に時計の誤差を調整する機能を持つ腕時計もあるのだけれども、そう言う機能を持たず普通に作れば月差15秒の誤差が出るものを、あれこれ工夫して年差5秒と言う誤差にまで縮めて見せた凄い時計だったりするのです。

で、その初代モデルが発売されたのが1995年。
ザ・シチズンは少しずつ改良を重ねながら毎年1000凡程度販売されている。
で、この初代モデルはずっと探していたのですが、驚いた事に未使用新品と言うデッドストックの状態で見つかったので購入しました。

実のところザ・シチズンは
すぽ前
すぽ裏
↑2002年発売のスポーツタイプ
これはスポーツタイプの為、リューズガードが付いた200m防水仕様モデル。
通常のモデルに比して随分とごつく、金属塊のような印象。
ちた前
ちた裏
↑2007年発売のチタン+K18コンビモデル
チタンってめちゃめちゃ軽い・・・
余りk18コンビって好きではないのですが、デザインの良さと価格を見て勢いで、つい・・・
と、これで3本目だったりするのですが・・・
まぁ、同じザ・シチズンでも、それぞれ顔が違いますからね・・・

中の機械も違っていて
初代ザ・シチズンには「0350」と言う機械が
2002年と2007年のザ・シチズンには現行のザ・シチズンにも搭載されている「A660」と言う機械が使われている。
両方とも、当然年差5秒なのだけれども、分かり易い違いは2点。
A660の場合、バッテリーの残量が不足してくると電池切れ予告報知機能として秒針が2秒ずつステップするのだけれども、初代モデルに使われている0350にはその機能は付いていないと言う点。
もう一点は
A660搭載機種には
すぽ横
ちた横
竜頭の上にプッシャーが付いていて、これでカレンダー(2100円までの永久カレンダー機能)の調整をする事が出来るようになっているのだけれども、
初横
↑ファーストモデルが搭載している0350にはそのプッシャーが付いていない。
と言う2点が大きな違い。
まぁ、もっと細かい部分、時差調整法の違いとかそういう有るのかもしれないけれども、さすがにそこまで専門的な事は分かり兼ねますが・・・

さて、この初代ザ・シチズン・・・
未使用新品とは言え、販売からすでに14年が経過している・・・
一応、購入した時計屋さんの方で、受け渡し前の点検などはしてくれているのだけれども、このザ・シチズンと言う時計はさすがにフラッグシップモデルだけあって、永久修理対応及び10年間無償点検修理サービスが付帯している。
ので、取敢えず一度シチズンさんの方で点検調整などしてもらおうかと思っているのだけれども、無償点検サービスは10年間・・・

この時計の販売は1995年・・・未使用新品を購入したと言えど、その無償サービス対応をしてくれるのかどうか怪しかったので、先にシチズンさんに問い合わせたらやはりと言うか当然と言うか「1995年の販売商品ですので、2005年で無償対応期間は過ぎております。点検は5250円にて承ります」とのご返答・・・
まぁ、そりゃそうよね・・・
もう少し面白い経緯が問い合わせ返信メールには書かれていたのだけれども、どうやら内容の転載は勘弁してくれとのことなので、それは控えておこう・・・
それでも永久修理対応という制度は有りがたい。

なんぞ最近国産時計ばかりが増えてきた・・・
と言うかたぶんシチズンさんの時計だけでも10本近くあるんじゃなかろうか・・・
まぁ、自分の手の届く範囲で趣味を楽しめると言うのは良い事です。
縁あって手元に来たこの初代ザ・シチズンも大切に使って行くと致しましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント

シンプルなところが

シックで、カッコいいですね。

自分も時計が好きで、結構、持っていて、よく、腕は2本しかないのに、そんなに持っててどうすんのっていわれますが、持ってることが、うれしいですよね。

  • 2009/12/07(月) 23:41:21 |
  • URL |
  • KUMA #Z3TmYJcQ
  • [ 編集 ]

Re: シンプルなところが

>KUMAさん
コメントありがとうございます。
ザ・シチズン、シンプルでとても良いです。
ミニッツリピーターや永久カレンダー、果てはグランドコンプリケーションまで
安価なクォーツで作り上げてしまうシチズンさんですが、シンプル高性能と言う
時計屋本来の部分もしっかり発揮してくれる良いメーカーです。
時計と言うのは趣味にしてしまうと際限なく増えていってしまいますね・・・
いくらか減らしたはずなのですが、それでもまだ30本は手元に有るような気が
します。
時計は道具ですから、使わない事には意味が無いのですが・・・

  • 2009/12/08(火) 18:47:34 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

信頼できる相棒

1999年に購入しました。自分のには「A610」と記されています。購入の数年後に無償点検を受けましたが、その後引越して住所変更を連絡しなかったので、何のメンテナンスもせずに使い続けたところ、数日前についに止まっていることに気づきました。シチズンに連絡したら10年を約半年オーバーしていましたが、最後の無償点検をしてもらえることになり助かりました。1度の無償点検実施を除けば、この10年間ほったらかしでも5秒以上ずれたことがなく、信頼できる相棒になりました。末永く使い続けたいです。

  • 2010/06/29(火) 20:53:53 |
  • URL |
  • しまやん #-
  • [ 編集 ]

Re: 信頼できる相棒

>しまやんさん
コメントありがとうございます。
ザ・シチズン、シンプル・高性能で本当に良い時計ですよねぇ。
まぁ、トルクの負担軽減のために針が若干短くて、デザイン
バランスがいまいちではありますが・・・
10年間無償保証、生涯修理対応なんて、他メーカーでは有り
得ないですからねぇ・・・
有難い事です。

  • 2010/06/30(水) 06:23:07 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/765-cd2389ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。