塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマー麺@和田町 八操園

さて、今日は随分と久しぶりに和田町商店街入り口角に在る中華料理屋「八操園」さんへ・・・
Blog以前に使っていたWeb日記の投稿記録を漁ると、こちらに最後に寄らせて貰ったのが2004年の3月2日となっているので、実に5年半振りと言ったところでしょうか・・・
基本的に平日は朝昼食を食べる習慣が無いので、平日昼間に行き易い位置に在るこちらにも、中々うかがう機会が無いのですよねぇ・・・

その上、こちらはカウンターのみ5~6席の小さなお店で、なおかつかなり人気のあるお店なので昼時はかなり混んでいるので、せっかく昼食を食べようと思い立って外に出ても、こちらで頂く機会は逸し続けていたのですよねぇ・・・
今日は昨日よりもさらに風が冷たく冷えるので、何か温まるものをと思った時にこちらのお店を思い出したので、この機会に久しぶりに寄らせて頂こうと思った次第。

お店に行くと、時間が中途半端な為先客はお一人、後からもうお一人お見えになった。
こちらは女性のご主人がやっておられるお店なのだけれども、このご主人が如何にもちゃきちゃきと言った感じの元気のよい方なので、いささか古めかしいお店ながら活気が有るのですよねぇ。
まぁ、こちらのお店の人気の理由の一つには、このご主人のキャラクターもあるのでしょうねぇ。

さて、とりあえず席に着いて、壁貼りの品書き短冊を見ると、以前に比べて随分増えたかな?と言う感じ。
まぁ、記憶もあいまいなので元々このくらい有ったのかもしれないけれども、少なくとも「塩・醤油・味噌 つけ麺 各750円」なんてメニューが有る事には初めて気が付きましたねぇ。

つけ麺も捨て難いし、他にも色々頂いてみたいメニューが多かったのだけれども、なにせ今日はえらく寒い。
となれば、やはりサンマー麺を選ぶのは定石でありましょう。
と言う事で「サンマー麺 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さん
まー
めん
んー・・・熱々に湯気だっていて如何にも美味しそう。
丼の模様のかすれ具合に店の歴史を感じますねぇ・・・
具はもやし、キャベツ、ニンジン、ニラ、揚げかまぼこ、なると、シイタケ。
割としっかりした餡でとじられている。
面は如何にも昔ながらの中華屋さんが使う細めのストレート麺。

スープはさっぱり系のスタンダードな街中中華スープだし、上の具も特筆するような事もないごく普通の中華餡に閉じられたものなのだけれども、スープと具が合わさるとこれがまた不思議とえらく美味しいサンマー麺に化けるのです。
合わせ技の妙と言うものなのでしょうねぇ・・・

ぼくの中でサンマー麺のトップ3と言えば
曙町の「玉泉亭 曙町本店」さん「サンマー麺 600円」
横浜駅西口そばの「珍来」さん「サンマー麺 650円」
そして、こちら和田町商店街入り口角の「八操園」さんの「サンマー麺 600円」
なのですよねぇ。

ただ、同じサンマー麺でもやはり少しずつ違っていて、中でもこの「八操園」さんのサンマー麺は、本当に身近にある中華屋さんのサンマー麺といった体で、あるいはこちらのサンマー麺が一番なじみ深いサンマー麺のお味と言っても良いかもしれませんねぇ。
玉泉亭さんのも珍来さんのも、どちらかと言えばもう少し上品な路線と言うと少し違うけれども、中華屋さんのそれではなく中華料理店のそれと言う感じなのです。
ま、あくまでぼくの中にあるイメージのお話ですが。

それにしても、やはりこう言う肌寒さを感じる日にはサンマー麺が本当に美味しく感じますねぇ。
久し振りに寄らせて貰った、改めてこちらのお店の味が好みに合う事を再確認できました。
これからはもう少しか豆に通って、いろいろなメニューを試してみたいものです。

今日も美味しいサンマー麺dねありました。

店名 八操園
住所 横浜市保土ヶ谷区和田1-18-1
電話 045-334-5113
営業 11:45~19:30(祝日営業は夜18:00まで)
休日 日曜(祝日は不定休)
お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/06/05(火) 21:41:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/757-483c74d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。