塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海めん@弘明寺 味のほうさく

さて、今日は弘明寺に在るラーメン店「和風らーめん 味のほうさく」さんへ・・・
前回「さんまーめん 600円」を頂いた時に気になったメニューが有ったので再訪してみた次第。
お店に入ると先客は一組、後から数組のお客さんが見えられた。

とりあえず空いているカウンターの席に着いて、お品書きを眺めてみる・・・
品書
こちらは現在地店舗に移転後、店主が息子さんに代替わりしていたのだけれども、9月末の頃より先代のご主人が復帰され、それを機にほとんどの材料を一新してメニューなども期間限定と言う事ながら色々増えている。
写真のメニューのほかにも「生姜焼き定食 700円?」「もつ煮定食 700円?」「カレー丼 600円」などと言ったご飯ものもある。

さて、今日はと言えば前回来た時に気になっていた「上海めん 700円」一択ですねぇ。
前回は、以前店舗移転前に日替わりメニューとして一時期登場していたのだけれども、当時は終に頂く機会に恵まれなかった「さんまーめん 600円」を頂いたのだけれども、その時にお品書きを見た時に「上海めん」とは何ぞやと気になっていたのですよねぇ。
ので、次にうかがった時にはこれにしようと決めていたのです。
と言う事で「上海めん 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
しゃん
はい
めん
おぉ・・・これまた全く想像外のものが出てきた・・・・
上海めんとは汁そばではなく、焼きそばなのですねぇ。
彩り鮮やかな焼きそばが各皿に盛られ、見た目からして美味しそう。
そもそも上海風と言われてもピンとこない程度の知識しかないので、どういうものを出してくれるのか初手からさっぱり分かってはいなかったのだけれども、まさかこちらで焼きそばを頂けるとは思いませんでしたねぇ。

具はキャベツ、ニラ、人参、タケノコ、きくらげ、しいたけ、もやし、豚肉と具だくさん。
ニンニクと紅ショウガの香りに、香ばしい香りが加わり食欲をそそりますねぇ。
麺は焼きそば用の麺を使ってらっしゃるのかな?
ややもそっとした食感の縮れ麺。
味付けはシンプルに塩コショウが中心で、ニンニクの風味が強め。
そう言えば上海風焼きそばと言えばこんな感じの塩中心の味付けの焼きそばでしたね。

鉄板焼きそばのようなカラっとした仕上がりではなく、中華風焼きそばらしくわずかに汁っ気の出たウェットな仕上がり。
肉も野菜もしっかり炒められて香ばしさが出ていて、シャキシャキとした歯触りも良い感じ。
これはシンプルながらえらく美味しいですねぇ。
まさか、こちらでこんなに美味しい焼きそばが頂けるとは思ってもみませんでしたねぇ。

さて、さすがに一時期は塩ラーメンでは横浜市内では突出したお店として名を馳せていたお店だけあって、結構塩らーめんや塩わんたんめんなど塩系のラーメンを注文される方が多いようだ。
まぁ、確かにこちらの塩って美味しかったですしねぇ。
次回はとりあえず、もう一つ気になっている「たんめん 600円」をいただいて、その後には以前のように「塩チャーシューわんたんめん」に回帰してみましょう。

今日も美味しいランチでありました。

店名 和風らーめん 味のほうさく
住所 横浜市南区通町2-25-1
電話 045-713-4529
営業 11:30~2:30 17:30~売り切れまで
定休 木曜
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/730-739d176b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。