塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川風激辛キーマカレー@伊勢佐木 赤とら

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モール沿いにあるおでんとうどんのお店「横濱 赤とら」さん。
こちらは夜はうどんとおでんを出す居酒屋チック菜お店になるらしいのだけれども、いつのころからランチを始められていて気になっていたお店だったので行ってみた次第。
こちらのランチはカレー3種に絞ってあるらしく、通るたびに結構美味しそうな香りに惹かれてはいたのですよねぇ・・・

と言う事で、店内へ・・・
カウンター席が10席くらい?に奥にはテーブル席もいくつかあるようだ。
先客はゼロだったものの、後から2名ほど見えられた。
とりあえずカウンターの席についてお品書きを眺めてみる・・・
品書
ランチメニューは
「ポークカレー 600円」「チキンカレー 650円」「キーマカレー 700円」の3種。
それにトッピングが100円~諸々あり、ライス大盛りは無料との事。

んー・・・「チキンカレー」はどうやらトマトの風味が強いタイプらしい・・・・
「ポークカレー」は「昔ながら」と言うのが謳い文句なので、割にスタンダードな感じか・・・
「キーマカレー」は…四川風激辛?
四川風って・・・まぁ中々面白そうじゃあないですか。
余り辛いのは得手ではないのですが、この3種で選ぶならどうしてもこれが第一選択肢ですよねぇ・・・
と言う事で「四川風激辛キーマカレー 700円」をライス大盛り(無料)でお願いした。
トッピングは、どうやら「カニクリームコロッケ 200円」が一番人気らしいのだけれども、まぁ今日のところはデフォルトで行ってみる事に・・・

待つ事しばしで到着
きーま
かれー
おー…これは美味しそうですねぇ。
キーマカレーって言うと、ぼくの中ではこういう姿のものなのですよね。
キーマカレー=ドライカレーって感じの。
なので、野毛のカレー屋KIKUYAさんの「キーマカレー」を始めて頂いた時には自分の中にあるイメージと違うものだったので驚いたのだけれども、基本ひき肉を使ったものをキーマカレーと称するという事らしいので、ぼくが見慣れていなかっただけでどちらもキーマカレーに間違いはないらしい。
と言うか、そう言えば、最近KIKUYAさんご無沙汰だった・・・
近い内に寄らせて頂くとしましょう。

さて、お味の方はと言うと、激辛なんて書いてあるからおっかなびっくり食べたのだけれども、意外と喉を直撃するようなむせかえるような辛さはなく、普通に美味しい。
って・・・食べ進んでいくと喉やら舌をじわじわ侵食してきましたけどね、しびれるような辛さが・・・・
普段、お冷にはコップ半分も手をつけないのだけれども、余りの辛さに2杯は飲みましたね、お冷・・・
山椒の辛さでしょうね、これ・・・
豆鼓醤も使われているのかな?そんな感じの甘みと風味もあった気がする。
上には温泉卵が乗せられていて、これがカレーに混ざりこむと辛さをある程度中和してくれて、カレーの美味しさ自体も楽しむ事は出来る。

って言うか、居酒屋の片手間カレーでも致し方なしと思ってお店に入ったのだけれども、意外やこちらのキーマカレーはかなり美味しい。
確かにしびれるような辛さが強いけれども、ちゃんと甘みや旨みも感じられてお味のバランスはかなり良い感じかと。
山椒の辛さが好きな人ならもっとお味を楽しめるかもしれませんねぇ。
美味しいキーマカレーでありました。

店名 横濱 赤とら
住所 横浜市中区伊勢佐木町3-99-1 山田ビル1F
電話  045-252-4410
営業 18:00〜翌8:00(フードLO7:00)(少なくとも土日はランチやってるようです。12:00~)
定休 日曜日(ランチやってました。行く前にお店に電話でご確認を)
グルメウォーカー お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/716-0cdffc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。