塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福龍炒飯+半担々麺@若葉町 福龍菜館

今日のランチは若葉町の中華料理店「福龍菜館」さんへ・・・
前回こちらで「ふかひれ入りあんかけ炒飯 680円」を頂いた時にランチの50円割引券を頂いていて、その上こちらが日曜の営業もされていたので、せっかくの割引券だしぜひ使ってみようと思い立った次第。

さて、お店に行くと店頭にランチメニューの書かれた置き看板が置いてあり、その中に「福龍炒飯+半担々麺」の文字が目に留まった。
いや・・・正確に言えば「福龍炒飯」を「福建炒飯」と勘違い認識をしてしまった。
この間違いは、間抜けな事にこちらでの食事の後どころかBlogのエントリー後、ほんの数分前まで勘違いしっぱなしの状態で、そのせいで少し前に上げたエントリーではとんでもない勘違い情報をもとにした記事になってしまっていた。

まぁ、福龍炒飯を福建炒飯と勘違いしたので、それはもう頭の中にはあんかけ炒飯しかなかったのですよ・・・
その上、こちらの新装開店後にはまだ一度も汁そばも頂いたことがなかったので、あんかけ炒飯と担々麺のセットがならお得と言う事で店内へ・・・
先客はお一人、後からも一人見えられた。
空いている席に着き、お品書きを眺めてみる・・・

お品書きは品書
こんな感じ。
定食が4種類、麺とご飯に小鉢と漬物のセットが2種、いずれも700円均一。
で福龍炒飯と半担々麺、小鉢に漬物のセットが780円(担々麺は一人前のものにも変更可 950円)
いずれも食後にコーヒーをつけてくれるとの事。
こちらは四川料理が中心のお店になったので、定食の中にある「陳麻婆豆腐定食」にも興味が有ったのだけれども、頭にあったのは勘違い全開のあんかけ炒飯の姿・・・
と言う事で「福龍炒飯+半担々麺のセット 780円」をお願いした。(正確には間抜けにも「福建炒飯のセットをお願いします」ってオーダーしたんですけどね・・・)

待つ事しばしで到着
せっと
炒飯と半担々麺、小鉢は切干大根の煮つけ、漬物のセット。
この時点で、炒飯があんかけ炒飯ではない事がわかり、結構ガッカリ・・・
それでも、こちらで言う福建炒飯はこう言うものなんだと自分を納得させる辺りは考えが足りませんねぇ。。。

ちなみに、こちらでは一度ランチを頂いた事があり、その時のものは
せっと
冷やし中華、ご飯、スープ、春巻き、冷ややっこ、漬物、食後のコーヒーといった内容で、お値段は700円。
まぁ正直、前回のランチの内容と比べてしまうと、コストパフォーマンスが落ちてしまった感は否めませんねぇ・・・

さて、メインの炒飯は
福建
炒飯
こんな感じ。
具は叉焼、ネギ、、ニンジン、卵、グリンピース。
ピリ辛の味付けながら、辛すぎる事はなく味付けの偏りもない良い塩梅。
ご飯もパラパラのベストな炒め上がり。

担々麺は
担々
麺
こんな感じ。
具はひき肉と青菜。
胡麻が振られていて、胡麻のの良い香りが漂いますねぇ。
ただ、胡麻の風味は上に掛けたものがメインのようで、スープに胡麻のまろやかさとか甘みと言うのは余り立っておらず、スープの方はニンニクチップの風味が強かった。
これまた見た目ほど辛くはなく、すっきりとしたスープでまずまずのお味。

まぁ、ランチと言えば、この辺ではモール沿いの四川料理中心のお店「杜記」さんランチがお味・コストパフォーマンスともに飛び抜けていて、さすがにこの杜記さんのランチの対抗馬としては厳しい印象。
まぁ、杜記さんは辛いものが中心だから、辛い物が不得手な方はこちらにと言う感じかもしれませんねぇ・・・

中々悪くないランチでありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00(ってなってますが、昼休憩があったような・・・)
定休 なし
福龍菜館サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/676-67cff772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。