塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚とふくろ茸の炒め物定食@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は午前中歯医者さんへ・・・
はぁ・・・今回も歯の被せものが欠けてしまったので通い始めたのだけれども、結局結構通う事になってしまいましたねぇ・・・
苦手な割に随分と縁が有るんですよね、歯医者さん・・・
いやまぁ、治すべきところは早く治してもらうに越したことはない訳ですが。
ようやっと今日で治療も終了。
これでしばらくは大丈夫でしょう。

と言う事で、歯医者さんでの治療が終わり、どこぞでランチでも・・・
平日ランチと言えば、土曜は混んでいて余り行列が好きではない自分は中々寄らせてもらおうと言う気になり辛い大通公園沿いの人気店「ショー・ラパン」さんにでも、と思ったのだけれども、出がけに見た時にやってらっしゃらなかった気がする・・・

それならと言うう事で、長者町にある中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと、先客はいなかったのだけれども、後からお一人入ってこられた。
とりあえず昼と言う事で、表のランチメニューのボードを確認すると
「牛腩煮込み定食 600円」
「叉焼とニラの卵炒め定食(だっけ?) 600円」
の2種類。
どちらも魅力的ではある。

テーブルに置いてある「お品書」の方も眺めてみる・・・
んー・・・そう言えば、こちらで以前頂いた「扣肉面(豚ばら麺) 700円」がえらく美味しかったのですよねぇ・・・
それならと言う事で、壁に貼ってあるメニュー短冊の中にあった「扣肉会飯(豚ばらかけご飯)」にしてみましょうか。

と思ったのだけれども、ご主人が出てこられて「魚の入った炒め物の定食ありますよ。イカでも出来ますけど」と仰ってくれた。
魚の炒め物、良いですねぇ・・・
イカでも作ってくれると言ってくれたけれども、どちらかと言えば以下より魚の方が好み。
と言う事で「魚とふくろ茸の炒め物定食」をお願いした。

で、お品書きを見返してみると
「お品書 表」にも「お品書 裏」にも魚料理は入っていない。
冊子の方のお品書「お品書 左面」にも「お品書 右面」にも、海老やアワビの料理はあるのだけれども、魚を使ったメニューはないようだ。
とは言え、魚もイカも用意されていると言う事は、やはりこちらはメニューに載っているもの以外にも色々なメニューがあると言う事なのでしょうねぇ。
まぁ、中国系のお客さんも多いそうだし、そう言う方たちの希望に沿って対応できるようにしてあるのでしょうね。

さて、待つ事しばしで到着
定食1
定食2
ご飯、中華スープ、炒め物、漬物のセット
メインは
魚1
魚2
魚3
魚4
魚とふくろ茸の炒め物。
具は白身魚にふくろ茸ベビーコーン、スナックエンドウ、ネギなど。
良い感じに香ばしさの出ているほくほくとした白身魚が美味しいですねぇ。
くにゅっとしたふくろ茸の食感も好き。

味付けはシンプルで、少し甘しょっぱい風味は豆鼓醤が加えられてたのかな・・・
塩梅も抜群でご飯が進みますねぇ。
そこでご主人が、もう少し辛めが良かったらと
辛1
辛2
激辛と書かれた調味料の瓶を出してくれた。
ちょっとスプーンで掬って見てみると、こりゃ本当に辛そう・・・
ただ、そんなに癖の強い香りはない。
せっかくなので、少しだけ加えてみたら一気に風味が変わり、シンプルな味付けのものが複雑な辛味が加わった。
この調味料なんだろう・・・とんでもなく辛いけれども美味しい。
なかなか面白い調味料ですねぇ。

さて、今日の定食は700円との事。
これもまた単品でお願いすれば出して頂けるかと。
ぼくはお酒を嗜まないのですが、たぶんビールや老酒にも良く合いそうな感じですハイ

今日も美味しい昼食でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/672-cef46707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。