塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤキソバ@曙町 一っとく

さて、今日は曙町にある中華料理屋「一っとく」さんへ・・・
こちらへは5月15日以来になりますねぇ。
こちらは結構好きなお店なのだけれども、割といつでも開いているし近いしで、行こうと思えばいつでも行けるという思い込みがあって、かえって中々行く機会がないのですよねぇ・・・

さて、お店に入ると先客はお一人。
空いている席に着いて壁張りのお品書きを眺め、しばし検討。
「一っとく」さんと言えば、なんと言っても懐かしい系のお味の「やきめし 450円」が第一選択肢になるのだけれども、なんとなくいつも麺類とこのやきめしの組み合わせばかりをお願いしている気がするので、たまには別のものを・・・

こちらは中華屋さんなのだけれども「かつ丼」や「肉丼 600円」「親子丼 600円」など丼物も結構種類が有り、その内「親子丼 600円」にはカッコ書きで(ポーク)と書かれている。
んー・・・これはいわゆる他人丼と言うやつかな・・・・
この他人丼、横浜橋商店街入り口横の「豊野亭」さんでお願いすると「えび天とカツの卵とじ」という珍しい組み合わせのものが出てくるのだけれども、大概のところは豚肉の卵とじが上に乗った丼ものを指すらしい。

これはこれで美味しそうだったので、他に目を惹くものがなければこれにしようと思い、お品書きを見直すと、なんとなく「ヤキソバ 500円」と言うメニューが目に留まった。
んー・・・中華屋さんでヤキソバと言うと「固やきそば」の場合と「炒麺」の場合、あとはスタンダードな鉄板焼きそばのような感じのものが想像できるかな・・・
まぁ、ご主人に聞けば手っ取り早いのだけれども、まぁどういうものが出てくるのかを楽しみにしてみるのも良いでしょう。
と言う事で「ヤキソバ 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さら
やき
そば
出てきたものは、見た感じヤキソバと言って真っ先に想像できるものですねぇ。
ただ、屋台の焼きそばのようなソースの強い香りはなく、そこはそれ中華料理屋さんらしくニンニクとショウガの風味が立ったもの。
見た目は鉄板焼きそばぽいけれども、お味の方は炒麺のそれに少し近い感じ。

具はキャベツ、ニンジン、豚肉。
それに細かく刻んだ生姜とニンニクが入っている感じ。
屋台の焼きそばほどチープでもないし、中華料理店の炒麺ほど本格派でもなく気軽な感じ。
そんなに特徴のあるものではないけれども、こう言う焼きそばも美味しいものです。
次は親子丼を頂いてみましょうか。

やきそばと言えば、井土ヶ谷の「香林」さんのやきそばが美味しかったような・・・
10年以上頂いてないから、今度食べに行ってこよう・・・
今日も美味しいヤキソバでありました。

店名 一っとく(一特)
営業 11:30~21:30
定休 月曜
場所 鎌倉街道沿い、中華一番本店さんの信号を挟んで斜向かい

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/666-04ca1649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。