塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊府麺@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
前回、本来「お品書き」には載せられていない「上海風炒飯とチャーシューローメン」を頂いたのだけれども、その時にご主人がやはりお品書きに載っていない「伊府麺(イーフーメン)も出来ますよ」と仰っていたので、今日はそれを頂こうかと思い立った次第。

さて、お店に行くと先客はゼロで、後からお一人来られた。
とりあえず席に着いて「伊府麺は出来ますか?」と尋ねたら「できます」とのご返答だったので、今日はお品書きを眺めて検討する事無く「伊府麺(イーフーメン) 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
横
上
おぉ・・・こちらのイーフーメンは白湯スープなのですねぇ。
かなり熱々のスープ。

ぐ
具は豚肉細切り、青菜、ふくろ茸で餡とじされている。
ゴマ油の良い香りととろみの付いた見た目が何んとも美味しそう。
さっぱりした白湯スープにしっかりしたお味の具の案が溶け込むと、これまた美味い。
ふくろ茸のクニュクニュとした食感も好きなんですよねぇ。

麺は
めん
一度揚げられているので、モソ、ブツッとした食感が面白いですねぇ。
この伊府麺、インスタントラーメン開発のヒントになったものだそうで、日本では馴染みのないものだけれども、台湾や香港では一般的な麺料理だそうな。
いったん揚げてある麺を使用しているため、他の麺類よりもやや油っ気が強いものの、油くどさは感じない。

ちなみにこの伊府麺は、中村町の「ゑびす屋」さんにもメニューにあるのだけれども、ゑびす屋さんのイーフーメンは、お店のご主人曰く「サンマー麺にチャーシューとかまぼこの乗ったもの」と言う豪華版サンマー麺と言った感じのもの。
で、揚げ麺を使った汁そばの方は「コントンメン」という名前でメニューにあった。

ゑびす屋さんの揚げ麺を使った汁そば「コントンメン」は麺にかなりしっかりした揚げ色が付いているもので、今回頂いた龍鳳閣さんのものに比べると、やや香ばしい感じが強く油っ気も強いものだった。
まぁ、どこかでイーフーメンとコントンメンがごっちゃになって入れ替わり、そのままと言う感じなのでしょうねぇ。

そう言えば、ゑびす屋さんの復活はあるのだろうか・・・
体調を崩されたと言う事らしいので、あまり無理はしないで頂きたいのだけれども、いつか体調もしっかり良くなった上で、お店を再開してくれたらうれしいですねぇ・・・

さて、今日頂いた「伊府麺(イーフーメン)」は700円との事。
他の麺料理に比べると、やや手間と時間が掛る感じですが、材料があってランチタイムなどの混んでいる時間帯でなければ注文すれば作っていただけるかと。
変わっていてなかなか面白い風味の汁そばなのでお試しを。

美味しい伊府麺でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/658-e0b86cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。