塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごますきしめん@若葉町 そば処 司

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モール一本日ノ出町寄りの若葉町通り沿いにある手打ち蕎麦のお店「そば処 司」さん。
こちら、以前から気にはなっていたのだけれども、入ろうと思い立った時に限って人がお店の前で品定めをしたりしていて入るタイミングを逸し続け、そのままになっていた。

先日、こちらの前を通りかかった時に、少し前まで桜エビを練り込んだ?「桜そば」と言うのぼりが出ていたのだけれど、それが「ごますきしめん」と言うのぼりに変わっていた。
あら・・・こちらきしめんも出してくれるのですかぁ・・・・
と言う事で、今度通りかかった時にはこちらで頂いてみようと思っていたので、今日寄ってみた次第。

お店に入ると先客はゼロで、後からお一人来られた。
以外と中は広く、テーブル席が5つ、6つに、小上がり席が2席ほどあるようだ。
とりあえず空いている席に着くと冷たい麦茶を出してくれた。
んー、やっぱ夏は麦茶よねぇ・・・

さて、お品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
品書3
品書4
うぉ・・・思いの外、品数が結構多い。
うどん、そば、きしめんのほかにそうめんや冷麦、定食、どんぶり物も用意されている。
お蕎麦屋さんらしく日本酒も置いてあるようだ。
そばやうどんなどは手打ちのお店らしい。

種類が多く、またお蕎麦屋さんと言うにしても、結構珍しいチャレンジ精神あふるるメニューが用意されている。
目を惹いたのは
きしめんの冷やし中華風だという「ごますきしめん」、豚肉やゴボウのかき揚げがつくという「とんぷらつけそば」(これは手打ちではなく機械打ちのそばを使用で、代わりにボリュームが他のものより多いとのこと)、ハマグリの強風吸い物仕立てだという「はますいきしめん」、「なす味噌ぶっかけそうめん」「カレー丼」「カニクリームコロッケ定食」etc...
んー、結構魅力的なものが多くて迷ってしまいますねぇ・・・

が、やはり今日のところは外で見かけた「ごますきしめん」にしておきましょうか・・・
このきしめんも、本場名古屋の粉使用と書かれている辺りは手打ちなもよう。
まぁ、今日は少し暑いですしねぇ。
と言う事で「ごますきしめん 900円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ゴマ酢
きし
見た目は完全に冷やし中華ですねぇ。
が、具を分けて持ち上げてみると
めん
きしめんが顔を出します。
具はチャーシュー(と言うか煮豚)キュウリ、ニンジン、錦糸卵、かにかま、わかめ。
結構豪華な見た目ですよねぇ。

きしめんはピロピロとした舌触りでむちっとしたしっかりした歯応えのある食感。
この辺では生きしめんなんて、阪東橋駅すぐそばにある「立ち喰いそば はな」さんくらいでしか頂けないのかと思っていたら、意外や近くに生きしめんどころか手打ちのきしめんを頂けるお店があろうとは・・・
少し甘めのタレは、酸味も程よくさっぱりしている。
「ごます」と銘打たれているけれども、普通のものに比べて胡麻の風味を前面に立たせているという感じではなく、ゴマの風味は程々。

きしめんを冷やし中華風にするとどんな感じかと思ったのだけれども、まったく違和感なく、むしろきしめんの食感の文面白みも加わり美味しく頂ける。
いやぁ…これは個人的に当たりでしたねぇ。
こちらのお店、今まで見逃していた事が一寸惜しいくらいだわ・・・
ここしばらく定期巡回して、いろいろなものを試してみると致しましょう。

おいしい冷やし中華風きしめんでありました。

店名 そば処 司
住所 横浜市中区若葉町2丁目33
電話 045-251-0738
営業 11:00~20:30
定休 日・祝
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/630-fe1bf760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。