塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咕老肉@長者町 龍鳳閣

さて、今日のランチは長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
こちらはランチのみのサービスメニューが2種類あるのだけれども、通常の時間帯にはない定食が有るので一度は食べてみようと思っていて、土曜日の昼には何度となく伺っているのに、結局未だ頂く機会がなかったのですよねぇ・・・
と言う事で、今日こそはランチ定食を、と思い行ってみた次第。

さて、お店に行き店頭のランチメニューの書かれたボードを見てみると
「咕老肉(スブタ)」 
「排骨会飯」
の2種類で、両方とも600円
「咕老肉」なんて北京語表記されていると、それだけですごく美味しそうに思えてしまいますねぇ・・・
「排骨会飯」は以前、一度レギュラーメニューで頂いているし、今日はぜひ咕老肉を・・・と店内へ。

お店に入ると、先客は二組。
だけでも珍しいのに、後から5,6人のグループ客と2人客が入ってくると言う、ずいぶんな賑わいっぷりでしたねぇ。
まぁ、土曜に昼ですしねぇ。
お味も良くて値段も安いのだから、当然と言えば当然の入りの様な気もしますねぇ。
で、空いている席に着いて、今日はお品書きも水に早速「咕老肉(スブタ) 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ご飯
漬物
ご飯にスープ、漬物に酢豚のセット。

メインの酢豚は
酢
豚
こんな感じ。
具は豚肉、パイナップル、ピーマン、長ネギ
パイナップルてんこ盛り・・・

そう言えば、酢豚ってばパイナップルが付きものでしたね・・・
「酢豚のパイナップルは有りか無しか」なんて、良く聞く話ではありますが・・・
個人的に言えば、無しとは断言しませんが、出来れば無しの方向でお願いしますと言ったところなんですが・・・
まぁ、どうしてもダメと言う程には頑なではありませんで、はじいて残したりはしませんが。

さて、頂いてみると、豚は薄く衣を纏いサクッとした食感が最初の頃は有り、少し時間がたつとタレを吸ってこれはこれで美味しくなりますねぇ。
味付けは、ぼくにはやや酸味が強いけれども、ピーマンのシャキシャキ感と苦みのある旨みも良い感じですし、結構美味しく頂けましたねぇ。
そう言えば、酢豚に玉ねぎではなく長ネギを使うのって珍しい気もしますが・・・

んー・・・夜の時間帯も定食を出してくれると嬉しいのですけれどもねぇ・・・
とは言え、まだ未食の単品の麺類やご飯ものも多いのですが・・・
次は焼きビーフン辺りを頂いてみましょうか。

今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/604-d68d7529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。