塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏ときのこの土鍋煮込み@曙町 江南軒

さて今日は一見?のお店へ・・・
曙町に在る中華料理屋「江南軒」さん。
こちらには以前、同じく中華料理の「千龍軒」さんと言うお店が有ったのだけれども、いつの間にか「江南軒」さんと言うお店に化けていた。

まぁ、こちらの店舗も結構回転の速い店舗で、新しいお店が出来ては潰れ、そしてまたすぐに新しいお店ができるの繰り返し・・・
が、どうにもこの「江南軒」さんの場合、前に在った「千龍軒」さんと看板を付け替えただけと言うような雰囲気・・・

さて、今日は何を食べよう・・・
と思って外に出て、一応伊勢佐木モールなんぞを覗いたりもしたのだけれども、どこもいまいち・・・
そう言えば、少し前に伊勢佐木の「杜記」さんで頂いた「四川燃麺のセット 680円」が、またランチメニューに兆条していたのだけれども、どうやら高菜炒飯から普通のライスにセット内容が変更されてしまったようだ。
まぁ、麺を頂いた後に残った具材にライスを入れて食べると言うのはどちらにしても美味しいだろうけれども、同じ値段で炒飯からライスに変わると、どうにも損した気分になってしまいますねぇ・・・
と言う事で、今日は「杜記」さんもスルー・・・

16号線沿いを少しかっ見大岡方面に歩いて行くと「江南軒」さんの前にランチメニューのボードが有り、その中に「本日サービス 鶏ときのこの土鍋煮込み 620円」とあった・・・
ほぅ・・・土鍋煮込みですかぁ・・・・中々美味しそうですねぇ。
野菜も食べられそうだし、今日はこれを頂こう・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると、やはりと言うかなんというか外観と同じく内装も「千龍軒」さんの時と全く変わっていないようだ・・・
お店の人はどうかなぁ・・・あまり記憶にないが・・・・
まぁ、料理の方向性を変えるに当たって看板も変えたとか、そう言う事なのでしょう。
先客はお一人だけだったので、開いている4人がけのテーブルに席を取り、早速本日サービス品と言う「鶏ときのこの土鍋煮込み 620円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
おぉ・・・これは中々・・・・
ご飯に鍋、中華風のなます?に味付け煮玉子、プリンのセット。
味付け煮玉子は、台湾量おりに良く有るような八角の独特の風味が有って良い感じ。
デザートは杏仁豆腐かと思ったら、滑らかな舌触りで程よい甘さが中々美味しいミルクプリンのようなものだった。

メインの煮込みは
鶏
鍋
こんな感じ。
具は鶏肉、シメジ、エノキ、ニンジン、春菊でかなりのボリューム。
鶏肉はそのまま煮込んだものではなくて、薄く衣をつけて油通しをした感じのもののようだ。
土鍋に入って入るけれども、ベースは中華風のスープで、お味も日本の鍋とは趣を異にしている。

微妙に中華とも言い切れないのは春菊の風味のせいだろう・・・
まぁ、中国に行くと意外とこう言う香りの強い菜っ葉を入れた料理が多かったですしねぇ。
正直、春菊の様な香りの強い菜をあまり好まないのだけれども、それでもコリアンダーではなくて春菊って辺りはまだ食べ易くて良かったけど。

3分の1ほど鍋をつついた後は、当然のようにご飯をぶちこみ即席おじやに・・・
んー・・・これは結構おいしいですねぇ。
この内容で620円はずいぶんとお安い。
と思ったら、帰りがけにお店に寄って支払いの際に小銭を見たら、お釣り100円足りてなかったな・・・
まぁ、その場で気が付かなかったぼくも悪いが、借りに720円でもこの内容なら仕方ないかと思える。
と、一応自分を納得させてみる・・・せこいな自分・・・・

なんだかんだで、このセットは美味しかったしお値段もかなりお得。
ボリュームもありますしねぇ。
今日も美味しいランチでありました。

店名 江南軒
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
お店地図

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/574-1623875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。