塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛バラそば@長者町 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理屋「龍鳳閣」さんへ・・・
お店へ行くと、先客はゼロで、後からお一人お見えになった。
まぁ、外から見ると何となく暗い感じのするお店だし、予備知識なしでは一見でふらっと入ってみようって気には中々なり辛いお店ですしねぇ・・・
入ってしまえば美味しいものが食べれるのですが・・・

と言う事で、適当に空いている席に座りお品書きを眺めてみる・・・
前回頂いた「排骨炒飯 800円」かなりの当たりメニューだった。
ので、今日は「排骨そば 700円」辺りにしようかとも思ったんもだけれども、同じようなものを立て続けに頂くのも芸がない・・・

こちらのやきそば系は、どうやら炒麺ではなく固やきそば系のようだから、あまり固やきそばを好まないぼくとしては食指が動かない・・・
炒飯は排骨などの具の付いていない単体のものでも十分美味しいものが頂けるはずだけれども、やはり前回頂いているので別のものが良いか・・・

目を惹いたのは「豚バラそば 700円」と「牛バラそば 700円」
個人的な嗜好でいけば、肉は全部好きなのだけれども、その中であえて順位づけをすると鶏>羊>豚>牛と言う感じなのですよねぇ・・・
でも、こう言った中華料理屋さんだと、やはり王道は牛バラそばでしょうかねぇ・・・
まぁ、どちらにしたって両方頂くことになるでしょうし・・・
と言う事で、今日は「牛バラそば 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
牛
ばら
そば
やはり、普通の街中中華とは一線を画した見た目と香り。。。
具は青菜と牛バラのみとシンプルながら、大きくぶつ切りされた牛バラがえらい大量に入っている。
麺は細めの縮れ麺。

とろみを纏った牛バラはほろほろと口の中で崩れて行くような柔らかさではなく、しっかりした歯応えは有るものの固いと言う感じではなく、如何にもがっつりお肉を食べましたと言う感じがする。
やや脂身の部分も多いので、ぼくの様な脂身好きな人間には有難いけれども、脂身が苦手な方には少しきついかな?
でも、その脂がスープに溶け込むと更に美味しくなるんですが・・・

中華街で頂くような牛バラそばだと、もう少し独特なスパイスが使われていて若干の癖が有るのだけれども、こちらは癖を感じる事は無く食べ易い。
ただ、かと言って街中中華のスタンダードな中華スープとは少し異なる気がする。
スープ自体がどうこうって言うよりも、具の味付けがスープに溶け込むことで、独特さが出ている感じかもしれませんねぇ。

んー、やはりこちらのお店は何を頂いてみても美味しいですねぇ。
次はスタンダードに「叉焼麺 600円」でも頂いてみましょうか。
美味しい牛バラそばでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 夜営業は18:00~
なびかな お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/555-24c929a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。