塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合鴨つくねのカレーうどん@元町 久佑

さて、今日のランチは、頂いたメールでお店の存在を知り興味のあった元町に在る「居酒屋 久佑」さんへ・・・
こちらは、すぐ傍に在る老舗の酒屋「愛知屋」さんのご家族が経営されていらっしゃるそうで、夜は愛知屋さん厳選の美味しいお酒とお料理がが頂ける小料理屋さんとの事なのだけれども、月曜~土曜はランチ営業(月曜は持ち帰りのみ)もされているそうな。

と言う事で、久しぶりに元町へ・・・
お店に行ってみると思っていた以上にこじんまりとしたお店で、店名は「居酒屋」とは言っているけれども、雰囲気としては小料理屋さんな感じ。
店頭にランチメニューのボードが出ており「合鴨つくねのカレーうどん・そば」「穴子ちらしずし」など。

早速お店に入るとL字カウンターに8~9席くらいのこじんまりした感じで、開店後間もない時間帯にも拘らず、すでに先客は3名ほど、後からも4名ほど見えられた。
カウンター上のお品書きを見てみると「合鴨つくねのカレーうどん・そば 900円」「合鴨つくねのカレーご飯 900円」「穴子ちらしずし 950円(持ち帰り900円)」の3種に、オプションで「味付け玉子半玉100円 1個200円」、うどん・そばを食べ終わったらご飯を入れて食べるのがお薦めと言う事で「ご飯 100円」、それにビールも置いてあったかな・・・

穴子ちらしずしを召し上がっていらっしゃる方たちが美味しい美味しいと仰っていたのだけれども、残念ながら穴子は不得手・・・
穴子のちらしずしは人気なのか、目の前に持ち帰り用にパックされた物が10個以上積まれている。
んー・・・ご飯よりもやはりうどんですかねぇ・・・
と言う事で「合鴨つくねのカレーうどん 900円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
かれー
口が狭く深底な器で登場。
大振りな合鴨のつくね2個に刻みネギとシンプル。
うどんは
うどん
結構細めなツルツルとした舌触りのうどん。
スープはそんなにカレーのスパイシーさは前面に出ておらず、比較的やさしい感じのお味。
夜も出されているそうなので、呑み〆にはこのくらいの方が良いでしょうねぇ、

一個一個が結構ずっしり感のあるつくねは、柔らかでちょっとふわふわした食感の中に、少し固めと言うかシャリシャリしたクワイの様な食感のものが混ぜ込んであったようだ。
なんとなく、手間かけて作ってそうな・・・
少し甘めでカレー風味のお出しに良く合いますねぇ。
もちろん合鴨の旨みは全開ですハイ

うどんを頂き終わった後にご飯もお願いしようかと思っていたのだけれども、このお出しだとご飯で頂くと言う感じではないような気がしたので、結局ご飯の追加注文は止めておいた。
器の口が小さいのでパッと見、軽めに見えたのだけれども、深底なので結構しっかりしたボリュームが有りましたしねぇ。

こんなところに、こう言う面白いカレーうどんが頂けるお店が有るなんて知りませんでした。
今度はおそばで頂いてみましょうか。
美味しいカレーうどんでありました。

店名 居酒屋 久佑
住所 県横浜市中区元町5-196
電話  045-662-5004
営業 ランチ火曜~土曜 11:45~13:15(ラストオーダー)
        月曜ランチは穴子ちらしずし持ち帰りのみ
    夜 17:30~22:30(ラストオーダーは22:00)
定休 日曜 第3月曜
お店サイト

帰りがけに、「ポンパドウル」さんでパンでも買っていこうかと、元町の本通りに出てみたら、土曜の昼と言うのに思ったより人通りが少ない気がする・・・
そこそこ人出は有るのだけれども、以前はもっとすごかったような気がするのですけどねぇ・・・
まぁ、あチャーミングセールの時期になれば、またえらい事になるのでしょうけど。
考えてみたら、ポンパドウルさんって、わざわざ元町で寄らなくても伊勢佐木にもあるんだよね・・・
ま、こちらのバケットは好きなので別に良いのですが・・・
と言うか、伊勢佐木でパンを買うなら、馬車道まで行って「Les Glaneuses レ・グラヌーズ」さんのパンを買いますしねぇ・・・
って、そう言えば、こちらも随分御無沙汰だ・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/550-74ee7c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。