塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンメン&やきめし@曙町 一っとく

さて、今日は久しぶりに曙町の「一っとく」さんへ・・・
こちらへは昨年の6月24日以来になりますねぇ・・・
こちらもまた好きなお店なのに、ご近所故にいつでも行けると言う感覚で実際は中々行く機会のないお店になってますねぇ・・・
なんとなく通りがかりに思い出して入ってみた次第。

さて、お店に入ると先客はゼロ。
とりあえず壁書きのお品書きを眺める・・・
まぁ「一っとく」さんと言えば「やきめし」は外せませんよねぇ・・・
と言う事で「やきめし 450円」を注文。

もう一品・・・麺類から行っておきましょうか・・・
んー・・・「ラーメン 400円」「廣東麺 550円」とか「サンマー麺 550円」辺りは頂いた事が有る。
どうせなら別のものを・・・
野菜が食べたいか・・・となれば、まだ頂いた事の無い「タンメン」ですかねぇ。
と言う事で「タンメン 500円」もお願いした。

先にタンメン到着
湯
麺
これまた綺麗なお姿のタンメンですねぇ。
生姜の良い香りが立っていて食欲をそそりますねぇ。
スープはかなり透明度の高い如何にもさっぱりしてそうなもの。

具はモヤシ、ニンジン、ニラ、きゃべつ、豚肉。
スープを一口頂いてみると香はショウガが経っているのだけれども、風味はニンニクとにらの主張が強い。
麺はタンメンと言えばこれ、というような平打ち麺。シマダヤさんの3食入りがベースって気がしなくもない・・・
見た目通りさっぱりしたお味で、それほど特徴的でないスープではあるのだけれども、キャベツの甘みやニンニク・ニラ・生姜の風味が溶け込んで、これまた美味しい。
麺の適度な腰とピロピロとした舌触りが良い感じですねぇ。
好きです、こう言うタンメン。

続いてやきめし到着
炒
飯
具はネギ、豚肉、かまぼこ、玉子。
味付けは塩コショウ+化学調味料中心。
見た目もお味もスタンダードでシンプルな街中中華のそれですねぇ。

意外とパラパラのベストな炒め上がり。
刻みかまぼこのくにゅっとした食感と風味が、このシンプルなやきめしに良い感じにプラスしている。
しっかりボリュームもあり、これで450円はやはりお安い。

こちらは接客も極めて丁寧だし、お味も悪くないし、お値段もお安めなのに、いつ来ても他のお客さんに出くわす機会が殆ど無いのが意外ですねぇ。
このお店なら、もうお少しお客さんが入ってもよさそうなものなのに・・・
と言うか、ぼくが中途半端な時間に来ているせいってだけの話で、実は結構お客さんが入っているのかも知れないけれども・・・

今日も美味しい夕食でありました

店名 一っとく(一特)
営業 11:30~21:30
定休 月曜
場所 鎌倉街道沿い、中華一番本店さんの信号を挟んで斜向かい

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/06/05(火) 23:14:33 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/541-44fde01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。