塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪菜肉絲湯麺@長者町 龍鳳閣

さて、今日は一見のお店へ・・・
オデヲンから日ノ出町に向かう途中にある「かに道楽」さんの向かいにある中華料理屋「龍鳳閣」さん。
こちらはほんまさんの「恰幅の良い彼のblog~横浜B級グルメ~」当該店の紹介記事を拝見し先日行ってみたのだけれども、その時は英っ行されていなかった為、今日行き直してみた次第。

さて、行ってみると今日は営業中。
ので、早速店内へ・・・
入ってみると、何やら悠久の時の流れを感じてしまうような色褪せた雰囲気。
古めかしいと言うか、モノトーンな世界が展開している。

店内は割に広々としている。
先客はお二人。
とりあえず、開いているテーブルに席を取り、お品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
品書
品書1
こんな感じで、飯類・麺類は安めの価格設定で一品料理はそれなりの価格設定。
「排骨炒飯(パイコー・チャーハン)800円」なんて魅力的ですねぇ・・・

どうしようかと思ったところ、横を見ると、壁にもいくつかお品書きの短冊が・・・
「海老雲呑 500円」だとか「叉焼雲呑 600円」だとか「蒸し鶏 700円」だとかの短冊に並んで
品書2
こんなお品書きの短冊が・・・
「雪菜肉絲湯麺」(読めない…)中国漬物(高菜)と豚肉入り麺
横の説明書きは兎も角、この如何にもな名前に妙に惹かれるものが有る・・・
と言う事で「雪菜肉絲湯麺」(やっぱり読めない…)をお願いした。

待つ事しばしで到着
雪菜
豚麺
おぉ・・・なかなか魅力的なお姿。
具は高菜、タケノコ、豚肉
麺は細めの縮れ麺。
やや白濁したタンメンスープのせいか、タンメンと言うには少々ワイルドな見た目。

高菜は熱が通されているので余計な酸味は飛び、良い塩梅の塩味と風味とシャキシャキ感を残している。
豚肉はどこの部分だろう・・・食感としては鶏の砂肝などに近いようなコリコリとした弾力に富んだ歯触りで、とろみを纏っている。
スープはやや油っ気が有るものだけれども、お味自体はさっぱりとした塩味。

確かに、こう言う感じのものは、少なくとも日本の街中中華のお店ではお目にかからないですねぇ。
特別特徴のあるお味でもないし、すごく美味しいと言うお味ではないのだけれども、こう言うお味は好きですねぇ。
さて、こちらのメニューだけは、なぜかお値段が書かれていなかったのだけれども、お会計をお願いしたら「650円」との事。
やはりお安い。

他のメニューもぜひ頂きたいですねぇ。
美味しい雪菜肉絲湯麺(最後まで読めない・・・)でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8丁目123-1
電話 045-251-6624
営業 夜営業は18:00~
なびかな お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

おお!

良いメニューに目をつけましたね~
なんかとてもおいしそう!食べたい!
今度は何人かで行って、お料理とか色々食べてみたい気がします。

  • 2009/05/08(金) 23:23:52 |
  • URL |
  • ほんま #-
  • [ 編集 ]

Re: おお!

>ほんまさん
コメントありがとうございます。
このメニュー、結構おいしかったです。
確かにこちらのお店は、日本の街中中華とは一線を画した感じですねぇ。
かと言って本場丸出しでもなく・・・
中々珍しい感じのするお店でありました。

  • 2009/05/09(土) 11:07:52 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/535-31c31760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。