塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマー麺@蒔田 太田楼

さて、今日は久しぶりに蒔田の「キッチン アプリコット」さんへ・・・
って、お店に行ったら「3日・4日お休みします」と言う無情の告知が・・・
んー・・・まぁ、GWですからねぇ・・・

仕方がないので駅方面へ向かうと開店祝いの華が並んでいる・・・
以前「太田楼」さんと言う中華料理屋さんのあった場所で、気がついたら取り壊されていたのだけれども、どうやら新築して新しいお店が開店しているようだ。
お食事処なら試してみましょうかね、と思ってお店の前に行くと「太田楼」と・・・
あら・・・新しいお店って言うか建て直して営業を再開されたと言う事なんですねぇ。

ま、そう混んでもいなさそうだし、中々この辺で食事を頂く機会も今はないので、今日はこちらで頂きましょうと言う事で店内へ・・・
12時を少し回ったランチ真っ只中な時間だったのだけれども、7割くらいの入りですぐに席に着く事ができた。

席に着いてお品書きなんぞを眺めてみる・・・
注文の通しを聞いていると五目焼きそばとか定食系の注文が多いようだ。
真昼間だと言うのに日本酒を注文している方もチラホラ・・・
んー・・・どうしましょうかねぇ・・・・

お品書きで目を惹いたのは「豚ばらそば 850円」と「サンマー麺 580円」
牛バラではなく豚ばらと言うのも珍しいと言えばそうかな・・・
定食系や丼系は、何となく食指が動かず・・・
ま、当たり外れの少ない「サンマー麺」にしましょうかねぇ。
と言う事で「サンマー麺 580円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さんま
めん
お・・・なんか正しいサンマー麺が出てきた・・・・
かなり色の濃いスープに縮れ麺、具の上にグリンピース・・・
なんとなく、自分の中にあるクラシカルなサンマー麺の正しいスタイル。

具は白菜、ニンジン、モヤシ、豚、なると、玉ねぎで、餡はかなり緩い感じ。
具の上には数粒のグリンピース。
鳥ガラベースの色の濃い如何にもな街中中華スープに、細縮れ麺。
お味も、昔ながらの街中中華のそれですねぇ。

と言っても、最近このイメージど真ん中なスープを出してくれる中華屋さんも減ってしまったのですよねぇ。
似通って入るのだけれどもも、どこか微妙にずれていたり。
が、これは完全に自分の中のイメージにあるものですねぇ。
美味しいとか美味しくないとかそういう次元のものではなくて、完全に懐かしいと言う感覚が前面に立つお味。

んー、やはりこう言う感じのサンマー麺は好きですねぇ。
今度は豚ラバそばでも頂いてみましょうか。
美味しいサンマー麺でありました。

店名 太田楼
住所 横浜市南区共進町3丁目55
電話  045-731-2475
なびかな お店情報

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/530-537517b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。