塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯広つけ麺@伊勢佐木 帯広亭

さて、今日は伊勢佐木にある豚丼と帯広ラーメンののお店「十勝帯広広場 帯広亭」さんへ・・・
こちらは以前「炭火焼豚丼 がんそ」と言う屋号で営業されていたのだけれども、気がついたら屋号が変わっていた。

「帯広亭」さんに代わってからは初めて入りますねぇ。
まぁ、1階にある回転ずしの「元祖寿司」さんと同系列なので、単に屋号が変わり豚丼のほかに帯広ラーメンを出すようになったと言うだけなのだけれども・・・

通り掛かりに「つけ麺フェア 並 大盛 特盛 どれでも680円」なんて言うような張り紙が目に入り、帯広ラーメンと言うものがどういうものかも知らないし、折角お得なフェアもやっているようだし、どうせの事ならこの機会に頂いてみようかと入ってみた次第。

お店に入ると、やはり以前と全く変わっていない店内。
階段を上って正面にある券売機で先に食券を購入するシステムも変わっていないようだ。
外からは全く店内の様子が分からないのだけれども、意外なほどお客さんは入っていてそこそこ賑わっていた。

とりあえず券売機で食券を購入。
メニューはと言えば
品書1
品書2
ま、今日はやはりサービス期間中であるらしいつけ麺で行ってみましょうか・・・
と言う事で「帯広つけ麺 680円」の食券を購入し、店員さんに「特盛りでお願いします」と言って手渡し、適当に空いている席へ・・・

待つ事しばしで到着
せっと
お盆に麺を入れた丼とつけ汁の入った小丼、その他に節粉の入った小皿が乗っている。
最近、つけ麺は和風な味がブームなのか、スープに最初から節粉が入っていたりするのだけれども、こう言う風に自分の好みで調節できるのはありがたい。

麺は
麺
黄色みの強い平打ち麺。
正直、麺の味自体は小麦の香りがだのなんだのと言うようなものではなく、限りなく凡庸なものなのだけれども、ツルツルとした滑らかな舌触りとシコシコとした歯応えが良い感じ。
やや縮れていて、つけ汁が良く絡む。
並は220g、大盛330g 特盛440g だそうで、フェア期間中はいずれも同額の680円。
麺を冷水で〆ないあつもりでもお願いできるそうだ。

つけ汁は
出汁
こんな感じ
見た目からしてつけ麺のつけ汁としても、かなりドロッとした濃い感じ。
実際、かなり塩辛い。
甘みも結構強めな感じなのだけれども、とにかく塩辛さが先に立ってしまう。
多分、良い塩梅の濃度で出してくれれば、そんなに悪いお味じゃないと思える感じなので、ちょっともったいない。

つけ汁の中には
具
モヤシ、メンマ、わかめ、チャーシュー、ネギなどが入っている。
意外ともやしとわかめの主張が強い。
とは言っても、悪い方向にではなくわかめの風味も、もやしのシャキシャキ感も良い意味で作用していて個人的には好き。
節粉は使わなくても良いかなぁ・・・

つけ汁にしてもちょっと濃過ぎるので、本当ならスープ割をお願いしたかったのだけれども、どこにも「スープ割できます」と言う文字はない・・・
こう言うチェーン店だと、工場で一括調理したレトルトパックの希釈スープを使用なのかな・・・
まぁ、こちらはお冷などはセルフサービス制で、給水機には冷水・温かいお茶・お湯と3種類から選べるため、お湯を獲ってきてそれでつけ汁を割ると言う事は可能なのだけれども、やはりつけ汁はスープで割りたいところですよねぇ・・・

お味自体は、この塩辛すぎるつけ汁の濃度調節さえなんとかしてくれれば、悪くないような気がしますねぇ。
少なくとも、大盛りでも特盛りでも680円と言うフェア価格であれば、コストパフォーマンス込みで考えれば十分かと。
個人的な希望で言えば、スープ割サービスとオプションメニューで味玉が欲しいところですねぇ。

今度は帯広ラーメンの味噌でも頂いてみましょうか。
悪くないつけ麺でありました。

店名 横浜市中区伊勢佐木町2-62 2F
電話 045-260-5890
営業 日月火水木は11:30~21:00 金土は11:30~23:00
お店サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/493-af7c73bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。