塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は土曜だと言うのに、朝6時に起きるなどと普段ではあり得ない事をして埼玉くんだりまで・・・
祖父の三回忌と言う事で、一カ月ほど前に連絡が有り行こうか行くまいか迷ったのだけれども、結局行く事にした。

と言っても、ぼくはお寺さんでの法事とお墓参りを済ませ、供養膳の席へは出ずにお先に失礼させて頂いた。
なので往復で5時間近くかかったと言うに、滞在は1時間ほど・・・
今は湘南新宿ラインから高崎線へ直通と言う路線ができたので、以前に比べれば乗り継ぎがない分随分と楽になってはいるのだけれども、それでもまだ微妙に遠いし時間もかかる。

そして、行けば必ず結構な疲労を感じることになる。
精神的に。
所詮の事には、あの家にとってぼくは異分子でしかない。
今日も20名ほど見えていたけれども、その中でもやはり違和感を感じる。

彼らとの距離はあまりにも遠い。
手を伸ばせば触れられる位置にいながら、精神的な距離感は一体どれほどのものだろう・・・
いっそ赤の他人であった方が、これほどの距離感は感じないだろうな、と思う。
なまじ血縁関係などと言うものが有るが故の距離感だろう。
ましてや、そう言う事に捉われ易い田舎の古い家の体質がそれに拍車をかけているように思う。

「こいつは、わざわざ横浜から何しに来たんだろう」と言う疑問と微妙に拒絶を含んだ視線に、わずかな不快感を感じつつも何ともおかしくもある。
ぼくにしたら「三回忌やるから来るように」と連絡が有ったから来た、と言う事に過ぎないのだけれども。
ま、実際のところ、こう言う感じになるであろうことは初手から分かっていた。

心配をしなくたって、ぼくからこれ以上距離を縮めることはない。
ただ、この程度の細い細い縁であっても、ぼくの方から切ろうとは考えてもいない。
血縁と言うものを知らないぼくには、この程度の縁であっても意外と大切なものなのかもしれない。
だから、呼ばれれば悩みはしても結局は行くし、かといってそれ以上近づこうとも思わない。
だからと言って、好き好んで疲労を感じに行くのもどうかとは思っているのだけれども・・・

先に失礼させてもらう旨伝えると、香典返しなのか十万石饅頭ときゅうりの入った袋を手渡された。
十万石饅頭と言うのは、土地の銘菓なのかはわからないけれど、こちらに来ると何故かいつも頂くような気がする・・・

キュウリは畑で作ったものらしいのだけれども、えらく太くてまっすぐな、そのまま商品として出荷できそうなくらいに立派なきゅうり・・・
それが15本くらい・・・美味しそうだ。
惜しむらくは、ぼくがカッパではないと言う事だろう・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

コメント

はじめまして。
いつも近所のお店の興味深い情報を楽しく拝見しています。
いつも通りすぎるだけのお店にこちらの記事を読み
行ったつもりになっています。

実は僕も先日親類の法事で渋々埼玉に行き同じく十万石まんじゅうを
もらって帰ってきました。
あの白くて小判型のですよね・・
行く度にいただきますがいくら食べても好きになれません。。

今後もちょくちょく拝見させていただきます。

  • 2009/03/31(火) 10:26:04 |
  • URL |
  • しん #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>しんさん
コメント&ご訪問ありがとうございます。
十万石饅頭・・・餡は普通ですが皮が少し独特の風味ですよね。
米粉の含有量が高いためらしいです。
あれは確かに好き嫌いが分かれるような気がします。
個人的には嫌いではないので頂ければ嬉しくは思いますが、かといって自分で買って食べようとまでは思わないと言う位置づけですねぇ。
駄文長文の書き捨てBlogですが、お暇潰しにでも訪問して頂ければありがたく思います。


  • 2009/03/31(火) 22:44:45 |
  • URL |
  • 玖珠 #3fP8K/.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/489-98fa39e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。