塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ラーメン@長者町 二郎

さて、今日は久しぶりに長者町の「ラーメン 二郎」さんへ・・・
大体にして、こちらのお店は「表に何人並んでいる」ではなくて「表の列が、この辺まで続いている」と言うのが待ち人状態を測る基準になっている・・・
そう言うお店だと、行列を好まないぼくはお味が好みでもなかなか行く機会がない。

だけれども、通りがかった時になんとなくいつもより行列が短く感じ「このくらいなら並んで見ても良いかも」と思った次第。
まぁ、それでも表で20分くらいは並んだ気がするけれども、実際並んでしまえば時間が掛かる事自体は苦にはならない。
感覚としては、思ったよりサクサク列が前に進むなぁ、と言う感じ。

しばらく待って、店内へ・・・
食券は列の先頭付近に来た時に先に購入しておく。
選んだのは「大ラーメン 650円」
そこまで来れば、5分と待たずに席へ・・・

席に着いた途端に「ニンニクどうしますか?」と聞かれたので、ニンニク入りの野菜増しでお願いした。
と思ったら、すぐに目の前にドンブリが出された・・・
並んでいる間に「大か小どちらですか?」と店員さんが訪ねて回るのだけれども、それにしたってここまでピッタリのタイミングで出てきたのは初めてじゃないかなぁ・・・
まぁ、有難い事です。

で、出てきたのは
二郎
大ラーメン 野菜増し。
やや白濁したスープの上には、野菜の山と分厚なバラ巻き煮豚が2枚、クラッシュニンニクもたっぷりと・・・
このとんでもビジュアルと香りが食欲をそそりますねぇ。

麺
麺も、こちら独特のえらくぶっとい平打ち麺
そんな麺がしこたま入った上に、湯掻きもやしとキャベツの山がドーンと乗っている。
いや、やっぱり、洒落になりませんね、この量は・・・

やや甘辛のお味のスープに極太の平打ち麺に良く絡んで美味しいですねぇ。
にんにくの風味がガツンとくるけれども、野菜がたっぷり乗っているので食べ進むと中和されていく。
最近増えてきた、魚介ベーススープのラーメンだとか、そんな路線などわれ関せずな、繊細などと言う言葉とは全く無縁なワイルドなお味。

いやぁ・・・さすがに大盛りは洒落にならない量なので結構きついんですが、自分で注文しておいて食べ残すなんて真似はできませんので、何とか完食。
大体大盛りってだけではなくて、野菜増しまでお願いしてあるのだから、そんな事をして置いて食べ残すと言うのはさすがにお店の人に失礼になってしまうでしょうからねぇ・・・
と言っても、さすがにスープは残してしまったけれども・・・

こちらは、こう言った感じに普通サイズでも他店の大盛り以上の量が有るのだけれども、割に女性も並んでいたりする。
もっとも、行列はすごいしボリュームも洒落にならないしで、複数人で来ても楽しくしゃべりながら食事なんてことはできませんが・・・

と言うか、そもそも2人で来ても二人並びで座れるって事自体があまりないんじゃないかな、ここ・・・
まぁ、サッと入ってパパッと食べて、サッサと出て行く的なお店ですよねぇ・・・
それでもこれだけ人気が続くのだからすごいもんです。
ぼくはほかの二郎さんには行った事はないのですが、鶴見の二郎さん辺りはこんなに常に長い行列をしていると言う訳ではないそうだし、同じ二郎さんでもやはり違いが有るのかもしれないですねぇ。

ぼくはこちらのお味は好みに合っているので好きですが、さすがに頻繁に行列に並ぶのはきつい。
と言う事で、次に頂くのは一体いつになるやら・・・
今日も美味しいラーメンでありました。

店名 ラーメン二郎 関内店
住所 横浜市 中区 長者町 6-94
営業 11:00~14:30 18:00~22:00
定休 水
お店地図

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/487-99933b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。