塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やしサンマー麺@本牧 喜楽

さて、今日は本牧(て言うか、場所的にこの辺は本郷町だと思い込んでたんだけど)にある中華料理屋「喜楽」さんへ・・・
先週金曜日に行ってみたらお休みだったので、本日再トライ。

お店に行ってみると今日はちゃんと営業中で、先客は二組。
店内は5,6人掛けの円卓一つに、4人がけの角テーブルが3つの、何となくもう昭和から時間が止まってそうな雰囲気を醸し出している。

空いている席に着き、お品書きを眺める・・・
って、結構お品書き分厚いなぁ・・・と思ったら、なんのことはない同じお品書きが3部ほど重ねて1冊の冊子ににされているだけだった。
なんで、そういう風にしてあるのかはわからないけれど・・・・

ラーメンは480円とお安いけれども、他のメニューは割に強気なお値段設定。
定食は1000円オーバーと言う感じ。
まぁ、麺類に関して他店に比して飛びぬけて高いと言う事はないのだけれども、お店の構えからすると昭和な価格を想像してしまったもので・・・
「サンマー麺 690円」「サンマーワンタン麺 900円」辺りが目を惹いた。

が、ここにはほんまさんがBlogで紹介されていた「冷やしサンマー麺」なるメニューが有るそうで、もしこの時期でも作って頂けるなら、ぜひとも食べてみたい。
で、お品書きを見ると「冷やしサンマー麺 740円」だけではなく、「冷やしラーメン」「冷やしネギそば」「冷やし肉そば」「冷やし海老そば」など冷やし系のメニューが有る。
お値段的には、それぞれの温そばバージョンの50円増しで各740円~950円くらい。

んー・・・今日は結構暖かいし、これは冷やしサンマー麺で行っておこうかな・・・
と言う事で、とりあえずおばさんに「冷やしサンマー麺って出来ますか?」と尋ねてみたら「できますよ」とのご返答。
と言う事で「冷やしサンマー麺 740円」をお願いした。

待つ事しばしで到着。
さんま
モヤシ、豚肉、きくらげが炒められ餡でとじられている通常上に乗っている具が別皿で登場。
もちろんこれは熱々の状態。
冷やし料理の具と言う事を意識してか、やや濃いめの味付けにされていて、これが結構おいしい。
胡椒の風味も強め。
ライスを別注して、それに乗せて食べてもかなり美味しいでしょうね、これ・・・

めん
やや細めのストレート麺は冷水で〆られ、シコシコとした歯応えのあるもの。
スープには氷が浮かんではいるけれども、温かいものを冷やしたのか、さほどキンキンに冷えてはおらず、今日くらいの気温で頂くにはちょうど良い。
やはりやや濃いめではあるものの、つけ汁に絡めて有ると言う感じではなく、冷やしスープに麺を浮かべてあると言った感じ。
ゴマ油の風味が良い感じですねぇ。

ちょっとと言うか、意外なほどの当たりメニュー・・・
奇を衒って作ってみました的な、ビジュアル優先味なんて二の次なんてものではなく、ちゃんとした麺料理として美味しく頂けるように作ってある。
なぜこんな不思議な料理を作るお店が、こんな場所に有るんでしょうね・・・
中華街の店で出してたら、たぶん名物料理で売り出せますよ、これ・・・

美味しい冷やしサンマー麺d値ありました。

店名 喜楽
住所 横浜市中区本牧町1-57
電話 045-621-4959
営業 11:00~19:30
定休 金曜
グルメウォーカー お店ページ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/477-6f908fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。