塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華風カレーライス@曙町 康楽園

さて、今日は久しぶりに曙町にある中華料理屋「康楽園」さんへ・・・
こちらへは一年ぶりくらいになりますねぇ。
前回頂いた時の印象が良かったので、また行こうと思いながら、なぜかそのまま機会を逸していたので久しぶりに寄ろうと思った次第。

さて、お店に入ると先客はゼロで、お店の方が新聞を読んでまったりしていた。
まぁ、この辺はもう少し遅い時間の方がお客さん入るのでしょうねぇ。
と言う事で、適当にあいている席へ・・・
おじさんがすぐにジャスミン茶を出してくれ「新聞読みますか?」と気を使ってくれる。

席に着いてお品書きを眺める・・・
めにゅ1
めにゅ2
前回頂いたのは「中華風カレーライス」
ちなみにこのメニュー・・・壁に貼ってあるお品書きには「中華風カレー飯」となっている。
まぁ、別に大した違いじゃありませんが…後者の方が中華屋さんのメニューらしいかなと・・・

これを前回頂いたのだけれども、これがまた個人的にはかなりヒットだった。
お品書きの写真に出ている「パイコー飯」も美味しそうで捨てがたいところだけれども・・・
しばし検討した結果、やはり今日はカレーで行こうと言う事で「中華風カレーライス 850円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
かれー
飯
んー、良くありそうなものにも見え、あまり見かけないようなものにも見え・・・
具は玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、シメジ、いんげん、マッシュルーム、鶏肉、豚肉、肉団子と具沢山で、上にはターンオーバーな目玉焼き。

見た目の色合いや、ややざらつきを感じる舌触りは、何となく給食のカレーを思い出させる。
お味自体も砂糖を加え過ぎたような不自然な甘みはないものの、大量に入っている野菜のせいかやや甘め。
カレー粉のスパイシーさも突出する事無く、まろやかな感じの風味で、中華屋さんの彼らしくしっかり具材に火が通って香ばしい感じもある。。

上の目玉焼きは見た目しっかり火が通ったもののような感じだけれども、君はトロトロの半熟状態で、これがまたカレーに混ざり込むとより美味しくなりますねぇ。
前回も感じた事なのだけれども、やはりこれは「中華風カレー飯」と言うよりも「中華風カレーライス」と言う方がしっくりくる気がする。
ごった煮風の賄いカレーって感じでしょうか。

これはやはり自分の好みに良く合っていますねぇ。
本格的なカレーも良いけれども、たまにはこう言うカレーも良いものです。
美味しいカレーでありました。

店名 康楽園
住所 神奈川県横浜市中区曙町4丁目45
電話 045-251-4114
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/470-752d6809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。