塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュフライ+タフトッピング@関内 RAMAI

さて、今日は関内にあるスープカレーのお店「AsianBar RAMAI」さんへ・・・
どうやら関内店1周年記念と言う事で、今日25日から28日までの4日間、メール会員の人はタフ(上げ出し豆腐)かチーズのトッピングが無料、会員以外の人でも期間中はチリトッピングが無料と言う1周年記念サービスをするとのメールが今朝届いたので、早速行ってみた次第。
こう言うキャンペーンと言う言葉に弱い辺りに貧乏性っぷりが見事に発揮されている訳ですねハイ

お店に行くといつも通りの中途半端な時間な為に先客はゼロ。
カウンター席に着いて、お品書きを眺める・・・
揚げ出し豆腐の入ったタフゴレンと言うカレーメニューを今度頂いてみようと前回来た時に考えたのだけれども、有難い事にキャンペーン期間中と言う事で今日は揚げ出し豆腐のトッピングは無料でお願いできる。

それならと言う事で、たまにはチキンでいってみようかな?と思いつつも、やはり余計な小市民っぷりを発揮して、一日限定10食と言う「フィッシュフライ」の有無を確認してしまう。
どうにも期間限定だとか一日限定何人とか、そう言う言葉に弱いのはもはや直しようがないようだ。
注文を受けてくれていた店員さんが厨房に確認してくれて「できます」とのご返答。
個人的には、このフィッシュフライは好きなのだけれども、実はあまり好まれていないのだろうか・・・
まぁ、どちらにしてもぼくは好きなものを頂けるのだから良いのだけれども。
と言う事で、今日も「フィッシュフライ 980円」をレギュラーサイズの辛さ3、ライスはLサイズでお願いした。

で、注文時に「キャンペーンの揚げ出し豆腐無料トッピングもお願いします」と伝えると、どうやらメールの会員番号が必要との事。
が、すでに登録時のメールは削除してしまっていたらしく見つからず、今日送られてきたキャンペーンのお知らせメールには会員番号は記載されていなかった。
どうしようかと思ったら、結局キャンペンお知らせメールでOKと言う事にしてくれてなにより。
どうやらキャンペーン適応には会員番号が必要になるそうなので、無くした人は会員番号の確認希望を返信メールで出せば教えて頂けるとの事。

さて、待つ事しばしで到着
らいす
ナシクーニンと言うココナッツ風味なライス。
サイズはSサイズ150g、Mサイズ300g、Lサイズ450gで、いずれも無料で選択可能。
足らない方は800gのキンタマーニなるサイズが+200円、お替りは+100円で可能との事。
初めて頂いた時は何となく癖があって好みに合わなかったのだけれども、慣れたのか今では気にならなくなった。

かれー
スープカレー
人参、かぼちゃ、アスパラ、なす、ピーマン、レンコン、ゆで卵半玉、刻みキャベツと具沢山。
辛さは10段階まであり、量もレギュラーサイズと大盛が選択可能、
いずれも無料で調整してくれる。
それでも足らないと言う方の為に、+100円でアンプーンと言う大盛の更に上のサイズが用意されているらしい。

ぼくはあまり辛すぎるのは好まないので、辛さは3でお願いした。
それでも最初は少し辛く感じるのだけれども、食べている間にキャベツやその他の野菜の甘みが溶け込んで、角が取れてちょうど良いお味になる。
スープカレーってば、やはりこの大量の野菜が醍醐味ですよねぇ。

とうふ
無料トッピングのタフ(揚げ出し豆腐)
おまけ程度の大きさなのかと思っていたのだけれども、意外に大きかった。
何の違和感もなくカレーに馴染むものなんですねぇ。

さかな
フィッシュフライ
タラかなんかの白身魚のフライで、揚げたて熱々。
衣もサクサクした食感で美味しい。
このままで十分美味しいので、ぼくはカレーにつけずにそのまま頂いてしまう。

んー、相変わらずこちらのカレーは美味しいですねぇ。
満足のいくカレーでありました。

店名 AsianBar RAMAI
住所 横浜市中区住吉町1-1第3柳下ビル地下1F
電話 045-633-2225
営業 11:30~22:00 中休みなし(ラストオーダー21:30)
定休 年中無休
RAMAI関内店サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/455-f32bcd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。