塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんかけチャーハン@若葉町 大沢屋

さて、今日は若葉町の中華料理屋「大沢屋」さんへ・・・
大沢屋さんと言えば、ぼく的には半ちゃーサンマなのですが、少し前にこちらを通りすがり様に「あんかけチャーハン」と言う素敵な文字を見つけてから、ずっと行こう行こうと思っていたのだけれども、ズルズルと先延ばしになっていたので思い出しついでに行ってみた次第。

さて、お店に行くと中途半端な時間の割に、お客さんが3,4人いらっしゃる。
目立たない場所にあるのだけれども、ここはいつもお客さんの入っているお店だ・・・
まぁ、お値段も安いしお味も悪くないので、地元密着の人気店と言った立ち位置のお店なのだろう。

とりあえず壁書きのお品書きを眺める・・・
「あんかけチャーハン 680円」
「半あんかけチャーハン 500円」
まぁ、今日のところはやはりレギュラーサイズで頂いてみましょう。
と言う事で「あんかけチャーハン 680円」をお願いした。

注文を受けると、早速カウンターの向こうでジャージャーと言う音と共に香ばしい香りが漂ってくる・・・
んー、この音と香りは食欲を刺激しますよねぇ。
他のお客さんたちは、やはり半ちゃーサンマや半ちゃーラーメンの注文が多かったようだ。
まぁ、サンマー麺+半チャーハンで680円、ラーメン+半チャーハンで580円ですもんねぇ・・・

そうこうする内に出来上がり
餡かけ
大きめの平皿に盛られてくるんですねぇ。

炒飯は
炒飯
こんな感じ。
お皿が大きいのと餡が大量なので、見た目はやや少なく見えたけれども、実際はそうでもない。
茶色みが強く、お味もやはり醤油の風味が強め。
醤油と胡椒の風味が中心のやや濃いめの味付けで、炒飯と言うよりは焼き飯と言う方がしっくりくる感じがする。

餡は
あん
こんな感じ。
キャベツ、モヤシ、ニンジン、玉ねぎ、豚肉を炒めて餡とじしたもの。
炒飯の方は醤油の風味が強かったのに比べ、こちらは中華スープ+塩胡椒+化学調味料なお味。
野菜の甘みたっぷりで、香ばしさも加わっておいしい。

んー、個人的には好きなお味ですねぇ。
ただ、餡かけの方を醤油の風味を強めにして、炒飯の方を塩コショウ+化学調味料中心の味付けにしてくれた方が個人的には更に好みに合うかも。

あんかけ炒飯だと「上海風炒飯」などと洒落込んだ名前にして、1000円オーバーの価格にしてしまうお店も結構ある中680円でこれが頂けるのは良いですねぇ。
上品さはないですが、こういう下町な風味も良いものです。

美味しいあんかけ炒飯でありました。

店名 大沢屋
住所 神奈川県横浜市中区若葉町3丁目57
電話 045-251-4257
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/454-3ea95bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。