塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーシューメン@センター北 新福菜館

さて、そんなこんなで映画をセンター北にある「ワーナー・マイカル」で観たので、せっかくなのでセンター北で食事をして帰る事に・・・
と言うか、ワールド・ポーターを選ばずにこちらを選んだのは「新福菜館」さんに初手から行く気満々だったからなんですけどね・・・

京都のラーメン屋さん「新福菜館」さん。
このお店は、新横浜にある「ラーメン博物館」さんにも出店していたのでご存知の方も多いかと。
そのラーメン博物館を撤退後、センター北の「モザイク・モール」内に出店したのは、もう何年前でしたっけ・・・
センター北にお店が移ってから1度だけ食べに行ったけれども、それももう5年以上前なんじゃないかなぁ・・・

さて、モザイクモール5Fにある「新福菜館」さんへ・・・
当時は結構並んでいたような気がするのだけれども、今日行ってみたら並ぶ事無くすんなり入れましたねぇ。
早速カウンター席に着いてお品書きを眺める・・・
チャーハンとのセットも良いのだkれ度も、なんとなく「チャーシューメン」が頂きたい気分だったので、「チャーシューメン 1000円」を注文。

待つ事しばしで到着。
叉焼
麺
おぉ・・・そうです、この真っ黒なスープ。
このインパクトあるスープの色が、こちらの特徴でしたねぇ。
が、もう一つ記憶の中で特徴として残っていたたっぷりの九条ネギの姿がない・・・
その代わりに薄切りのチャーシューがてんこ盛り。

見た目と違って、それほど塩辛さが前面に出るという事はなく、わりにまろやかで食べやすい味。
と言うか、特徴的な見た目に比して、お味の方は万人受けな感じ。
具はモヤシにチャーシュー、九条ネギ。

正直、チャーシューはそれほど特別なものでもなく、これならチャーシューメンじゃなくて普通のラーメンでもよかった気がする程度のもの。
確かに普通のラーメンよりもネギの風味が前面に出るくらいに九条ネギは入ってはいるものの、以前はもっとたっぷり入ってた気がするんですけれどもねぇ・・・

この新福菜館さん、京都に本店があるのだけれども、かなり朝早い時間から開いていて、深夜バスで京都に到着したその足で食べに行った記憶があります。
ちなみに、そのお隣に「第一旭」さんと言うラーメン屋さんもあり、こちらも負けず劣らず大人気なお店なのですが、やはり同じようにずいぶん早い時間からお店を開けていた気がします。

まぁ、京風ラーメンを謳った「糸車」さんが身近にありましたからね・・・
実際に京都に行って、新福菜館さんだの天下一品さんだの、冗談並みにインパクトの強いラーメンが京都のラーメンなんだと知ったときはびっくりしたものですが・・・
糸車さんのは、あくまでも京都の和なイメージを前面に押し出して勝手に作り上げたものだったんでしょうねぇ・・・

久しぶりに新福菜館さんのラーメンを頂きましたが、なかなかおいしかったですハイ

店名 新福菜館 横浜店
住所 横浜市都筑区中川中央1-31-1-5093 モザイクモール港北店5F
電話  045-914-2506
営業 11:00~22:30(L.O.22:00)
定休 無休(モザイクモールの休みに準ずるってことかと)
ぐるなび

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/426-f6e48378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。