塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊肉面@長者町 興隆軒

さて、今日はオデヲン前の通りを少し日出町方面に向かったところにある手打ちラーメンの店「興隆軒」さんへ・・・
いや、別にここに入ろうと思って外に出た訳じゃなかったのだけれども、お店の前を通り掛った時に何気に置き看板を見たら「羊肉面 800円」と有ったから、つい・・・

この「興隆軒」さんと言うお店は一昨年の秋頃に開店した手打ちラーメンのお店。
近くに手打ちラーメンの老舗「山賊」さんがあるのに、同じコンセプトで勝負しようなんて、随分チャレンジャー精神溢れる事ではありますねぇ・・・
と思って、興味があったので開店間もない頃に行ってみた

まぁ、手打ち手延べのパフォーマンスに、鶏がらベースの中華スープと完全に味までバッティングして、こりゃ長続きしないかなぁ・・・
と思ったら、2回目に伺ったときには白濁したスープに変わり、お味も日本人にあわせすぎるのをやめて本場中国の味に近くしたようで、とりあえず独自色を出し始めていた。

その後、さっぱり行く機会が無かったのだけれども、「羊肉面」と書かれていれば、それは入ってみますでしょう。
この辺は、結構羊肉を食べさせてくれるお店もあるのだけれども、大概が串焼きでラーメンの具として使っているところって見かけないですしねぇ。

と言う事で、お店の中へ・・・
時間が中途半端なため、先客はゼロ。
壁書きのお品書きを眺めると「羊」の文字が無い・・・
あら・・・?と思って、お店の人に「外の置き看板に出ていた「羊肉面」が食べたいのですが出来ますか?」と聞いたら「大丈夫」と仰るので「羊肉面 800円」をお願いした。

そう言えば、こちらは「麺」ではなく「面」と表記してあるけれども、考えてみれば中国の方がやっているお店だの手書きのメニューの場合、結構「面」と言う表記が多かった気がする。
大連に行った時に入った街中食堂でも、そう言えば「面」表記だったか・・・
まぁ、面倒だしね、手書きでいちいち「麺」なんて書くの・・・

さて、お店の方は注文を受けてから、早速生地をパシンパシン言わせて、見事に麺を延べていく・・・
これって、やはり目の前でやってもらうと良いパフォーマンスだし、食欲も増しますよねぇ。
作っている途中に、厨房から「香草好き?いれる?」と聞いてくれたので「抜いてください」とお願いした。
正直コリアンダーの風味って余り好きではないので、こう言う風に事前に確認してくれるのはありがたい。

待つことしばしで到着
羊
麺
やはり、今日も白濁したスープ。
具は羊肉、白菜、青菜、キクラゲなどがたっぷりと乗っている。
麺は手延べの為、太さは不揃いだけれども、つるつるとした滑らかな舌触りが良いですねぇ。

スープのお味は見た目に比べてあっさりしたもので、凡庸と言えばそうだけれども白菜の甘味が溶け込んで結構美味しい。
羊肉も美味しいですねぇ。
と、おもむろに店員さんもカウンターに席を取って同じ物を食べ始めた・・・
「ラム好き?ラム美味しいよねー」とか片言の日本語ながら、いろいろ明るく話し掛けてきてくれる。

中国の人がやっているお店に行くと接客が無愛想な事が多いけど、そう言えばそう言うお店でも厨房の人は割にフレンドリーなのよね・・・
専門で接客やってる人間が無愛想なだけで。
何のための接客だ・・・とは思うが、その辺は文化の違いだから仕方が無い。

そう言えば、初めて行った時に「うちは刀削麺もできるよ」って言われた気がするのだけれども、未だにお品書きにその表記は無いんだよね・・・
お願いすればやってくれるんだろうか・・・
まぁ、生地玉を延ばすか削るかだけの差だしねぇ・・・
まぁ、今度試しにお願いしてみましょう。

美味しいラーメンでありました。

店名 興隆軒
住所 横浜市中区長者町7-114
電話 045-252-1628
営業 11:00 - 27:00
定休 年中無休(て、正月やってなかったけど・・・)
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/407-b04864ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。