塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュフライ@関内 RAMAI

さて、今日は関内に有るスープカレーのお店「AsianBar RAMAI」さんへ・・・
こちらは正月2日からお店を開けるというのをお店のメールサービスで知っていたので、本当は正月早々にうかがうつもりだったのだけれども、結局正月は手近なところで済ましてしまい、行く機会を逸してしまっていた。
スープトッピング無料とか、そう言うサービスもやっていたようなのに・・・
今日はカレーが頂きたくなったので、延び延びになっていたこちらで頂く事に・・・

お店に行くと店員さんの元気な声がお出迎え。
こちらの店員さんは対応が丁寧で覇気のある対応なのが良いですねぇ。
先客はお一人だったけれども、後から数組のお客さんが見えられた。
まぁ、今まで行く度に一人と言う事が多くて、中途半端な時間ながらもそんなにお客さんがいない状態はどうだろうとこちらが心配するくらいの状態に見えていたのだけれども、最近は順調なのでしょう。
と言うか、結構こちらを気に入っているので撤退されては個人的に痛いのですハイ

さて、とりあえず席につきお品書きを眺める・・・
目を惹いたのが厚揚げが入っていると言う「タフゴレン 980円」
これにしようかなと思いつつ店員さんを呼び、注文の段になって「フィッシュフライって残っていますか?」などと余計な質問を・・・
結局、1日限定何食とか先着何名様とか、そう言う言葉に弱い小物っぷりは、年が明けようがどうしようがそうそう変わりゃしないのです。

「フィッシュフライ 980円」は一日限定10食だそうなのだけれども、いつ行って聞いても残っているので、そんなにプレミア感は感じないはずなのだけれども、何故かいつも聞いてはそれをお願いする事になる。
お陰で、はじめていったときにポークを頂いて以来、こちらではフィッシュフライばかりを頂いている。
ま、好きだから良いのですが。

と言う事で、今日も「フィッシュフライ 980円」をカレースープのサイズはレギュラーで、辛さは3で、ライスサイズはLでお願いした。
辛さは通常10段階有るらしく、それ以上でもやってくれるらしいのだけれども、元々そんなに辛いのは得意ではないので、一番辛くない「マニス」と言うのでも良いくらいなのだけれども、その「マニス」と言う文字の横に「ターゲットはお子様」とか書かれちゃっているので、さすがにこれは頼みづらい。
まぁ、こちらのカレーは最初は辛く感じても、刻みキャベツが大量に入っていルし、他の野菜もたっぷりなので、その甘味のお陰でそんなに喉を突くような辛さを我慢して食べるような事は無いのだけれども・・・

待つ事しばしで到着
らいす
ライス。
数種類のスパイスをベースにココナッツ風味で仕上げてある「ナンクーニン」と言うインドネシアではポピュラーなライス、との事。
んー・・・バリには行った事有るけど、安食堂でひたすらナシゴレンだのミーゴレンだのメジャーどころの安料理ばかり頂いていたから、こんな洒落たライスは終ぞ見なかったわ・・・
初めて頂いた時は、ライスの香が少し苦手な感じだったのだけれども今は気にぜず頂けるようになりましたねぇ。

かれー
スープカレー。
人参、かぼちゃ、アスパラ、なす、ピーマン、レンコン、ゆで卵半玉に刻みキャベツと、相変わらずの野菜盛り沢山。
刻みキャベツのお陰で、食べていると辛味が角が取れて、野菜の甘味と旨みが良い感じに溶け込んで一層美味しくなる。

さかな
フィッシュフライ。
タラかなんかの白身魚のフライ。
揚げたてで出してくれるのでサクサク熱々。
何だかんだいっても好きです、これ。

今度こそは厚揚げの入ったものをお願いすると致しましょう。
今日も美味しいカレーでありました。

店名 AsianBar RAMAI
住所 横浜市中区住吉町1-1第3柳下ビル地下1F
電話 045-633-2225
営業 11:30~22:00 中休みなし(ラストオーダー21:30)
定休 年中無休
お店サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/404-6bb38157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。