塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あつもり@曙町 つけ麺屋 司郎

さて、今日は曙町の「つけ麺屋 司郎」さんへ・・・
今日こそ「RAMAI」さんにでも、と思って外に出たものの、出たらで田であそこまで行くのが面倒になり、昨日と同じく手近です済ませてしまう事に・・・
んー、年が明けようが面倒くさがりな性格は1mmも変わりゃしませんねぇ・・・

最初伊勢佐木に出て黄金町方面に歩いていったら「コトブキ」さん「ATOM」さんなどが開いていたのだけれども何となく食指が動かず、「まったり屋」さんは看板は出ていたのだけれども、まだ時間が少し早かった模様・・・
「クチーナ・ランパ」さんはお休み・・・
んー・・・それならと言う事で、16号線沿いに出て少し戻ると「つけ麺屋 司郎」さんがあいていた。

「つけ麺屋 司郎」さんは、昨年11月の開店直後に一度伺ったきりでしたねぇ・・・
他を探すのも面倒だし、今日はこちらで頂くと致しましょうか、ということで店内へ・・・
先客はお一人、後からお二人入ってこられた。
意外とお客さんが入っているんですねぇ。
カウンターの席に着き、お品書きを眺める・・・

まぁ、こちらは「つけ麺屋」を名乗るお店ですから、やはりつけ麺で行ってみましょうか・・・
つけ麺は「つけ麺 750円」「辛つけ麺 800円」「特製つけ麺 950円」の3種類が有り、いずれも大盛までは無料で、特盛りは100円増し。
並盛りが220g、大盛は多分330g、特盛り440g。
「つけ麺 750円」を特盛り+100円、麺の温かいあつもりでお願いした。

待つ事しばしで到着
だし
つけ汁。
具は崩れチャーシューとメンマ、ねぎ、海苔
海苔の上には節粉が乗っている。
節粉が仕込まれているので、かなりその香が強く、お味も少し甘め。

めん
麺は、昨日行った「めんや 直伝」さんのものよりも太くて白い。
結構歯応えが強く、個人的にはこの麺は好きですねぇ。
ただ、あつもりでお願いしたら、冷水で〆てからお湯に潜らせると言う作業をせずに、茹でたものをそのままどんぶりに入れたものだから、少しすると麺がくっついてしまい、やや食べづらい。

で、何か微妙に麺が減った気がする
麺
↑これが11月に行った時のもの。
やはり少し量が削られていますねぇ。
そう言えば3ヶ月で逝ってしまった「どーぷ」さんでも同じ事をされた気が・・・
微妙に負のスパイラルに入り始めちゃったかな・・・

麺を半分頂いたところでスープ割をお願いしたら、ポットに入ったものがカウンターに置かれていた。
で、割ってみたら、これはスープじゃなくて香のついたお湯ですね。
柚子か南下の香りのつけられたお湯。
以前頂いた時も、やはり同じだったのだけれども、すっかり忘れていた。
好みだと思うけれども、これなら個人的にはスープ割にはしない方が良かったですねぇ・・・
付け汁が薄まるだけのお話ですから。
その薄まった汁で麺を頂くのはちと辛い。

麺は好みに合っていますが、他の部分に関しては直伝さんの方が好みですかねぇ。
ま、決して不味くはないんですが。
悪くないつけ麺でありました。

店名 つけ麺屋 司郎
住所 中区曙町3-40
お店地図

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/400-f97f5e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。