塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年

インターネットと言うもので遊び始めて、今年で丁度10年になる。
1998年の年末、NZに旅行に行くつもりだったのだけれども、取れた航空チケットが1月出発のものでひまになり、その暇つぶしにと思ってラップトップパソコンを手に入れた。

そのラップrトップパソコン・・・
NECの9821NXだったかな・・・9801NXだったかもしれない・・・
CPUはペンティアム133MHz、HDD2GB、メモリはいくつだったか・・・
OSはWindows95で、横浜ビブレにあるソフマップさんで購入した中古ラップトップだった。
なので、中身は少々当時としても型落ち気味だったのだが、何故かモデムが当時最速の56Kpbsを搭載していた。

その前にもパソコン自体は何台か所有していた。
なにせ一番最初に買ったのはCPUがV30で、記憶媒体がRAM1MB、当然MS-DOSで動かすような代物だった。
で、それらで何をしたのかと言えば、単なる文章作成のみで、ゲームにも葉興味の無かったぼくは、ワープロとしてしか使っていなかった。

それが何となくWindows98が発売となり、世間様ではインターネットなる用語を口にするようになったため、自分も少しだけそれに興味を持ち始めた頃だったので暇潰しにと考えた。
どうせ年末の一時の暇潰し、すぐに止めるだろうと我ながら飽きっぽい性格は自覚していた。
が、それが今になっても遊んでいるのだから不思議なものだ。
飽きるどころか、今となってはネットがないとちときつい。
ネットでたいがいの情報を得るようになってしまいましたからねぇ・・・

さて、パソコンを手に入れたら、次はプロバイダー選びと言う段になるのだけれども、当時メーカー製のパソコンを買えば、中に必ずいくつかのプロバイダー接続ソフトが仕込まれていた。
その中で目を惹いたのが「AOL」と言うプロバイダー。
何がぼくを惹き付けたかと言えば「50時間フリートライアル」と言うお試しサービスだった。
50時間なんて、どうせすぐに飽きるだろうし、少しつないで飽きたら契約切っちゃえと言うノリでAOLに加入した。
で、早速モデムに電話線を突っ込んでピーピーガーガ―と今ではまず聞かない接続音を聞きつつ接続し、オンラインで加入手続きを完了。

さて、当時のAOLはもしかしたらインターネットとは言い難かったのかもしれない。
今になって考えてみれば、少々規模の大げさなパソコン通信のようなものだった印象だった。
他の多くのプロバイダーのようにエクスプローラーなどのプラウザを使用せず、独自の接続ソフトを用いて、その加入者のみ利用可能な閉鎖空間内でのコミュニケーションツールで、どのプロバイダーに加入しようが不特定多数で共用できるインターネット空間とは色を異にしていた。

YAHOOやMSNのチャットのように不特定多数の参加者ではなく、あくまでもAOL加入者のみが参加できる狭い領域内でのチャットや掲示板などのコミュニケーションを楽しむ為のプロバイダーだった。
まぁ、それを強調するように1999年だったかに「ユーガッタメール」などと言う2時間以上に渡る大々的な宣伝広告映画を作り上げ、それがまた加入者増加に繋がっていった。

すぐに飽きるだろうと思っていたのだが、チャットpと言うものを初めてやってみて、これがまた凄く面白かった。
世の中にこんな面白いおもちゃがあったのかと思うくらいに衝撃的だったといっても良い。
当然の事ながら50時間なんてあっという間に過ぎ去り、そこからは何分いくらで課金されていくというとてつもない状況に陥ったのだが、それでも楽しくてやめなかった。

年が明け、まず電話回線をISDNにして、夜11時~朝6時(だったっけ?)まで1接続回線の電話代が無料になるというテレホーダイと言うNTTのサービスに加入し、AOLも50時間4980円と高額な為、それで課金されちゃたまらんと言う事で、もう一つAOLとの契約を増やし2つ加入すると言う、もはやあほの子のようなはまり方だった。
当時のAOLはそれ程に楽しく、また画期的なおもちゃだった。

そこから始まった人間関係、ネットの中のみで終わったケースもあり、そこから出て一時的に楽しく遊んだ人もあり、未だに仲良く付き合ってくれる人もあり、少し人生を変えるようなきっかけをくれた人もいたり・・・
みんな元気にしてると良いですけれどねぇ・・・

そのAOLから少し前にメールがきた。
「2009年1月末をもってチャットサービスを休止します」と言う内容の・・・
まぁ、確かにぼく自身チャットなんて、もう5年くらい殆どやっていないし、今AOLにつないでもチャットルームにはほんの2,3人と言ったところだ。
あれほどみんなで楽しくやっていた電脳世界も、いまや閑散としてしまっている。

コミュニケーションツールとしてのAOLはもう末期状態。
結局AOLが
そんなもんにサーバー使うくらいなら、完全にインターネット接続専門プロバイダーにシフトしちゃえってことらしい。
ま、状況がアレだし、時代の流れだから仕方ない。

メールはこちらのメールアドレスをメインに使っているので、消滅してしまうのは痛いと思ったら、どうやらフリーメールとしてサービスが持続するようなので一安心。
ま、10年も遊ばせてくれたら十分であったのでしょう。
今のネットは、ぼくにとってはコミュニケーションツールではなくて、完全に情報取得ツールですねぇ・・・
ま、使い方次第なんでしょうね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/394-090ebd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。