塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔来丼&小ワンタン@真金町 酔来軒

さて、今日は大通り公園沿いから横浜橋通り商店街を抜けた左側にある「酔来軒」さんへ・・・
自分でも意外な事に、こちらに寄らせて貰うのは初めて。
こちらに住んで7年以上にもなり、色々良さげな噂は聞いていたのに、なんたる不覚・・・

今日は帰りがけに歯医者に寄って治療して貰い、その際後30分は飲食してくれるなとの話だったのでので、一旦家に戻ってまったりしていた為いつもより遅めな夕食・・・
8時過ぎに、いい加減何ぞ食べに行こうと思い立って家を出て、つけ麺の「直伝」さんにしようかとも思ったのだけれども、いまいち乗り気にならなくてスルー・・・
その調子で「天丼の豊野」さんも「豊野亭」さんも通り過ぎ、横浜橋通り商店街に入って、先日開店した「せんだい」さんにしようかとも思いつつ、やはりスルー・・・

んー・・・なんか折角出てきたのに、どのお店にもいまいち食指が・・・
まぁ、一回りして、どこにも入る気にならなきゃそのまま家に戻りましょうかねぇ、と思ってぶらついたのだけれども、商店街を通り抜けて左に行ったところに有る「酔来軒」さんの前を通り掛った時に、こちらはまだ未訪だったと思い出し入ってみた次第。

お店に入ると、意外にも広い・・・
テーブル席4つ5つと、小上がりに2卓ほどあるようだ。
先客は2組。
更に意外な事に、このての雰囲気のお店には珍しく接客がフレンドリーかつ丁寧。
席に着いてお品書きを眺める・・・

お品書きは
表
裏
こんな感じ。

酔来軒さんっちゃやっぱり「酔来丼 400円」は外せないか・・・
随分と好評を博しているらしいので、以前から食べてみたかったし。
御飯ものには+200円で小ラーメンか小ワンタンがつけられるとの事。
と言う事で「酔来丼 400円」と「小ワンタン 200円」のセットをお願いした。

待つ事しばしでセット到着
わんたん
小ワンタン
小ワンタンて言っても、丼に普通の大きさのワンタンが7個8個・・・
どう見ても「小」には見えません。

ワンタン自体も結構美味いですよ、これ。
しっかり入った具はちゃんと旨みのあるものだし、皮のピロピロチュルチュル感も良い感じ。
このスープだと、サンマー麺とかも美味しそうですねぇ・・・
これが200円て・・・

噂の酔来丼は
前
この状態で出てくる。
御飯の上にメンマ、刻みねぎ、刻み叉焼、もやし、半熟目玉焼き。
これにからし醤油にごま油を加えたタレが小皿で付いてくるので、それをかけてかき混ぜて食べてくださいと店員さんが説明してくれる。

で、かき混ぜてみる
後
完成形
叉焼が煮豚ではなく、ちゃんとした焼き豚なので香ばしさも加わる。
この叉焼、目茶目茶美味しいんですが・・・今度チャーシュー麺かチャーシュー丼を頂いてみよう・・・

からし醤油のタレなので少し辛味もあるけれども、目玉焼きの半熟な黄身が混ぜ込まれるとマイルドになる。
刻まれた長ねぎの清冽で爽やかな風味が、口の中をさっぱりさせてくれて良い感じ。
ボリュームも有るし、これまた400円とは信じられないお値段ですねぇ・・・・

満足の行く食事でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/09/18(土) 17:00:29 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/360-c6cb727e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。