塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰吉ー薬師寺 対談

「辰吉ー薬師寺 対談」
hon.jpg

今月のボクシングマガジンの目玉はこれです。
二人の写真が表紙になっていて迷わず購入いたしました。

あれから14年もの月日が流れているのですねぇ・・・
当時、薬師寺選手はWBCバンタム級チャンピオン。
対する辰吉選手はWBCバンタム級暫定チャンピオン。

この暫定王者と言うの・・・ぼくは今でも好きになれません。
確かに正規チャンピオンのアクシデントや都合によって試合が長くできないと言う事は有るけれども、その為に何ヶ月以内に指名挑戦者(ランキング上位のコンテンダー)とのタイトルマッチを義務付けているわけで、何もあえて暫定王者などと言う曖昧なものを作り事は無い。
結局は、統括団体がタイトルマッチの手数料が欲しいだけなんじゃないか?という気がしてしまう。

まぁ・・・そんな妙な状況ではあったものの、本来の形としては薬師寺選手に辰吉選手が挑戦すると言う形のタイトルマッチだったにも関わらず、世間は「辰吉圧勝」とか「辰吉絶対有利」の下馬評でしたなぁ・・・
どこぞの馬鹿なサッカー選手は「薬師寺なんかが辰吉と同じリングに立つ事自体が失礼」とカ間の抜けた事を抜かしやがりましたな・・・
間、この馬鹿たれは後日薬師寺選手にエレベータの中で会ってしまい「勝っちゃったよ?」とか目の前で言われたとか何とか・・・笑

それにしても、当時は物凄い盛り上がりだったねぇ・・・
お互いの舌戦も凄かったしねぇ・・・
そしてあの結果・・・
あの結果を予想できたのは、識者の中でも極わずかでしたな。
当時、ぼくも立つ吉選手が勝つもんだと思ってたけど、試合が始まると薬師寺選手の強さ上手さが目立ちましたなぁ・・・
まぁ、当時辰吉選手は凄かったしね・・・薬師寺選手はどうしたって低く見られがちだったけど、実際は恐ろしくスタンダードで基本に忠実な素晴らしい選手でしたなぁ・・・

この試合の入場シーン・・・今でも鳥肌の立つほどに印象に残っている。
「死亡遊戯」のBGMでリングインする辰吉選手・・・
「Let's Groove」(アースウィンド&ファイア)のBGMでリングインし、リング上でダンスをして見せた薬師寺選手・・・
両者入場シーン

あの物凄い歓声・・・
そして、あの試合内容・・・
両者共に素晴らしかったねぇ・・・

未だチャンピオンになる事を絶対的な目標として現役でありつづける辰吉選手。
既に引退して自ら開いたジムで後進の指導に当たっている薬師寺選手。
そんな二人の14年の時を隔てて実現した対談。
そりゃ購入してじっくり読むしか有りますまい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/35-438f4fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。